ダンス・ダンス・ダンス


 今年に入って、俺の中でものすげえニューヨーク・ファンク・ブームが来ていることを知っている人は、俺の歩くステップが微妙にグルーヴィーになっていることに気づいている人で、おそらくそう多くはない。
 ファンクとは、ジェイムズ・ブラウンを祖とし、ミーターズ、スライ&ザ・ファミリーストーン、ファンカデリック、グラハム・セントラル・ステーション、クール&ザ・ギャング、プリンス、アヴェレージ・ホワイト・バンド、ザップなどとそのリストが綿々と続く、バックビート(裏拍)の取り方が絶妙な演奏主体のブラックミュージックだ。
 だが今、俺の腰をくねらせているのは、中でも、ニューヨーク寄りのファンクで、それはつまり、ちょっとスマートで、ある意味、地味なファンク、一見あまり熱くないファンクだ。その演奏はズバリ、タイトでクール。
 
 そのひとつが、スタッフ。8ビート基調のスウィンギーなビートを叩き出すスティーブ・ガッドのドラム。リチャード・ティーのこってりフェンダーローズ、コーネル・デュプリーとエリック・ゲイルのドライでウェットなギター、ゴードン・エドワーズのうねりまくりのベース! 超一流のスタジオ・ミュージシャンが集結したからスタッフという名前になったというのもいい。無私の精神が感じられよう。
c0005419_22504848.jpg
「Foots」(1976)

 もうひとつが、Chic(シック)。スタッフと違い、誰もが知っているメガヒット・バンドで、メガヒットバンドを敬遠するというのは本質射抜きファンにとっては常道なのだけれど、ことシックに関してはそれは誤った判断だ。
 レイト70sのディスコブームに乗って登場して大ヒットを連発したため、コアなブラック・ミュージック・ファン、特にスタックスとかを好む南部のディープなファンは、Chicには背を向けそうだが、実は数多のディスコ・バンドとは明らかに一線を画している。
 それは、ナイル・ロジャースのギターと、バーナード・エドワーズのベースがすげえからだ。特に、バーナード・エドワーズのベースはすげえ。すげえぶっとく、粘っこく、グワッとグルーヴィー。ナイル・ロジャーズのギターは、ほとんどカッティングなのだが、ドライかつシャープに、小さい音で、ティッティキ、ティッティキなっているところがたまらない。また、両者とも間(ま)、つまり、黙り方がすげえ。
 Chicはおしゃれだから、上に、ストリングスや女性ヴォーカルが乗っていて、世間はそこをまず聴くし、そのキャッチーさとおしゃれさとノリの良さで、もの凄いセールスを記録したのだろうが、その上モノとノリを生かしているのは紛れもなく、底でうねっているギターとベースとドラムのすごさで、その辺りに当然気づいたデイヴィッド・ボウイやミック・ジャガーは、80sの自身のアルバムのプロデューサーにナイル・ロジャースを起用し、延命措置を施している。
 シュガーヒル・ギャングにサンプリングされてヒップホップ誕生に一役買っている「Good Times」をはじめ、「Dance, Dance, Dance」、「Everybody Dance」、「Le Freak」、「I Want Your Love」と、本当にギターとベースとドラムがすげえいい。

 特に「Dance, Dance, Dance」、5分28秒あたりから約1分続く、ギターとベースとドラムだけの間奏部、ものすげえ。ギターの音、すげえのに音がちいせえ。それがえれえかっけえ。ベースうなりすぎ。その1分をずっとループさせたとしても、1時間はもつ。ああ、すげえ。

c0005419_2237077.jpg
「everybody dance」
c0005419_22371950.jpg
「Good Times」
c0005419_22374040.jpg
「Le Freak」

by ichiro_ishikawa | 2008-01-26 21:24 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 歴史について 左腕ベスト5 >>