日本の自殺

 ローマは外敵ではなく「パンとサーカス」を求める大衆に迎合し滅んだ。

 現在発売中の「文藝春秋」2012年3月号に、同誌1975年に「グループ一九八四年」の共同執筆として掲載された重要論文「日本の自殺」が再抄録、あわせて同論文の検証文「なぜ警告は生かされなかった?」山内昌之・櫻田淳、「『グループ一九八四年』とは何者か」 田中健五(当時の編集長)が併載されている。必読。
c0005419_0412075.jpg

by ichiro_ishikawa | 2012-02-17 00:43 | 文学 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 出会い ブリルビルのソングライターチーム >>