プレーンソング

 もはや書を捨ててWINSにばかり通っていることで、いろいろな人が離れていったが、実はこっそり古典を丹念に読んでいるし、福田和也「昭和天皇」にも取りかかっているので、思うところは結構あるから、馬以外にも話したい事は山ほどあるのだが、話す相手が生憎(あいにく)いないので、こうしてたまに己が心に語りかけているのだけれど、ずっと好きだった保坂和志のデビュー作「プレーンソング」をやっと読んだことを、てめえに報告したい。

 なぜこれまで手に取らなかったかと言えば、ネコが出て来るからだ。俺はネコとか少年とか若い女とか出て来るのが嫌いで、特に恋愛とか青春とか苦悩とか人殺しとか自殺とかもダメ、さらに人の心理描写や、告白も嫌いなので、そも、大抵の小説は嫌いなのだけれど、保坂は、いい。とはいえ、やはりネコとか出されると読む気が失せてしまう。
 じゃあ、なぜ読んだかと言えば、主人公が競馬に行くからだ。

 この小説は、競馬仲間との話とネコの話が、交互に綴られていて、競馬のところだけ丹念に読み、ネコの部分は、ストーリーは追わず、「おっ」と思うところだけ抜き読みした、という寸法だ。保坂の事だから、その2つは最後までリンクしねえなとは感づいていたし、そも、いわゆる、ストーリーというものがない事も承知だったから、特に問題はないわけだ。

 とはいえ、そんな感じで一読した後、もう一度、今度はすべてをちゃんと読んでしまった。ネコの可愛さとかは、全然分からないのだけれど、やはり、文章が秀逸だ。何気ない会話や描写は、そこに何か深い意味を宿らせているわけでもなく、クールで知的だが、村上春樹的なハードボイルドを気取ったいやらしさもなく、ただ、「いる」ところが、いいのだった。何も起こらない、普通の日常がリアルでいい、のではない。もちろん過剰なドラマ性よりはましだが、そんな低レベルな、普通さ、ではない。虚無、悲観や楽観、客観や主観、そういうどうでもいいことが一切無い、そこが、いい。じゃあ、何があるのか。……無私かもしれぬ。

 保坂の小説は、本質的な意味で、明るく、元気がある。
 

by ichiro_ishikawa | 2008-08-21 01:53 | 文学 | Comments(3)  

Commented by K本 at 2008-08-21 20:19 x
奇しくも顔が春樹似。中村橋は何も起こらない街だよ。
Commented by 当人 at 2008-08-22 02:18 x
多分100年後、中村橋は文学旅の名所になるな。
Commented by わど at 2008-10-18 18:05 x
はじめまして。この社会じゃ無私は「バカ」の別名ですが、精神分析とか禅とかでは「自由」?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 10勝記念・下柳写真集 貴重映像緊急入手 >>