アラン「藝術論集」


アランが「藝術論集」ですげえいいことを書いているので抜粋する。

自分の思うことを言おうと欲するならば、心に浮ぶことをみな言ってしまってはならない。同樣に自己のありのままの姿を示そうと欲するならば、まず外見を抑制し、同時にそれを習慣と均衡に従って構成しなければならない。そうしてはじめて、猿ではなしに一箇の人間が現れてくるのである。

c0005419_1551631.jpg

by ichiro_ishikawa | 2010-03-02 01:57 | 文学 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 緊急告知「春来たる」 企画書「億企画」 >>