短歌関連情報ベスト5

月刊『短歌』最新号
震災特集「3.11後、歌人は何を考えてきたか」
被災地在住歌人参加。30代以下と50代以上に分けた二世代による大座談会。
第二特集は「古語の魅力−−『古典基礎語辞典』を読む」
歌人が古語辞典を読むとこんなにも面白い。
c0005419_0475051.jpg


角川短歌ライブラリー
『うたの人物記 短歌に詠まれた人びと』
小池光
三十一文字できりとられた個性的な人々の生を、エスプリとユーモアに富んだ語り口で読み解く。知的好奇心をくすぐる短歌エッセイ集。著者は、読売新聞、北国新聞、山陽新聞、信濃毎日新聞歌壇各選者。
c0005419_0474111.jpg


角川短歌ライブラリー
『今さら聞けない短歌のツボ100
三枝 昂之・編
「短歌と和歌はどう違う?」初歩的に見えて実は短歌の肝心な部分に触れるもろもろの不思議をこまやかに楽しく説く。短歌の基本から作歌の現場の身近な悩みまで、実力派35歌人が答える。
c0005419_0472223.jpg


角川ソフィア文庫
『ひとりの夜を短歌とあそぼう』
穂村 弘、東 直子、沢田 康彦
私かて声かけられた事あるねんで(気色の悪い人やったけど)
くすっと笑えて共感できる、傑作・珍作短歌が大集合。女優や漫画家など異業種の言葉の天才たちが自由に遊んだ短歌作品を、人気歌人の穂村弘と東直子が「猫又」主宰・沢田康彦とともに斬る。
c0005419_0473129.jpg


文庫化
『昭和短歌の精神史』三枝昂之
戦中・戦後の占領期を生き抜いた多くの歌人たちの暮らしや想いを、当時の新聞や雑誌、歌集に戻り再現。その内面と時代の空気や閉塞感を浮き彫りにする。第56回芸術選奨文部科学大臣賞ほか受賞作の文庫化。

by ichiro_ishikawa | 2012-02-27 01:04 | 文学 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 小林秀雄と短歌 おまえはオレを愛してるか >>