バンバンバザール 地下鉄ライブ

バンバンバザール・ライブ
『メトロ・ミュージック・オアシス 10』

2007年1月19日(金) 東京メトロ銀座駅内コンコース「銀座のオアシス」

c0005419_23492440.jpg


 2004年から始まったというこの東京メトロ内・音楽ライブ企画は、これまで、ゴンザレス鈴木、矢堀孝一、菅沼孝三、新澤健一郎、音川英二、鼓童、西脇辰弥、土岐英史、高橋ゲタ夫率いるゲタイート・ジャズラティーノ、ゲタイート・デル・ソン、といったジャズ/フュージョン、ラテン、ブラジル、はたまたカントリーと、まあ、渋いというか地味なラインナップで来ていたところだが、これらのミュージシャンは「ジャズライフ」誌における常連アーティストたちで、例えば「ザテレビジョン」におけるSMAPみたいなものだということを知っておくのはいいことだ。
 それはさておき、10回目となる今回、バンバンバザールに白羽の矢が立ったわけだが、バンバンバザールは、何といっても根っこにジャイブ感覚があるわけで、下手な芸人よりよほど面白い話芸が見せ場の一つだった。そも一番最初にバンバンバザールを知った時、音楽よりも何よりもまず、MCというか、その「話芸」に惚れたのだった、ということを思い出させるに十分な粋なライブだった。ポカスカジャンも嫉妬する、そのベシャリは今回も冴え渡っていた。ハイライトは、「マリアッチ」の間奏、メキシコ関連単語50連発だったので、ここに羅列すべきなのだが、失念した。言い訳はするまい。メモを取るよりその場を楽しむ方を優先させた次第だ。録音なんて野暮なことも当然しておらん。
 今回のライブの特筆すべき点は、オーディエンスがバンバンバザールのファンとは限らないというところにあり、ファンでないところかライヴ客でもない、さらに通勤帰り、あるいはクライアント回りの最中といった、要するにバンバンライブとはまったく無関係な連中が相手というところだ。
 それに伴い、トーク内容と選曲が、一般大衆(a.k.a.ブタ野郎)向けになっているということだ。ファンに通じる、ある種マニアックなトーク、選曲を披露するということは、ある意味で易しい。気まぐれで、聞いてるのか聞いてないのか分からない、もっと言えば、バンドに関心を持っていない、さらに言えば、バンドを斜めから穿って見やがるような輩に向けて、トークや音楽を奏でるという状況ほど、厳しいものはない。
 そんな高いハードルを、バンバンバザールは易々とクリアしてしまう。「外タレか」という平均身長180cmにして、酸いも甘いもかみ分けた百戦錬磨の猛者であるバンバンバザールにとっては、ハードルですらなかったのやも知れぬ。
 ライブ後は、いす席の周りには、これまでバンバンとは縁の無かったような連中でごった返し、CDが飛ぶように売れ、サイン会も盛況。実に有意義なイベントであった。すわ、メジャーブレイクも間近か!? と思わせる、バンバンバザールにとってターニングポイントになるであろうライブであったことは間違いない。

c0005419_25310.jpg


1st stage (16:20-17:10)

1.君微笑めば
('04年『夏はあきらめた』収録)
2.ニューオリンズにて
('94年『リサイクル』、'01年『スゲ・バン・バ!』収録)
3.月光値千金
('94年『リサイクル』収録)
4.恋はねずみ色
('05年『十』収録)
5.彼女待ってただけなのさ
('94年『リサイクル』、'99年『4』収録)
6.新宿駅で待ってた
('94年『できました』収録/'00年シングル)
7.ハッとして!GOOD
('80年 田原俊彦/作詞・作曲:宮下智/'04年『夏はあきらめた』収録)
8.小さな思い出
('67年サントリービールCM曲/作詞作曲:浜口庫之助)
9.明るい表通りで
('94年『リサイクル』、'05年『十』収録)
10.世紀の楽団
('94年『リサイクル』収録)

2nd stage (18:00-19:00)

11.スウィングしなけりゃ意味ないね
(bootleg収録)
12.プリーズ・ドント・トーク・アバウト・ミー
('97年『歌は廻る』収録)
13.スウィート・ハニー・ビー
('99年『4』収録)
14.シュラ
('01年『スゲ・バン・バ!』収録)
15.恋人よ我に帰れ
('95年『できました』収録)
16.セーラー服と機関銃
('81年 薬師丸ひろ子 作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお/編曲:星勝)
17.銀座カンカン娘
('49年 高峰秀子 作詞:佐伯孝夫/作曲:服部良一/編曲:坂下滉)
18.家庭教師2003
('03年『ジェントルマン』収録)
19.マリアッチ featuring アントニオ・バンデラス、ペネロペ・クルス、ジェニファー・ロペス、中川政調会長、宗男、菅原道真
('05年『十』収録)
20.夏だったのかなあ
('99年『4』収録)
21.FRIDAY NIGHT エビフライ
('99年『4』収録)
22.明るい表通りで
('94年『リサイクル』、'05年『十』収録)

encore
23.<銀座駅長との茶番劇>
24.世紀の楽団
('94年『リサイクル』収録)

by ichiro_ishikawa | 2007-01-22 23:50 | 音楽 | Comments(1)  

Commented by at 2007-01-23 09:09 x
すげえセットリストだ。
無敵だ。セーラー服と機関銃聞きてえ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< いま最も勢いのある雑誌ベストテン カウントダウン・マガジン vol.7 >>