名曲「ほんじゃね」


 花に嵐の喩えもあるし、さよならだけが人生なのは、地球が回るのと同じ普遍の真理だが、この無常といふ痛切な哀しみをじっと堪えて軽快にはじき飛ばすのが、ポップ・ミュージックの醍醐味で、その代表曲が「ほんじゃね」。
 吾妻光良 & SWINGIN' BOPPERSやバンバンバザールが演っているアースキン・ホーキンス楽団のカバーだが、完全にオリジナルといっていい出来映えなのは詞によるところが大きい。


 

by ichiro_ishikawa | 2010-02-15 22:24 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 今日は何の日「41年前の今日」 感想「寂聴のエセーに小林秀雄が登場」 >>