ロック、ソニックユース

c0005419_1732235.jpg


Sonic Youth 来日公演セットリスト
March 16th, 2005
①I Love You Golden Blue(from 『Sonic Nurse』'04)
②Stones(from 『Sonic Nurse』 '04)
③Skip Tracer(from 『Washing Machine』 '95)
④Pattern Recognition(from 『Sonic Nurse』 '04)
⑤Unmade Bed(from 『Sonic Nurse』'04)
⑥Rain on tin(from 『Muray Street』'02)
⑦Kim Gordon And The Arthur Doyle Hand Cream(from 『Sonic Nurse』'04)
⑧Sugar Kane(from 『Dirty』'92)
⑨Dude Ranch Nurse(from 『Sonic Nurse』'04)
⑩New Hampshire(from 『Sonic Nurse』'04)
⑪Paper Cup Exit(from 『Sonic Nurse』'04)
⑫Kool Thing(from 『Goo』'90)
encore
⑬Pacific Coast Highway(from 『Sister』'87)
⑭Expressway to Yr. Skull(from 『Evol』'85)

March 17th, 2005
①I Love You Golden Blue(from 『Sonic Nurse』'04)
②The Empty Page(from 『Muray Street』'02)
③Pattern Recognition(from 『Sonic Nurse』'04)
④Unmade Bed(from 『Sonic Nurse』'04)
⑤Paper Cut Exit(from 『Sonic Nurse』'04)
⑥Plastic Sun(from 『Muray Street』'02)
⑦Stones(from 『Sonic Nurse』'04)
⑧Dude Ranch Nurse(from 『Sonic Nurse』 '04)
⑨Kim Gordon And The Arthur Doyle Hand Cream(from 『Sonic Nurse』'04)
⑩Karen Revisited(from 『Muray Street』'02)
⑪New Hampshire(from 『Sonic Nurse』'04)
⑫Drunken Butterfly(from 『Dirty』'92)
encore
⑬Catholic Block(from 『Sister』'87)
⑭Teenage Riot(from 『Daydream Nation』'88)

 昨年リリースした『Sonic Nurse』から「Peace Attack」をのぞき全曲披露する所に、『Sonic Nurse』への自信と愛着がうかがわれる。16日はR.E.M.があったため見れなかったが、「Sugar Kane」と「Kool Thing」をやったという。だが、17日には「Teenage Riot」をやっているので、どちらがどうということはないが、やはりソニックユースは全ての公演に行かなければならないのか。キャリアの長いバンドはレパートリーがあり過ぎるから困りものだ。今回はR.E.M.とかぶったからしょうがない。
 今回のソニックユースは凄まじかった。
 エルヴイス・プレスリーがああで、ビートルズがこうきて、ストーンズがああなった以上、後発陣にやるとことは特にないはずだが、ソニックユースは明らかにロックがそも内包するオルタナティヴという居方(いかた)を更新した。
 ポップでも前衛でもない、クールでもないホットでもない、まさしくロック。他者に日和るのでも我を通すのでもない、他者は私で私は他者という無私、いってみればそれがソニックユースのあのノイズだ。
 ここで、やはり最初の宣言が『Confusion Is Sex』であったということが改めて見えてくる。アンチや否定、反抗がロックなのではない。アンチや否定や反抗すら信じられない、両極が混じり合うそうした地点で、ギターを歪ませダンスする。おそるべしソニックユース。

by ichiro_ishikawa | 2005-03-22 17:35 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ポップミュージック・クラシック R.E.M.10年ぶりの来日公... >>