引用「大学時代の小林秀雄の風貌」


福島泰樹『中原中也 帝都慕情』(2007年、NHK出版)より、
東京帝大の同級生・今日出美の回想。

 「彼だけは学生の制服を着ず、いつも真っ黒の背広、白いワイシャツに黒いネクタイ、これが彼の制服だった。」
 「髪床屋へは行ったことがないという。硬い髪は不動様のように突っ立っていた。時に黒のお釜帽子の破れた穴から、数本頭髪が飛び出していたこともあった。」
(『小林秀雄全集』月報第3号)

c0005419_19263584.jpg
普通の人がこういう中、

c0005419_19045.jpg
ひとり、こんな感じか…。

by ichiro_ishikawa | 2010-02-06 02:44 | 文学 | Comments(1)  

Commented by インディアンランナー at 2010-02-06 01:51 x
いいチョイス。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 突然出版「無敵のソクラテス」 最高傑作「天才無免許医師」(再UP) >>