GIG case of Wild Women


 マキシーン・ブラウン(69)、ビバリー・クロスビー(65)、エラ・ピーチズ・ギャレット(78)からなる、ブルーズ、ジャズ、R&B、ソウルというブラックミュージックベースのユニット、ワイルド・ウーマンのコンサートを鑑賞した。

 ジェリー・ゴフィン&キャロル・キングのブリルビル・ポップ「Oh no, not my baby」(1964)のマキシーン・ブラウンが登場というだけで見ざるを得ないし、知らなかったビバリー・クロスビー、エラ・ピーチズ・ギャレットの方も調べると相当の強者らしく、これは、というわけでマイルCSをうっちゃって赴いた。というか、黒人のばあさんたちのライブ、という時点で、行くしかないのであった。

 登場するや否や、さながらアンドレ、ハンセン、ブロディかといった、その恰幅の良さに感服させられたが、肝心の歌がこれまた抜群にうまい。ハーモニーも絶品だし、それぞれが高齢だけに、力まずに歌う感じがまた良く、とはいえ随所にクワッ!とさせられる凄まじいボーカルを繰り出すあたり、黒人はやっぱすげえ…という逆差別の思考放棄に陥らざるを得なかった。花束を寄せていた和田アキ子もすげえが、リズムがやっぱ和田の場合、演歌なのだった。彼女らはバリバリポップな選曲でも、ナチュラルなシンコペーションでブラックミュージックとなってしまうところが、やはりすげえ。

 みんなデブを隠すためもあろう瀟洒なロングドレスを身にまとっていたが、一番の巨漢のビバリーのショールが、途中、熱が入りすぎて、猪木ばりのスポーツタオルのような首の掛け方になっていたことや、最高齢のエラは、肘が肩より上に上がらないのか、ひとり振り付けを乱していた事も実に微笑ましい。

 また、ビートルズのナンバーがカバーされていたが、全部ポールの曲で、ポールの曲は誰がアレンジしても誰が歌っても名曲なのだった。ジョンの曲はカバーされない。ジョンの曲はジョン以外ありえねえということが強者になればなるほど分かるからビビッてやれねえんだろうな。シンプルすぎてアレンジしがいがないということもあろうが、ジョン以外がやるとたちまち駄曲になってしまうのだ。とはいえ彼女らなら「Don't Let Me Down」とかできそうな気がしたが。いなくても、すげえ事が証明されてしまうジョンであった…。

Maxine Brown「Oh no, not my baby」
c0005419_2112240.jpg

by ichiro_ishikawa | 2008-11-24 02:26 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 保守と俺 侘び寂名曲ベスト5 >>