アベマTV


サイバーエージェントとテレビ朝日が組んで作ったアベマTVのアプリが3か月で500万DLを超えたといふ記事が朝日新聞にあり、ためしにDLしてみた。

「いい番組があってもTVだと見ない、スマホなら見る」という仮説が当たったと藤田晋氏。
腑に落ちる。2010年以来、うちにはテレビがなく、PCかスマホでしか番組や動画は見ない。それで充分事足りてゐるどころか、そもあまり家に居ないので鑑賞は大抵スマホで、ずーっとYouTubeを見てゐる。もともと昭和の熱心なテレビっ子で、テレビを家から外したのも、あるとずっと見てしまうからなのだった。固定電話をもはや使わないように、番組・動画鑑賞ももはやモバイルなのだらう。

同氏は、「見たい番組を探すのは、レンタルビデオ店に行くようなもので意外に面倒。流れている番組を見るという気軽さも大きな武器」とも。
YouTubeやhuluで「観たいものだけを観る」全盛の今、「何となく視聴」の楽さは確かに見直される。

そこで早速アベマTVを鑑賞。まず使いやすさがいい。チャンネルの切り替えが極めて容易だ。肝心のコンテンツも、ざっと見たところかなり豊富でテレビ局が絡んでいるのでニュースが良い。アナウンサー志望の学生がキャスターだといふ。これも新鮮でよい。

この日は当の藤田晋自身が面子に入っている麻雀を通勤時ずっと見てしまった。損した気分だ。面白かったけど。
局終わりでためしにチャンネルを変えると、ナイツの土屋伸之が司会でリリー・フランキーをゲストに迎えたトークという、超ハイクオリティな人選の番組があった。
久しぶりに見るリリーは相変わらず全発言秀逸。
雑誌のグラビアはもはや観るだけでは飽き足らず、嗅ぐといふ。シアンとマゼンダが強いなとか、凸版印刷だなとか、インクの種類や印刷所までも匂いでわかるといふ。

結論。やはり時間の無駄。すごーく暇か(そんな時は殆どないだらうが)、どうしても見たい番組が放映される場合のみ、見る。


by ichiro_ishikawa | 2016-07-12 10:50 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 俺の鞄 腹痛と俺 >>