吉川晃司 Live at AX '04

 2/8(土)、AXで吉川晃司を見た。
 ほぼ定刻通りに客電が落ちると、バンドに続いて、グラサンに、胸まではだけたラメシャツを着込んだスーツ姿の吉川が登場。鳥肌が立った。すげえカッコいいのである。底の厚いブーツを穿いているため、とんでもなく長身で、その大きくしなやかな身体が、痙攣しているようなダンスを続ける。頭からハイテンション。出てきただけでやられるなんてことはそうそうない。吉川はいるだけでものすごいというレア中のレアなミュージシャンだ。
 吉川の真骨頂は、その派手なステージングにある。約2メートルの高さにシンバルを単体で設置して、曲終わりの度に蹴りあげるパフォーマンス。モニターに足をかける氷室バリのアクションも足がすげえ長いので、よりカッコいい。狭いライブハウスのステージを非常に窮屈そうに暴れ回る。そうしたクレイジーさが実に美しい。考える前に走る系の単純でストレートなバカなやつ、吉川晃司が俺は大好きだ。横幅もでかくなっていた。デビュー時より20kgは太ったであろう。往時のシャープネス・狂気こそ失われたものの、すこぶる健康的なバカ、吉川がそこににはいた。「大きな声では言えないけど」を「大きな口では」と間違えたり、シンバルを蹴りあげる代わりに洒落で頭突きしたら中心の金具に脳髄をぶつけて痛がるなど、天然ボケを連発。また、カツゼツが悪く内容も私利滅裂というか言葉不足のため何を言っているか分からないMCといい、最高なのであった。
 「ユー・ガッタ・チャンス」「さよならは8月のララバイ」といったアイドル時代のヒットチューンで幕を開けた後は、新作と思われる楽曲が中心のラインナップ。97年まで丹念に追っていた俺が知っていた曲は、「Baby, Baby」「アクセル」「スピード」「ボンバー」。
 アンコールでは、「A-LA-BA-LA-M-BA」「BOY'S LIFE」と畳み掛けてくれ、満足がいった。たとえ知らない曲でも、吉川のその存在感のデカサと歌う姿を見ているだけで楽しいし高揚してくるので、まったく退屈しない。こんな、派手なパフォーマンスがカッコよくさまになるのは吉川がミュージシャンである前に根っからのアイドルである証左だ。音楽性うんぬんといった意味性をまったく無効にする圧倒的なパワー。吉川は日本のエルヴィス・プレスリーであり、ジョン・レノンである。
 ロックンロールとはなんて考えていた自分はいかに頭でっかちか。吉川晃司はそのいかたが既にナチュラルにロックンロールだった。吉川を見ればそれで充分なのであった。

by ichiro_ishikawa | 2004-02-09 03:21 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< バンバンバザール& jazz ... ロックとは何か >>