バンバンバザール Live DVD「セルフ」鑑賞


 世紀の楽団バンバンバザールのデラックス編成によるライブDVD「SELF」が出たので観た。1曲1曲かじり観しようと思ったが、一切早送りする事無く、通しで観了。
 MC、ボーカル、演奏、メロディ、音飾、アレンジ、そして歌詞、全部がすげえ。福島くんに至ってはジャグバンド風の衣装も相変わらずもののすげえセンスがいい。南一夫エクスペリエンスによるジャケットデザインも秀逸。ライブ自体もツッコミ気質の福島くんの要望に耐えうる高松の客によるレスポンスがよく、とても雰囲気の良いものになっている。バンバンバザールのライブの最もすげえ部分の一つであるMCがもっと入っていても良かったが、マーティン・スコシージ「ラストワルツ」を思わせる、良い、渋いライブDVDだ。

 ボーカル福島康之41歳、ギター富永裕之37歳、ベース黒川修32歳、みんないい年齢になり、ガツンとくるパワーはなくなったというか、おそらく、もはやそこでは勝負をしておらず、福島くんはボーカルのブルーズ、ソウルに磨きがかかり、富やんはジャズギターの渋み、調べが一層深みを増し、トム・ジョーンズはバンバンバザールというバンドにおけるウッドベースのベストなあり方を確立した。ジャグバンド&歌謡ショーのテイストをまぶしたヴァン・モリスン的ソウル・ブルーズ・ジャズをグワッと聴かせる。RCサクセションのフォークとロックの感覚や寺尾聡、スティング的アダルティーポップの香りもあり、その総体が今のバンバンバザールとなっている。

 白眉は、奇跡的にこの収録日にものすげえアクトになった「風呂屋」。カンザスシティーホーンズのあのガチャガチャ感と、バキッと突き抜けたバンバンバザールの3人が相俟って昇天するこの感じこそ、バンバンバザールだ。

c0005419_0322771.jpg

by ichiro_ishikawa | 2009-10-28 00:29 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< そして、ボブ・ディラン 鴎外ブルーズ >>