強力新連載!「抱きしめたい日本語」

 「折からの日本語ブームはえせだ!」、「逆に日本語の魅力を矮小化しているのでは!?」という一部の“すべての分かってる野郎ども(All The Wise Dudes)”の強力な要請を受け、言葉畏怖会オーナー付シニア・ディレクター(SD)の俺が全人格を賭して送る新企画!!
 古今東西のすげえ言葉、暗記したい言葉を、出典とともにUPし、畏怖具合を記すという画期的な試み! 第0回は、この連載の所信表明とも言える、まさに神の言葉だ!


c0005419_1311922.jpg 初めに言葉ありき。
 言葉は神と共にあった。
 言葉は神であった。
 (『新約聖書』ヨハネによる福音書 第1章 第1節)

 つまり、そういうことってわけだ。これはもう疑いようのない真実。比喩ではない。そのままストレートにグワッと抱きしめたい。
 次回、吉田兼好のあの言葉が……!

by ichiro_ishikawa | 2005-09-13 13:03 | 文学 | Comments(2)  

Commented by 昔森吉天(むかしもりよしてん) at 2005-09-13 16:08 x
おじゃまします。
「漫筆 小林秀雄」を記している、昔森吉天(むかしもり よしてん)と申します。
当方のHPを必見ウェブサイトに掲載していただきまして、ありがとうございました!
まずはお礼まで。

私も池田晶子は大好きです。
小林秀雄全集の書き取りライフワークがんばってください!
ロックンロール・ブック、これからも読ませてもらいます。

おじゃましました。
Commented by ichiro_ishikawa at 2005-09-27 02:18
昔森吉天さん、勝手にリンクはらせてもらいました。「漫筆 小林秀雄」いいですね。私もそういうのやりたいです。今度「秋」と「パスカルのパンセについて」を取り上げてくれると嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 祝、下柳15勝 総選挙が終わった後に >>