80年代アイドル歌手の再評価


とんねるずやリリー・フランキー、池田晶子、川上未映子の例を挙げるまでもなく、デビュー時からツバをつける「先見の明」で食つてゐる俺でもミスはある。

ピンクレディー、小泉今日子、中山美穂は、デビューから1989年まで一貫して好きだつたが、その裏で、「リアルタイムではピンと来なかつたが、齢45の今みるとピンと来る」歌手、といふのが實は結構ゐる。以下、そのベスト5。

キャンディーズ
c0005419_02290790.jpg

70年代の幼少期、キャンディーズはその解散が、我が歌手初体験のピンクレディーのデビューと同時期といふ印象で(実際は数年かぶる)、つまり登場が(俺にとつて)早すぎたために見逃してゐた、といふ例。
ある時、GOOSE HOUSEといふグループが「年下の男の子」をカバーしてゐるのをYouTubeで観て、オリジナルを改めて聴いてみたところどハマりし、レコードコレクターズの特集号まで古書店にて買い求めてしまつたといふ次第だ。
スーは元々好きだつたが、ミキもよい。そして何と言つても蘭がすげえ。白眉は振り付け込みでやはり「年下の男の子」。




松田聖子
c0005419_02290708.jpg

デビューが小3(俺が)であつたため、やはり早すぎた例。当時ツッパリだつた俺にとつては、聖子のいはゆる「ぶりつ子」はソリが合はなかつた。
しかし、今みると「圧倒的に可愛い」ことがわかる。声も歌い方も素晴らしい。日本一のアイドル歌手といつてよい。聖子が出てきて日本はパーッと明るくなつた。


中森明菜
c0005419_02324474.jpg

当時は聖子に比して、「キャピキャピしてない芸風の打ち出し」が、尺に触り、なんか暗くて嫌だつた(それにしても少年といふのは好みの幅が狭く、厳しい)。中山美穂(より数年前のデビューだが)同様のツッパリ路線も、美穂のポップ感(BE-BOP HIGH SCHOOL)に比し、70年代テイストを引き摺つた場末歌謡的ダークネスが古めかしく感じた。
しかし今みると、歌は上手いし色気がものすげえ。表情や振り付けもよい。
但し今みても「難破船」以降は良くない。


早見優
c0005419_02230501.jpg

当時はなんか大人しすぎる地味な印象でピンと来ず。彼女がゲスト出演した「少年ジャンプ大博覧会」(1982年)を観に行つた時も何の感慨もなかつた。「絵に描いたような美少女」なところも「特徴がない」として素通りしてしまつてゐたし、また「脚が綺麗」といふマニアックな視点は当時小学生の俺には持つ術がなかつた。
しかし2年前の「風街レジェンド」に彼女が登場した時に、およそ30年ぶりに生で「誘惑光線クラッ!」を聴いて、俺のハートに火がついたのだつた。
また、氷室が1986年の夜ヒットのメドレーで早見の「パッション」を歌つてゐるのをYouTubeで繰り返し見るにつけ、よい曲だなと思ひ直して原曲を辿つたところ、オリジナルも素晴らしい事が漸く判明。目下の最ヘビーローテーションとなつてゐる。
なんといつても「誘惑光線クラッ!」といふ楽曲がとんでもない。





by ichiro_ishikawa | 2017-05-04 00:43 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ハニートーストと俺 小林丼と俺 >>