名盤「深夜はブルー」


c0005419_13253891.jpg

 かっけえジャケットと言えぱ、このコステロの『Almost Blue』(1981年、ナッシュビル録音)というコステロの数多あるルーツのひとつである米南部カントリーのカバーアルバムだが、これはケニー・バレル『MIDNIGHT BLUE』を模したもの。最近スピーカーの位置と台を変えて部屋に響き渡る音がすごく良くなった事もありジャスばかりを聴いているが、先日一日じゅう、計20回ぐらいリピートで流していたのが、その『MIDNIGHT BLUE』だ。ギターとサックスのインプロヴィゼーションは言わずもがな、ドラムとベースの鋭さ、そしてコンガが効いている。

ケニー・バレル『MIDNIGHT BLUE』
c0005419_1333276.jpg1. Chittlins Con Carne
2. Mule
3. Soul Lament
4. Midnight Blue
5. Wavy Gravy
6. Gee Baby Ain't I Good To You
7. Saturday Night Blues
8. Kenny's Sound (bonus track)
9. K Twist (bonus track)


ケニー・バレル(g)、スタンリー・タレンタイン(ts)、メジャー・ホリー・ジュニア(b)、ビル・イングリッシュ(ds)、レイ・バレット(conga)
1967年4月21日、ニュージャージーにて録音

by ichiro_ishikawa | 2009-12-28 04:35 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< すべらぬ話「実家のマザーネイチ... エセー「2009年締めくくりギグ」 >>