エセー「ロック部長」


 ふだん、基本、総理大臣的な、もっといえば神的な視点ですべてを見張っている俺は、企業の社長が働かないダメ社員にイラつくように、ドトールなどで昼の日中から数独(すうどく)などをやっている輩を見ると、この世からクビにしたくなるのだが、この猛暑の中、一億総ブタ野郎の監視などしていたら、それこそ優しさ紙芝居的な熱中症にでもなってしまうので、口をつぐんでじっとしている。
 画期的な「みんなの党」は、ボンクラ世襲議員や、どう考えても脳が天気なタレントなどには全く見向きもせず、在野の本当に有能なヤツを集めており、票獲得や与党取りなどの本末転倒なことより、あくまで政策ありき、アジェンダの一致を最優先に事を進めているところを俺は評価しているわけだが、江田さん、そろそろ俺をロック部長的なところでスカウトされたし。妙案アリ。

by ichiro_ishikawa | 2010-07-23 09:12 | 日々の泡 | Comments(2)  

Commented by てくてく at 2010-07-27 02:12 x
私は政治は一人か二人でやるものと思ってますが、どう思いますか?
そういう意味では江田は枝でしかなくなくないですか?


fromてくてく。っと
Commented at 2010-07-27 19:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 映画「ストーンズ・イン・エグザイル」 感想「村上春樹インタビュー」 >>