New Orleansと俺

 俺が毎朝ラジオでピーター・バラカンの「バラカン・モーニング」を聴きながら身支度をしていることは、おそらく誰も知るまい。いや、知ろうとも思うまい。
 ピーター・バラカンと俺の音楽の趣味はピタッと一致しているため、彼がかける曲はものすげえいい。ちなみに今週は1920年代から60年代までのニューオーリーンズの音楽を集めたコンピレーション“Let Me Tell You About The Blues – New Orleans”を紹介していて、今週の俺がずっとニューオーリーンズ・モードであり、セカンドラインを刻んでいたのはそういうわけだったのだ。
c0005419_1493815.jpg

 というわけで、ニューオリンズ・スタンダード集。レッツ・ダンス。


「Go To The Mardi Gras」Professor Longhair


「Tipitina」Professor Longhair


「Cissy Strut」The Meters


「Iko Iko」Dr John


「Southern Nights」Allen Toussaint


「Dixie Chicken」Little Feat


「Sneakin Sally Through The Alley」Robert Palmer


「Dr.Jazz」Squeeze
c0005419_1481195.jpg


「FUSSA STRUT part-1」NIAGARA TRAIANGLE


「さかなごっこ」ボ・ガンボス


「鉄腕アトム」岸田繁×バンバンバザール× Dr.kyOn

by ichiro_ishikawa | 2011-03-25 01:36 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< Lucinda Williams 箸休めエセー「震災と俺」 >>