布袋寅泰 ライヴ寸感

知人の帰りな、いや、粋な計らいで布袋寅泰ライヴ鑑賞。
超満員の客席に加齢臭がムンムン立ちこめる中、布袋の最も表面的な部分を矢継ぎ早に分かりやすく強調して披露した、大衆向けの大エンターテインメント・ショーだった(いい意味)。

HOTEI THE ANTHOLOGY “威風堂々”
Tonight I'm Yours!
〜GUITARHYTHM GREATEST HITS & REQUESTS〜
2011.5.20 FRI. 国立代々木競技場第一体育館

ドラムス/中村達也(BLANKEY JET CITY)
ベース/井上富雄(ルースターズ)
キーボード/奥野真哉(ニューエスト・モデル)
プログラミング/岸利至
コーラス/JILL(PERSONZ)
コーラス/中村敦(KATZE)

シングル疾走タイム
1. Change Yourself (1997)
2. スリル(1995/King & Queen)
3. Image Down(BOφWY 1981)※vo. audience(エアーBOφWY )
4. さらば青春の光(1993/Guitarhythm IV)※vo. audience
5. サレンダー(1994/Guitarhythm IV)
6. Diving with My Car(1992/Guitarhythm III)

BOφWYタイム
7. Blue Vacation(BOφWY 1986/Just A Hero)※vo. Teru(GLAY)
8. 1994 - Lebel of Complex(BOφWY 1986/Just A Hero)※vo. Teru(GLAY)
9. Beat Sweet(BOφWY 1986/Beat Emotion)※vo. Teru(GLAY)

バラッドタイム
10. Promise(2011)
11. Nobody Is Perfect(1999)

JILLアカペラタイム
12. Dear Friends(Personz 1989)※vo. JILL(Personz)

3ピース・セミアコタイム
13. Circus(1997)
14. Merry- Go-Round(1997/Guitarhythm II)
15. Poison(1995)

CLIMAXタイム
16. Starman(1991/Guitarhythm II ※David Bowie cover
17. サイバーシティーは眠らない(1996)
18. ホンキー・トンキー・クレイジー(BOφWY 1985/BOφWY)※vo. audience(エアーBOφWY )
19. Climb(1989/Guitarhythm)

encore 1
20. 恋をとめないで(Complex 1989)
21. Dreamin'(BOφWY 1985/BOφWY)※vo. Teru
22. Radio! Radio! Radio!(1991/Guitarhythm II)

encore 2
23. Fly Into Your Dream(1991/Guitarhythm II)


寸感

◆30年間、アングラに逃げず、良質のポップ生み出してるの、すげえ。
◆ギターリストなのに、ピンでポップフィールドの第一線に立ったの、すげえ。
◆リズム感、カッティングがやっぱすげえ。
◆リフ、ソロフレイズ、メロディが歌えるほどキャッチーでポップ(ひねりアリ)。
◆手足が長く長身で、戯画化されたギターヒーローを地で行く姿がサマになっている。
◆ロシアンクォーターにしてコリアンハーフという混血がやっぱ規格外。
◆JILL、いい。
◆ベース井上富雄つけ。
◆BOφWYの曲、TERUに歌わせるのはいじめ。
◆ベスト6は、「ホンキー・トンキー・クレイジー」「Image Down」「1994 - Lebel of Complex」「Beat Sweet」「Blue Vacation」「Dreamin'」。
◆氷室の「不在の存在感」、ものすげえ。


by ichiro_ishikawa | 2011-05-25 01:06 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 中庸といふこと 左利きと俺 >>