不惑の抱負

 6月7日に40歳になった。ちなみにプリンス(一時期、The Artist Formerly Known As Prince=かつてプリンスと呼ばれたアーティスト、と改名)、パチョレック(大洋〜阪神)と同じ日だ。

 40といえば、人口に膾炙することこの上ないこの言葉、不惑。
 30にして立たないまま不惑を迎えてしまった…。などと言うと月並みに過ぎるかもしれないが、30で立たなかったが実は19にしてすでに惑わずだったと言えば、少しは新味もあろうか。
 ちなみに、50まで10年あるが、天命も知っているし、しかも耳もすでに順(したが)ってさえいる。
 ただ、いかんせん、立ってねえ。
 早熟なのか、未熟なのか、分からないな。幼少時に聖書を暗記させられたのが、順番を狂わせたな。
 立ってもないのに、惑わず、耳順っていても、何か説得力ないよな。
 小林秀雄が「てめえのかかあも食わせられんで天下国家を語る資格なし」と言ってるのもそれに近いな。

 しかし、40年は長かった。しかも、80まで、これと同じ年月をまた生きなければならないのか。面倒くせえなー。もういいのにな。
 幼少から「明日学校行きたくねえなー」と思い続けて生きてきたが、40になってまだ「明日ゴトシ行きたくねえなー」と同じトーンの感慨を抱いているのはどうなのか。「パリに亡命すっかなー」と新たに付け足したところで大差ない。ああ…人生。ヒマだ。

by ichiro_ishikawa | 2011-06-07 18:05 | 日々の泡 | Comments(1)  

Commented by 総帥 at 2011-06-12 18:14 x
券士たるものに暇は無し!
平日も走ってるし~!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 終わった、何もかも 吉川が結婚 >>