60-70年代のフォークソング

「東京イエローページ」(1989-90)の第1期最終回。


 古井戸の歌をはじめとする60-70年代のフォークソングのたいていは、竹中直人を通して知った。「デートソング」(「勝手にウッドストック2011」でバンバンバザールが仲井土麗市とともに披露)然り、岡林信康「山谷ブルース」然り。
 唯一、誰の何という曲か未だ分からないのが、「恋人いてーもいなくても、いるよな顔してハンドル握〜るよ〜♩」というこの歌。ある番組で竹中が唐突にこう歌った直後、「大門まさあきで〜す」と言うのだが、ウィキペディアによると、大門正明は俳優で、歌を歌ってはいないようなので、彼が出演していた数多くのドラマのどれかの主題歌かと見当はつけている。原曲を聴きたい。

by ichiro_ishikawa | 2011-10-19 00:37 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 兄 小林秀雄との対話ー人生についてー 「フクシマ」論 >>