ソウル概要の旅 終了

ブルーズ、ゴスペル、R&B,ソウルの世界を一通り歩いた。
 ロックに直接影響を与えたブラック・ミュージックという切り口なので、ディープな旅ではなく、一般的に名盤とされているものを大雑把に辿っていったことになる。
 やはり、ソウルフルな声と、黒人特有のリズム(特にドラムとベース)がグッとくるわけだけれど、白人層を掴んだ黒人サウンド、いわゆる西洋音階的なポップをメロディに取り入れているブラック・ミュージック。これが最高だった(ここにエレクトリックギターの歪みを拡張して加えたのがロックだ)。その意味で、ブルーズは、ギターやハーモニカ、ピアノの音の鳴り、そしてボーカル、佇まいはとてつもなくカッコいいけれど、音楽的には限界があった。瞬間芸であり、リピートにはさほど耐えない。たまに聴くならいい、といったところだ。マディ・ウォーターズでさえも。
 この世界にはまると普通のロックがちゃんちゃらおかしい子供騙しに見えてきて、かなりロックは淘汰される。ブラックミュージックという怪物にきちんと対峙したものでないと、それは女子供の玩具でしかない。その中でやはり、ビートルズ、とりわけジョン・レノンだけが、何をも凌駕して惨然と輝いていることを再確認した。
 というわけで、今日の名曲は、初期ジュリー・エレクトロが「レイン」と共にカバーしていたことでも知られる「ドント・レット・ミー・ダウン」をお送りします。

c0005419_2316371.jpg
(THE BEATLES『Past Masters Volume Two』M-10)

by ichiro_ishikawa | 2004-11-29 23:13 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< コスキヨ来日公演迫る 最近聴いている名曲 >>