Elvis Costello ベスト5


c0005419_1713519.jpg
 
声、ツラ、ギター、リズム、ダンス、曲、歌詞、歌、センス・オブ・ヒューモアと、すべて完璧なエルヴィス・コステロ。その初期〜中期の作品群からベストビデオを、満を持してセレクトした。5曲に絞ろうと思ったが、だいぶオーバーしてしまった。順位を付けようとしたが、全部1位になってしまったので、時系列に並べた。


Alison (1977)
c0005419_181681.jpg初のテレビ出演映像らしい。デビューですでにこのレベル。


Red Shoes (Live TOTP 1977)
c0005419_18163113.jpg超初期。21歳。完成度たけえ。すでに超大物の兆し、はげの兆しが。


Pump It Up (1979)
c0005419_160084.jpgステップが秀逸。内股ロックの金字塔。


(I Dont Want To Go To) Chelsea (1979)
c0005419_16019100.jpgおそらく「Pump It Up」と同セッション。ステップが秀逸。


Rado Radio (1979)
c0005419_1604562.jpgリリース当時にサタデーナイトライブに出演したときの演出を、同番組再出演記念としてセルフ・パロディしたビースティ・ボーイズとの共演も、いい。


Oliver's Army (1979)
c0005419_161254.jpg曲がすげえポップ。


Peace Love and Understanding (1980)
c0005419_1614535.jpgオリジナルはニック・ロウだが、コステロ・バージョンがやはり最もすげえ。遠くからゆっくりと歩いて来るオープニングの演出がすげえいい。エンディングで「Peace」のところでドラムスのピート・トーマスがピースサインを、「Love」でキーボードのスティーヴ・ナイーブがハートに拳をあて、「Understanding」で、ベースのブルース・トーマスが頭に指をあてる。


I Can't Stand Up For Falling Down (1980)
c0005419_1621163.jpgコステロとアトラクションズの面々のダンスがすげえ、いい。超秀逸。コステロのコート、シャツとチョッキもいい。


High Fidelity (1980)
c0005419_1622918.jpg本と映画にもなった佳曲。相変わらずステッブ、ダンスがすげえいい。マイクを上に投げたり、マイクを持つ指を小指から順に上げていく仕草もかっけえ。


Love For Tender (1980)
c0005419_1624816.jpgステップ、指の動きがすげえいい。ロケ地もいい。


Possession (1980)
c0005419_16368.jpg車のウィンドウをおろして歌い出す演出がいい。ロンドンの曇天もいい。コステロのコートもいい。


New Amsterdam (1980)
c0005419_1633184.jpgアクースティック・ギターと皮コートがいい。上の写真はモリッシーではなくコステロ。


Good Year For The Roses (1981)
c0005419_1634961.jpg初期の名バラッド。コステロの横の少年の居方もいい。


Clubland (1981)
c0005419_164611.jpg地味にすげえいい曲。


Man Out of Time (1982)
c0005419_1643119.jpgPVがなかったので、TVのライブ。コステロは低音がものすげえいい。すげえ静かに盛り上がっている。


Everyday I Write The Book (1983)
c0005419_1645183.jpg超名曲。頭が切れているのが惜しい。グレーのスーツと黒いシャツがすげえかっけえ。相変わらずステップと手がいい。


Let Them All Talk (1983)
c0005419_1651181.jpg80年代はなぜか必ずサックスが入る。管の4人の近さがいい。「Dreamin'」のイントロはこの曲のパクリ(のはず)。


The Only Flame In Town (1984)
c0005419_1652946.jpgコステロはしゃべり声もすげえいい。イントロのコステロの指パッチンがかっけえ。ダリル・ホールと共演したこのPVはラモーンズの映画『ロックンロールハイスクール』のアラン・アーカッシュが監督。DVDでは、眼鏡をかけていないコステロ・バージョンの別PVが見られる。


Veronica (1989)
c0005419_1654933.jpg超感動。



c0005419_17455439.jpg
「ヴェリー・ベスト・オブ・エルヴィス・コステロ」
コステロの解説やボーナストラックが秀逸。

by ichiro_ishikawa | 2008-03-30 15:08 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< R.E.M. ベスト5 無私の精神 >>