プロの仕事

 

 90年代に入り、日本のロックがつまらなくなったように思えるのは、
「てめえが歳をとったから」というのが、いまや定説だ。
 そう考えて済ますのは便利であるが、どうもそういう便利な考えを信用する気になれないのは、どうしたものだろうか。
 そこで興味深い仮説を展開してみんとす。

 つまらなくなったのは、自作自演が常識になったからである。

 基本的に、J-POPと称される90年代以降の日本のロックのマーケットは、若年層が主である。演者も購買層に近い方が人気も出るので、自ずと若手が増える。
 作られたものは、要は商品だという観点からすれば、これは、アイドル歌手の場合と同じだ。

 ただアイドル歌手、歌謡曲と異なるのは、BOφWY以降、メジャーシーンに普通に君臨するようになったJ-POPの連中は、ロックと称して自作自演を当たり前にするようになったことだ。
 実は落とし穴は、そこにあった。
 作詞ができて、作曲もできて、アレンジ能力に秀で、パフォーマンスが優れ、かつツラもいい、なんて人は稀有な存在だろう。10年にひとり出るかで出ないかだろう。
 前髪をあえてダサくたらして眼鏡かけてTシャツ着てうつむきながらディストーションギターを鳴らせば文学的という風潮がまかり通るようになり、ツラとパフォーマンスの敷居はぐんと低くなった。だが一番の問題は作詞作曲アレンジといった音楽的能力だ。
 ここだけはどう考えても低くていいはずはない。
 だがきゃつらはてめえでやろうとするのである。
 レベルは低くても自作自演だという事実の方が優先されるのか。それとも経費節減なのか。

 今のJ-POPより70-80sの歌謡曲が全体として優れているのは、作詞家・作曲家・編曲家・伴奏家(スタジオ・ミュージシャン)、ディレクター、プロデューサー、マネージャーと完全分業制が確立されており、各々が各々の職分に全精力を傾けることができたからに他ならない。各パートのレベルがきわめて高い。
結局それが行き過ぎて、ルーティーン化したために、商品の質も落ちてしまったのが80s後半だけれども、90年代以降の自作自演化の試みが、それらに増して成功しているとは思えない。どう贔屓目に見ても、詩は高校生の日記みたいなものが多いようだし、作曲グッズも、ソフトが進化して作り手の裾野が広がったとは言え、実際出てきているのはウンコばかりだ。
 


分業制によるすげえ日本の音楽ベスト5

4.「Tシャツに口紅」ラッツ&スター(81年)
作詞:松本隆  作曲:大瀧詠一  編曲:井上鑑

c0005419_1453572.jpg作家陣は言わずと知れたプロ中のプロ。唱うは、日本の黒人、鈴木雅之。プロ中のプロが、それぞれ、てめえの力の120%を出し切り、エヴァーグリーンの名曲が出来上がった。こういうのはかけ算だから、120松本%×120大瀧%×120井上%×120ラッツ%で、約200%。しかも元の数が100万だから、200万だ。単位は、すげえ。つまり200万すげえで、それでも4位だから、以降、どんだけすげえのが出てくるのか、っていう。


3.「あの娘に御用心」沢田研二(75年)
作詞:大瀧詠一 作曲:大瀧詠一 編曲:多羅尾伴内
キーボード:松任谷正隆 ギター:鈴木茂  ベース:細野晴臣 ドラムス:林立夫 テナー・サックス:稲垣次郎 コーラス:大滝詠一、 山下達郎

c0005419_1455371.jpg作詞作曲編曲が全部大滝詠一だから、分業制という括りから外れるようだが、大滝の歌を、ジュリーが歌うという奇跡を感じたい。なにはともあれ、演者陣が、すげえ。


2.「さよならは八月のララバイ」吉川晃司(19歳・85年)
作詞:売野雅勇 作曲:NOBODY 編曲:大村雅朗
ギター :今剛  ベース:奈良敏博 キーボード:富樫春生 サックス:矢口博康ほか

c0005419_1461313.jpgパリンパリン!というガラスの砕ける音がSEで、シンセがディディディディ鳴っていて、スネアドラムがパン!パン!というバリバリ80Sサウンドが全編を貫く。NOBODYはこのほか「モニカ」、「You Gotta Chance」、「にくまれそうなNEWフェイス」と、初期吉川のイメージを決定づけた、弾けたポップソングを連作した。また、プロ・売野の詩がすげえ。「二度ともう抱きしめてはあげられないのさ」とか、「泣かないでくれ サヨナラは八月のララバイ」とか、絶対出てこねえ。そうしたポップが、シャンパンのボトルをぶちまけながらNHKホールのステージを紅白歌合戦のトップバッターとして疾駆しては、後ろのトシちゃんを苦笑させ、ギターを燃やしては、次の河合奈保子のイントロをリピートさせて、なかなか歌に入らせない、そんな“若気のイカり肩”期の吉川のパフォーマンスに釣り合っている。ギターの今剛は宇多田ヒカルでも演っている名手。


1.「渚のカンパリソーダ」寺尾聡(81年)
作詞:松本隆 作曲:寺尾聰 編曲:井上鑑
ギター :今剛、松原正樹 キーボード :井上鑑ほか

c0005419_1462873.jpg「少しは愛してくれ 夏の風が照れちまうほどに 八月は出会う女(ひと)を 恋人に変えちまうよ」とか「カンパリのグラスを空けてしまおう 君に酔ってしまう前に」とか、すげえいい。日本のAORの金字塔。以下、バンバンバザールの富やんの文章を抜粋。

 バックには最強なスタジオミュージシャン達が結成した「パラシュート」が務め、パラシュートのキーボード、アレンジャーの井上鑑のアレンジで、打ち込み以前の最高に正確な生音で繰り広げられるセッションに乗って寺尾独特の低域のごく狭い音域で歌われる名曲の数々は本当に素晴らしい。(中略)1981年といえば僕は9歳、小学低学年だったが「ルビーの指輪」がヒットしたときのことを覚えていて、ザ・ベストテンの一位を長期間保持した為、専用のワインレッドのソファーを用意してもらったり、演奏の時のパラシュートの姿にしびれたりしたものだ。それをバックに寺尾聡は今思えばアイバニーズの12弦エレキを弾きながら低い声で唸っていた。(中略)寺尾聡のレイバンのサングラスとタバコの煙と、得意の「いきなり歌い始めからスキャット」で一気に僕は大人の世界を夢見るようになった。

by ichiro_ishikawa | 2006-09-29 01:57 | 音楽 | Comments(1)  

Commented by マジシャン at 2006-10-03 12:28 x
ひどく同感。でもそれがあてはまるのはなぜ日本だけなのか。洋楽の自作自演はそんなことないよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 3分間のロックンロール、ベスト5 ロック、ロックとうるせえ文章 >>