村上春樹の問うとは

 2歳になる俺の息子(正確には俺の弟の子供だから甥)が、目に入るものを片っ端から指差して「何これー?」と聞きまくってくるのだが、俺は答えない。
 分からないからでは無論なく(40年も生きていれば大抵の物事の名称は分かる)、答えるのが面倒くさいわけでもない。
 俺は「問う」という行為に敏感だからだ。言わば、「問うとは?」を問うエキスパートだからだ。
 だから俺はしばしこう返す。「何だと思う?」
 そうして俺の息子(正確には甥)は、2歳にしててめえの頭で考える人になりつつあり、すでに口癖は「あれ何だろうねー?」に変化している。

 村上春樹が小澤征爾に取材した本『小澤征爾さんと、音楽について話をする』読了。すげえいい。掲出される音楽のほとんどのCDを読後すぐamazonで買った。音楽の深淵を垣間みさせてくれる画期的な良書だ。

 本書で村上はインタビューの見本というか理想型を図らずも(というのはそれが本書の目的ではないので)示している。つまり、問うとは何かを。

 クラシック音楽がものすげえ好きな村上だが、その好きさは常人の好きとは次元が異なる。それはレコードを沢山持っているとか、知識が著しく豊富であるとかいう瑣末なことに由来する事ではなく(実際、プロ並みに博識だが)、結果、クラシックの専門家である小澤に、音楽についての思索を促している、内省に導いていることが証明している。

 例えば、ある質問を村上がすると、小澤は「うーん、わかりませんね」などとよく言う。すると村上はしばし、「僕が思うに−−」と、自説を述べはじめるのだ。
 そう、すべて自分で考えて、ある仮説を導いてある上での質問なのである。それを受けて、小澤はどうなるか。村上の説に触発され、内省を始め、小澤なりの新しい答えが出てくるのである。このスリルが本書の醍醐味だ。結果の意見の相違などは問題ではない。二人の精神が音楽をめぐって触発し合い躍動している、その様がなんとも感動的だ。

 あるいは、こういうパターンもある。ある質問を村上がすると、小澤は例によって「うーん、わかりませんね」と黙る。すると村上は、その質問の背景を詳しく語り始める。
 例えば、村上が、「マーラーが長い間そんなに広くは聴かれていなかったのはどうしてか」を質問する。小澤は「さあ」とにべもない。すると村上は、音楽史的な大まかな流れを説明しだし、そこにマーラーが入る余地がなかったという事実を伝える。そして改めて問う。「どうしてでしょう」。すると小澤の思考回路のスイッチが入り、そこからさらにその質問自体を超えてしまうマーラーの本質的な面白さについての話が展開していくのだ。

 問うとは、すなわち、好きになること、だから自ずとてめえで考える、と言う事だ。そうなると答えはもはや出なくても良い。考える事、それ自体が楽しくてしょうがない。それが、問う、という本質だ。

c0005419_2215781.jpg

by ichiro_ishikawa | 2011-12-06 02:29 | 文学 | Comments(1)  

Commented by みよし at 2011-12-11 01:45 x
失礼します。
「問うとは、すなわち、好きになること」というセリフ、おもしろいです。本を読みたくなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< The Smiths Bowie in the mi... >>