雑感

哀しみは哀しみとして、
後悔がきつい。

人が逝くと、その直後からいろんな事務作業が待っている。待ってましたとばかりに待っている。
泣きながら、冷静な事務処理を粛々とこなす。弔問客には、毅然と向き合う。本当はボケーッとして、ああ…なーんもやるきしね、と寝ていたい。



ふと、思い出した。あのとき。
これを書いていて良かった。

「ハワイと俺」(2007)


by ichiro_ishikawa | 2014-09-29 10:58 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 雑感2 追悼 父、武司(てめえの精神の... >>