特集「大滝詠一ベスト5」

①福生ストラット(パートII) 『ナイアガラ・ムーン』(1975年)収録
②あつさのせい 『大滝詠一』(1972年)収録
③ハンド・クラッピング・ルンバ 『ナイアガラ・ムーン』(1975年)収録
④シャックリママさん 『ナイアガラ・ムーン』(1975年)収録
⑤楽しい夜更し  『ナイアガラ・ムーン』(1975年)収録
⑥いつも夢中 『ナイアガラ・ムーン』(1975年)収録
⑦CIDER '73 '74 '75 『ナイアガラ・ムーン』(1975年)収録
⑧びんぼう 『大滝詠一』(1972年)収録
⑨ロックン・ロール・マーチ 『ナイアガラ・ムーン』(1975年)収録
⑩ウララカ 『大滝詠一』(1972年)収録


 思いきり片寄った。大名盤『ロング・バケイション』から1曲も入らないという。まあ、こうしたベスト5ものは、日々の気分で左右されるものなので、そも、あまりシリアスな順位付けはしていない。

 以下、「すごい」としか言ってない解説。

①ニューオリンズ・サウンド爆発。本家ミーターズも舌を巻くド・ファンキー・グルーヴィー・ロックンロール・チューン。「♪フッサ、行きの、切符買って〜」のノリが最高。ついでに、「♪おーまも りーに」のコーラスもカッコいい。日本語をここまでグルーヴさせる手腕、ただの手や腕じゃない。驚愕としかいえない。

②本ブログ1/26付・不定期連載「このボーカルがすごい」参照

③「♪ヘーン、クラップ、ヘーン、クラップ、ッルンバッ」のノリが最高。「♪水道蛇口ひねるとジャーだよ拍手手拍子、いつでもホカホカご飯はジャーだよ拍手手拍子」という歌詞の内容の無さにも驚かされる。

④本ブログ2/24付・不定期連載「このシャックリがすごい」参照

⑤特にメロディが凄い。凄いポップチューン。「♪たのしいよ」のコーラスも楽しい。

⑥「グンナイベイビー」でお馴染み日本が誇る激凄コーラスグループ、キングトーンズとの共演。「♪ジニジニバ、ジーニジニバッ」のコーラスが面白凄い。コーラスが大滝のメインボーカルよりやや前に出たミックス加減もいい。大滝の唄うメロディーラインの旋律も物凄いことになっている。聴いていると物凄すぎて顔が紅潮して汗が出てくる。

⑦CM曲。すげえサイダーが飲みたくなってくる。完璧なCMソング。これはクライアントは仰天だろう。売り上げが500%伸びたという(推定)。メロディーがキャッチーだが奥深い。とんでもないメロディーメーカーだ、大滝は。

⑧「福生ストラット」と同様、ウルフルズがカバーしたことで有名なファンキーチューン。「♪あせだ、クニッ! クニッ!(汗だくに)」や、「♪宝クジッ!クジッ!」、「♪食べるニクニクッ(肉)」と、またしても日本語のリズムとメロディーの乗せ方が、グワッと憎い。

⑨またしてもニューオリンズ・サウンド爆発。腰をくねらせながらウキウキ大行進したくなる。また途中のエルヴィス・プレスリーの物真似がすごい。サビの「♪ロックンロール・マーチ」に対する「♪ゴー!ゴー!」というバカコーラスも気分を高揚させる。

⑩フィル・スペクタープロデュースの「ダ・ドゥー・ロン・ロン」へのあからさまなオマージュ。こんなにもあの「ポップネス」を自分のものにできるとは、どんだけ50〜60'sアメリカンポップスに造詣が深いんだ、という驚きのナンバー。

by ichiro_ishikawa | 2005-02-25 20:49 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 「アメリカン・ポップミュージッ... 不定期連載「このシャックリがすごい」 >>