ボノと諭吉

c0005419_1642578.jpg


 ボノが5月27日(火)、慶応義塾大学から名誉博士号を受けた。言わずもがな、慶應と言えば福沢諭吉、福沢諭吉と言えば、「学問のすゝめ」、「文明論之概略」、「福翁自伝」、そして「アメリカ独立宣言」の訳者なわけだ。俺はいずれの著書も最初の数ページしか読んでいないし、実生活においては圧倒的に野口英世の方に親しいので、福沢を語る資格もないのだが、小林秀雄が、「福沢諭吉」(1962年)、「天という言葉」(1962年)、「常識について」(1964年)で、福沢諭吉について書いていて、その3作だったら何十回と読んでいるので、かなり福沢には愛着があるのだった。
 実は、ボノきっかけで福沢の凄さを思い出し、その偉業をここに記そうと思って筆をとったのだが、執筆途中で「あ、これは結局、小林秀雄の全文書き取りだ」と賢くも見抜き、止めた。

 慶應と聞いて、すぐ思い出すのが、慶應義塾が、塾長か誰だかが言ったという次の名セリフだ。
「うちでは専門センスなぞというつまらぬものは教えない、コンモン・センスだけを教えている」

 小林はこの話を聞いて、「歴史の真理が閃くような話だと思った」、「コンモン・センスは、福沢諭吉の思想の礎石の如きものであった」と書いている(「常識について」)。コンモン・センスとは、日本で「常識」と訳された英語の原語で、塾長か誰だかのセリフは、大正の初めころに、コンモン・センスに対抗して専門センスという言葉が大いに幅を利かした事に腹を立てての言だ。

「常識について」は、「考えるヒント2」収録の大名文で、実は福沢の登場はさわりだけで、デカルト、孔子、伊藤仁斎がメインなのだが、中心はデカルト批評だ。デカルトと言えば、“人口に膾炙する事、ソクラテスの「汝自身を知れ」と並ぶ”(池田晶子)、「我思う、故に我あり」でお馴染みの「方法序説」を書いた人だが、小林に言わせれば、これはタイトルの訳がまずいらしく、「方法の話」と訳しておけばいいらしく、もっと大胆に「私のやり方」と砕いて訳した方が、もっといいとのこと。つまり、デカルトのやり方とは、常識を駆使する事なのだった。

 この、常識、つまり「中庸」という言葉は、小林秀雄の核であり、言葉は易しいが、そこには恐ろしく深いものがしみ込んでいるので、ここ数ヶ月、俺は、この「常識について」の文章をノートに抜き書きして、じっくりと注意深く眺めて、日々を過ごしているのだが、それよりも、サクセスブロッケンという、まず目の前の事を処理しなければいけない。

by ichiro_ishikawa | 2008-05-29 03:12 | 文学 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ボ、死す 下柳、1日で5勝 >>