世と俺の接点2007

1月
LIVE「CSS(Cansei de Ser Sexy)」初来日(渋谷)
■落語「志の輔らくご in PARCO 2007」(渋谷PARCO)
LIVE「バンバンバザール」(東京メトロ銀座駅内コンコース)
■映画『ディパーテッド』
CSSの発見は事件だった

2月
■映画『硫黄島からの手紙』
奈良・京都探訪
■LIVE「ヨ・ラ・テンゴ」(渋谷オンエア・イースト)
池田晶子逝去
池田晶子の死はまだ納得がいかない

3月
■映画『ドリームガールズ』
本『俺はあやまらない』福田和也

4月
LIVE「バンバンバザール」(千葉・まとい亭ギグ)
■映画『吠えろ!鉄拳』(鈴木則文/真田広之、志穂見悦子、千葉真一)
■本『小林秀雄とウィトゲンシュタイン』中村昇
■CD『ザ・コンプリート・スタックス/ヴォルト・シングルズ1959-1968』
DVD『ドント・ルック・バック 〜デラックス・エディション〜【完全生産限定盤】』Bob Dylan
外付けハードディスク急逝

5月
■北海道探訪
■日本ハム×オリックス観戦(札幌ドーム/ビルダッシュ完投勝利)
ハワイ偵察

6月
■トーキングライブ「ピーター・バラカン」(銀座アップル)
■映画『ゾディアック』
■本『リマーク 1997-2007』池田晶子
■7日、俺36歳(プリンス49歳、パチョレック47歳)

7月
■巨人×広島(東京ドーム/黒田完投勝利)
■映画『ボウイ&キーチ』
■映画『マラノーチェ』
■本『古事記(日本の古典をよむ 1)』
※小学館『日本の古典をよむ』シリーズ刊行開始
■本 『平家物語(日本の古典をよむ 13)』
DVD『アトランティック・レコード:60年の軌跡』
■本『吉本隆明 自著を語る』吉本隆明
■本『暮らしの哲学』池田晶子

8月
トーキングライブ「ピーター・バラカン」(池袋マイルスカフェ)
■CD エイミー・ワインハウス『バック・トゥ・ブラック』

9月
■映画『長江哀歌』
■映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』
■本『日本書紀 上 (日本の古典をよむ 2) 』
■本『日本書紀 下、風土記(日本の古典をよむ 3)』
■本『アラン・ローマックス選集 アメリカン・ルーツ・ミュージックの探求 1934-1997』アラン・ローマックス
デス・プルーフ in グラインドハウスは俺パルムドール

10月
■映画『ブラック・スネーク・モーン』
■ トーキングライブ「ペドロ・コスタ×諏訪敦彦」(青山abc)
本『方丈記、徒然草、歎異抄(日本の古典をよむ 14)』
■CD『多羅尾伴内楽團 Vol.1&Vol.2 30th Anniversary Edition』
本『私家版・ユダヤ文化論』内田樹

11月
■LIVE「バンバンバザール」(高円寺ジロキチ)
■映画『大統領暗殺』
■ムンク展
■トーキングライブ「ピーター・バラカン」(池袋マイルスカフェVol.2)
■本『枕草子 (日本の古典をよむ 8)』
本『「三十歳までなんか生きるな」と思っていた』保坂和志

12月
■映画『ここに幸あり』
■LIVE「ケイ赤城トリオ」(青山・自由が丘タイム&スタイル)
■舞台「座頭市」コマ劇場
映画『アイム・ノット・ゼア』
■CD アリーサ・フランクリン『レア・レコーディングス』
■本『This Is Your Brain on Music: The Science of a Human Obsession』Daniel J. Levitin
■本『宇治拾遺物語、十訓抄(日本の古典をよむ 15)』
■DVD『 “GIGS”BOX』BOφWY
新作CDはついに4枚で終了。純粋な新録は1枚。音楽業界危うし。ケイ赤城(晩年のマイルスバンドのピアニスト)の杉本智和、本田珠也とのトリオは凄まじい。イオセリアーニは初めて観たが(『ここに幸あり』)、すげえいい。また、「Oh! My Jully」ライヴバージョンはとんでもねえ


2007年総括
池田晶子の死で、頼れる生身の人間がいなくなったので、いよいよ自分でなんとかするしかなくなった。

by ichiro_ishikawa | 2007-12-31 14:20 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< エッセイ「年末年始と俺」 Rock of The Yea... >>