モリッシーまた遅延

c0005419_23273226.jpg

 魔がさしてモリッシーCD & DVDベストを注文していたが、発売延期で到着はGW明けになるとamazonから。
 モリッシーはスミス関連を含め期日を守ったことの方が少なく、来日公演すら飛行機が怖いからと中止にするという人だから、全く驚きも、落胆もしていないのだが、今回は、この「時間に遅れる気質」について一考せんとす。

 まあ、言わずもがな、俺がそうなので一考しやすい。
 なぜ遅れるか。
「遅れるのもやむをえない」と、どこかで腹を決めているふしがあるためだ。
 だから人の遅刻、遅延にもおそろしく寛容である。待ち合わせに数時間遅れられても、さらにはドタキャン、しかもその連絡もなく、といった場合でも、まあそういうことはある、と自然に思える。

 しかし、これに立腹する人は多い。いやいや、腹が痛くなったのかもしれないじゃないか。悪いと思いつつも人見知り、人と話すのが苦手で連絡しなかったのかもしれないじゃないか。自分の予定が狂った? あなたの予定なんて大したことないじゃないか。時間を損した? あなたの時間なんか大したことないじゃないか。そも、あなた自体、そんな後生大事に保持するようなシロモノじゃないじゃないか。
 と、いうことは、普遍的な事実とはいえ、誤解を招く確率が極めて高いため、絶対言わない。

by ichiro_ishikawa | 2011-04-28 10:37 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< Complex 無趣味のすすめ >>