ポップ「女性ボーカル(外人編)」


もともとポップな人間なので、たまにこういうガールズ・ポップを聴きたくなる。
以下のセレクト基準は、リアルタイムで聴いていた80年代以降のリリースで、何より曲がものすげえいいこと、そして声がグッと来ること。ロックは除く。以下、リリース順(アーティストごとにまとめ)。


Kim Wilde「Chequered Love」(1981)
キム・ワイルドの声はすげえいい、と知るのはいいことだ。


Kim Wilde「View From A Bridge」(1982)


Kim Wilde「Cambodia」(1982)


Kim Wilde「You Came」(1988)



Transvision Vamp「I Want Your Love」(1988)
ボーカルのウェンディ・ジェイムズはソロでコステロに作曲&プロデュースを依頼。



Fairground Attraction「Clare」(1988)
エディ・リーダーの声、すげえいい。



Sam Brown「Kissing Gate」(1990)
この曲はすげえいい。



The Sundays「Wild Horses」(1992)
ストーンズのカバー。


The Sundays「Summertime」(1997)
名曲。



Frente! 「Accidently Kelly Street」(1992)
ポップ。


Frente!「Bizarre Love Triangle」(1994)
フレンテ!はいい。



The Cranberries「Dreams」(1992)
映画『恋する惑星』でフェイ・ウォンがカバー


The Cranberries「Linger」(1993)
クランベリーズといえばこれ。



Marcella Detroit 「I Believe」(1994)
元バナナラマのシボーンとのツインヴォーカルユニット、シェイクスピアズ・シスターでの活躍のあとソロになったマルセラ・デトロイト。



Lisa Loeb「Stay (I Missed You)」(1995)
すげえいい



BJORK「HyperBallad」(1995)
これは、ヤバすぎる……


Rilo Kiley「With Arms Outstrecthed」(2002)
これは、ものすげえ名曲だ……



CSS「Let's Make Love and Listen to Death From Above」(2006)
懐かしい……



by ichiro_ishikawa | 2010-07-03 02:35 | 音楽 | Comments(1)  

Commented by キルヒャー at 2010-07-06 00:35 x
ジュエルがねえじゃん。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 絵画「シャガール」 文庫化「東京タワー」 >>