吾妻光良 vs 福島康之

吾妻光良Session
@東京・高円寺 JIROKICHI
吾妻光良vo,g、牧裕b、早崎詩生pf、福島康之vo,g、平林義晴dr

 牧裕と早崎詩生は、スウィンギング・バッパーズ、平林義晴はカンザス・シティ・バンドのメンバー。JIROKICHIは、金子マリや妹尾隆一郎、あるいは野獣王国(是方博邦g 難波弘之key 鳴瀬喜博b 小森啓資dr)といった、ブルーズ、ジャズ系のミュージシャンが演る店、since 1974だ。壁には、キング・カーティスやアリーサ・フランクリンらの後ろでタイトでグルーヴィなリズムを奏でた超売れっ子セッションドラマー、バーナード・パーディのサイン入り写真も。バンバンバザールのライヴ盤『ハイライト』は、ここで、この吾妻光良や、友部正人を迎えて行なった1999年のライブを収録したものだ。

c0005419_1704932.jpg
 吾妻はサイドをショートカットに

 バンバンバザールのナンバーからは「こんにちは」「風呂屋」「夏だったのかなぁ」「4時間座っていたけれど」「恋はねずみ色」「ほんじゃね」(吾妻光良& The Swingin' Boppersによる外国曲のカバーのカバー)、「明るい表通りで」(カバー曲)、そして! “ジャイヴ・ミュージックが好きです”との福島康之のMC、吾妻光良の“当然だ”という返しで始まった「盛り場に出て行こう」が披露された。“コロッケそば!!”は聞かれなかったものの、名盤『ハイライト』のあの名演再び!!、となった。この曲での吾妻光良のコーラス(しゃがれたハイトーンでのハモリとシンコペーション)は、本当にすげえいい。
 福島康之が初めて作った曲が「2丁目の垣根の曲がり角」だというのは有名だが、2番目が「風呂屋」、3番目が「どういうこと」、4番目が「盛り場に出て行こう」だということが、この晩、判明した。
 
 また、本棚の下に敷く5cm角程度のベニヤ板という恐ろしく地味な買い物をしに吉祥寺に出た時に、ロンロン前で路上ライブをやっていたバンバンバザールに初めて出会った、というエピソードの掘り返しも聞けた。「くしゃくしゃの1000円札をくれた」「いや5000円だよ」「1000円です!」といったテンポのいい舌戦も冴えていた。

 福島康之の、こういう立ち位置での、ライブは、本当にいい。
 それにしても、第一声で、グワッと空気を作ってしまう、福島康之のヴォーカルは凄まじい。

by ichiro_ishikawa | 2006-10-29 03:36 | 音楽 | Comments(1)  

Commented by でぶやせ at 2006-10-31 22:07 x
今度いくときは俺と346、連れテクといいらしいよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 吉川晃司私論2・今の吉川 池田晶子 最新作リリース >>