氷室がついにBOΦWYを解禁した

 今年2月、himuro.comに衝撃の告知が載った。「氷室がBOΦWYをやる」。即、チケットをプレオーダーで申し込む。4人分と2人分を同時に、ぴあとe+へ。結局e+の2人分が抽選の結果、奇跡的に当たった。どのくらいの倍率だったかは分からないが、15分で売り切れたらしいので、相当なものだったろう。ちなみに、普通のツアーは取れなかった。運がよかった。

 今回のライヴは、BOΦWYの曲とソロの曲を交互にやっていくという構成だった。
 幕開けは、まさかのあのドラムの響きだった。最後期のライヴのオープニング・ナンバー「
B・BLUE」。クワッときた。これでもう決まった。なんてことだ。これはBOΦWYのプチ再結成ライヴだ。その後も、ソロを間に挟みながら、「Rouge of Grey」「Runaway Train」「Welcome to the Twilight」といったマニアックなものから、「JUSTY」「Blue Vacation」「B・E・L・I・E・V・E」「Longer Than Forever」「RENDEZ-VOUS」「Memory」といったあまり聴けないナンバー、ソロでも度々披露している「ハイウェイに乗る前に」、そして「Image Down」「No! N.Y.」「Beat Sweet」「Dreamin'」といった大代表曲まで。「Cloudy Heart」と「わがままジュリエット」はやらなかった。もはや氷室ソロ・ヴァージョンとして、最近のレパートリーに定着しているからだろう。俺としても特に聴く必要はなかった。
 「Image Down」「No! N.Y.」「Beat Sweet」「Dreamin'」は凄かった。一番凄かったのは「Image Down」だ。あれはすごいライヴ・ソングだ。あまりのオーディエンスのリアクションのあまりのよさに、氷室も思わず吹き出していた。氷室は実によく笑い、BOΦWYを披露した。お祭りなのだろう。一方、氷室はソロをBOΦWYに並べても絶対劣らないという自信を見せつけたというのもある。いいことだ。

 俺は3rd『BOΦWY』の頃から追っているファンだけれど、BOΦWYのギグには行ったことがなかった。千葉の片田舎の中学校で生きる部活少年には、「コンサートに行く」というのは、行為の選択肢になかった、というか思いつきもしなかった。音楽とは、テレビかレコードで聴くものだった。
 高校1年の冬、BOΦWYがいきなり解散したというニュースがどこからか俺の耳に入る。え、そんなことってあんの!? と素頓狂な声を心中で上げた。春に後楽園にできる「ビッグエッグ」でラストコンサートをするという。俺のなかで、「コンサートに行く」というのはアリかもしれない、という思いが初めて芽生えた。だが、チケットの取り方がよくわからない。友達は1人もいないので聞くに聞けず、いろいろてめえで調べた結果、並ぶか電話、ということがわかった。並ぶといってもどこに並べばいいのかよく分からないし、手軽なので電話を選び、発売日に電話をした。だが結局一切つながらず、気がついたら完売していた。俺は悔しさのあまり心中でむせび泣いた。物理的な痛み以外で泣いたのは、長州が藤波に3カウントで負けた84年以来3年ぶりだった。

 実に17年を経て、俺は今、始めてBOΦWYのコンサートを目撃した。あり得ないことが起こったのだった。これは、疑似再結成だ。布袋はもしかしたら「うん」と言うかもしれないが、氷室が「やる」ということはまずあり得なかった。最強のカッコつけ野郎・氷室はの、そのカッコつけは半端じゃない。再結成しないのは、単純に「カッコ悪いから」以外の何かではないのだ、氷室にとって。
 何%BOΦWYなんだろう。物理的には25%だけれど、演奏はまるっきり完全コピーだし、歌っているのは、歌い方や声質は変わっているけれど、それにしても世界一BOΦWYの氷室に近い人間だ。というか本人だ。まあ、目を瞑ってそのサウンドだけ聴けば100%に近くBOΦWYのコンサートだ。だが、目を開けると、やっぱり25%だった。物理的なことだけじゃなく、布袋のアクションと微妙なリズムが決定的に違うため、サウンドはBOΦWYではない。ベースとドラムは、ひょっとしたら松井や高橋でなくてもいいのかもしれない。でも、ギターは布袋でなければならなかった。

 今回のライヴの感想は、BOΦWYを観れた、氷室は最高にカッコいいという感激と、もうひとつは「布袋ってやっぱすげえ」ということだった。俺は『メモリーズ・オブ・ブルー』『メロウ』『フォロー・ザ・ウインド』で、氷室はBOΦWYと対等かそれ以上になったと思っていたが、立続けにBOΦWYとソロを比べて聴くと、圧倒的にBOΦWYが凄かった。その差異とは、ズバリ、リズム。あの「ギャッ、(ン)ギャー、ギャッ、(ン)ギャー」というダンサブルなリズム。BOΦWYの曲は踊り出してしまうが、氷室のソロは聞き入ってしまう。
 BOΦWYの聞き入る系の曲、たとえば「B・E・L・I・E・V・E」や「わがままジュリエット」などにしても、布袋がギターを弾くと、そこにダンス感が加わる。ロックンロールとなる。氷室はノリのいい曲でも、ここまでダンサブルにはならない。
 もうひとつ付け加えるならば、布袋のポップだ。BOΦWYとソロの聴き入る系の曲をくらべると、やはり氷室のクセのあるポップは、それはそれでいいのだけれど、大局的に、布袋の恐るべしポップにかなわない。
 BOΦWYの曲は、特にルースターズやローザ・ルクセンブルクといった本物のロックを好む輩からは「カラオケ・ソング」と吐き捨てられ蔑視されることが多いが、BOΦWYのポップは非常にロックンロールだ。ミスチルやサザンやグレイのポップとは大きく違う。そこには、布袋のリズム・ギターが常にロックンロールのダンスの神様を宿しているからなのだ。ストーンズではないかもしれないが、エルヴィス・プレスリーなのだ。

 BOΦWYとは氷室&布袋であり、今回は、80%BOΦWYだった。ボーカルというのはやはりでかいので、逆に同じような感じで布袋がコンサートをやったら、50%BOΦWYとはいえまい。20%ぐらいだろう。そういうわけで、「80%BOΦWYのプチ再結成ギグ」、あるいは「BOΦWYコピーバンド全国大会優勝バンドfeat.氷室」を、俺は満喫した。それ以外に何が必要だろう。

by ichiro_ishikawa | 2004-08-23 03:11 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 最近の読書感想 ヴィム・ヴェンダース『Soul... >>