ロックンロール・ブック2、誕生


断筆終了、もう復活!!

 先日、自らの過失から、全身に銃弾を浴びたため、イタミで動けないでいたが、西大島や岐阜、信濃町といった各所の無免許医師たちの応急処置を受け、なんとか筆を取ることが出来るようになった。
 まだ背骨が真っ二つに折れたままだし、コークスクリュー・パンチによる激烈なイタミが突き抜けたこめかみからは漆黒の血がどろどろたれてきて、相当きついけれど、足をくじけば膝で這い、指をくじけば肘で這うタチの俺は、おめおめと入院して安静になどしておられず、病室を脱走、涙のつぶだけたくましく、傷ついてしなやかに、男は走り続ける、人生という名のレールをな。
 出血多量で血がすべて入れ替わったため、今までとはまったく違うものがものされるはずなので、毎日チェックするべし。左ひじを脇から離さぬ心構えで、やや内角を狙いえぐりこむ様に打つべし。ジオイドとは、平均海水面を延長した結果得られる地球の曲面の事。1日100人も読んでるなら、たまには一人ぐらいコメント記入する輩がいても悪い気はしない。



ロックンロール・ブック2 
オープニング・ナイト



by ichiro_ishikawa | 2009-11-10 17:02 | 日々の泡 | Comments(2)  

Commented by びた彦 at 2009-11-10 19:56 x
閉鎖する必要がわからないでいた。
Commented by he get at 2009-11-10 23:27 x
おかえりなさい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< そして、ボブ・ディラン ロックンロール・ブック、閉鎖 >>