名曲喫茶「そして僕は途方に暮れる」


「そして僕は途方に暮れる」大沢誉志幸
作詞:銀色夏生 作曲:大沢誉志幸
(1984年9月21日発売/EPIC RECORDS)

c0005419_0342676.jpg


見慣れない服を着た
君が今 出ていった
髪形を整え
テーブルの上も そのままに

ひとつのこらず君を
悲しませないものを
君の世界のすべてに すればいい

そして僕は 途方に暮れる

ふざけあったあのリムジン
遠くなる 君の手で
やさしくなれずに 離れられずに
思いが残る

もうすぐ雨のハイウェイ
輝いた季節は
君の瞳に何を うつすのか

そして僕は 途方に暮れる

あの頃の君の笑顔で この部屋は
みたされていく
窓を曇らせたのは なぜ

君の選んだことだから
きっと 大丈夫さ
君が心に決めたことだから

そして僕は 途方に暮れる

見慣れない服を着た
君が今 出ていった

by ichiro_ishikawa | 2010-09-13 00:33 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< CD発売「ブルームーンカルテット」 考えるヒント「街場のメディア論」 >>