プレスリリース「多忙の理由」


俺は何故多忙か? 貧乏暇なしか?
答えは単純で、やる事ベスト5が数多あるからだ。
だのに、その大半は金に繋がっていないからだ。
例えば、先日のスクイーズのギロッポンギグでみた激地味渋名曲「ジ・エレファント・ライド」を反芻するためにApple Musicで収録アルバム『スウィーツ・フロム・ア・ストレンジャー』(1982)を紐解く。するとそのデラックス盤なるものが存在している事に気づく。中身はというとクソ名曲「ヒズ・ハウス、ハー・ホーム」のデモヴァージョンが入っているではないか。その他、10曲以上知らなんだ曲やらヴァージョン違いやらが追加収録されているっていう。ということは、それらの出所来歴みたいなものを一曲一曲辿って、スクイーズ全キャリアの中での位置付け、アルバム自体の評価などを更新していかねばならない。
そのためには当然一曲一曲を丹念に聴いていかねばならない。


c0005419_10105145.jpg
スクイーズ5th『sweets from a stranger』
このアルバム後一時解散、ディフォード&ティルブルックのデュオ作を挟み、1985年に激渋名作『Cosi Fan Tutti Frutti 』で復活する。そんな過渡期的アルバムでスクイーズ前期の中では一般的評価は低いが、コステロ参加の代表曲「Black Coffee in Bed」以外にもなかなかどうして佳曲が並ぶ。


スクイーズの「ジ・エレファント・ライド」をきっかけにこれだけの事態が発生するわけで、これがあとどれだけあるんだっていう話である。
もちろんスクイーズだけではないし、イギリスだけでもないし、欧米だけでもない。また、映画や文学においても同様の事が起こるわけで、おまけにもはや僅かながら新作の類にも触れているわけだから、1日何時間あっても不足だ。

かつこの他にゴトシという人殺しにちかい作業をこなしていく必要がある。これは他者ありきの行為だから、時間配分としては最優先される。

なお当然、この合間に睡眠、エサ摂取、排泄、シャドウボクシングといったルーティンもある。

このうち対価が発生するのは他者ありきのゴトシのみ。

以上、貧乏暇なしの理由分析まで。

by ichiro_ishikawa | 2016-04-27 09:35 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< SQUEEZE Elephan... スクイーズ来日ギグ >>