朝型と俺


念願の朝6.00起きが習慣づいた効用は大きい。

まず朝は空気が良い。
そして、遅刻をしなくなる。
40をとうに過ぎても遅刻するし、
しかもその理由の100%は俺の場合は寝坊なわけだが、
大抵もう起きてるわけだから遅刻もしないという寸法だ。

そして、夜眠くなる。
逆算していくと22.00には就寝準備に入らねばならないため、ゴトシを、どんなに量があっても18.00にはピタッと終わらせる必要が出てくる。
となると寸暇が惜しまれる。
したがって日中の俺は時間がきわめて貴重だ。
無駄なことをしている暇はない。

というわけで、俺なりの時間節約術はこうだ。

・コートは脱ぎながら衣文掛けにむかう。
・道は内内を回り経済コースをとる。

この2点で、1日あたり1時間は短縮できるのだった。
周りを見てると、みな結構遠回りをしている。
内内を回るだけでぐんぐん人を追い越していくのがわかる。
みな暇なんだな。

by ichiro_ishikawa | 2016-04-12 08:07 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 俺のiPhone 不安について >>