久々に引っかかったJ-POPチューン


 ル・ジャンビング・ルート10バンドのボーカル&ギターからのたれ込みで知った、アムロックこと安室奈美恵の新しい吹き込み「New Look」が、いいつけ。
 元々、声は嫌いじゃなかったが、小室の曲が全然ダメだったし、彼女がデビューしたころ、俺はとっくに大人だったので、日本の下らねえ音楽はほとんど聴いていなかった。
 とはいえ、俺も俗に生きている以上、それぞれ聞きかじってはきているので(だって勝手に流れて来るじゃないか、いい迷惑だ)、アムロックが、アイドルの常套で、その時その時の時流に乗ってスタイルをころころ変えて来たことは知っている。最近はヒップホップ、R&Bの日本解釈路線である事は薄々感づいていたし、マライアン・キャリーやビヨンセあたりを参考にしているのだろう、ぐらいの見当はついていた。
 アムロックがやれば何でもサマになるからそれはそれでいいのだけれど、参考にしている原典自体がやはりつまらないので、どうしたってサマどまりだった。
 今回の曲は、60sモータウン風ガールポップを意識したポップチューンで、まず曲がいい。そして声がいい。のち、YouTubeで検索してみたら、当時をポップにパロった踊りと振り付け、メイクとヘアースタイリスティックスもいい事が発覚。
 とにかくアムロックのロー・キーでの余裕の歌唱がいいが、サビの、最高音パートと思われる「気になるカバーガールの、よ・お・な」の、ギリギリな感じのセクシーさが特にいい。全体のキーをあげたバージョンも聴いてみたい。CDは、調子に乗るから買わない。YouTubeで充分だ。

c0005419_0364363.jpg

by ichiro_ishikawa | 2008-05-25 00:28 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 下柳、1日で5勝 バタバタしていた俺が悪い >>