2017年 09月 06日 ( 1 )

 

身体言語と暴力


1987年のドラマ「親子ジグザグ」で、博多に帰るため羽田空港に行く駅に向かつて一人歩いてゐる母(ババア=李麗仙)、それを息子(勇次=長渕剛)がバイクで追いかけて止め、形だけの態で軽い餞別を渡すといふ、ドラマ史上に残る名シーンがある。


この母と息子の間には、それまでに散々色々とあつたわけで、当人にしかわからない微妙で複雑な関係があるのだが、詳述すると長編小説になるのでここではできないが、簡潔に記す。


やんちやな勇次は田舎の博多を早々に捨て東京で暮らしてゐたが、実は田舎に、或る女性との間にできてゐた子供がゐた。勇次はそれを知らないで上京してゐた。女性は勇を産んですぐに亡くなつたため、ババアがその勇次の子供(勇=伊崎充則)を小学校にあげるまで博多で育ててゐたのだつた。

そんな事実をつゆ知らない勇次にその勇を引き渡すため、ある日ババアは上京。勇次の反対をよそに彼の住まいに寝泊まりしながら、独特のやり方で勇次のハンパな性根を叩き直し、これなら大丈夫だといふところまで見届けてから、勇を置いて、一人博多に帰る、といふわけだ。


それが冒頭のシーン。


手土産を渡し、義務が済んだとばかりに帰らうとする勇次だが、ババアの姿を見ると、その場を離れられなくなつてしまふ。そんなセンチメンタルな勇次に対してババアは、「しつかりせんか!」とビンタ一閃。

かくして、ババアは博多へ、勇次は東京の自宅へ、それぞれ逆方向に帰つていく。


俺の筆力だとこの名シーンぶりが限りなく陳腐になつてしまふが、要するに、日野皓正の中学生ドラマーへのビンタは、親族ないしそれ相当の関係性の上のみに成り立つこの種の「身体言語」である。俗に言ふ愛のムチだ。


しかし世間には、

「これは明白な暴力行為で刑事罰が相当ですし、民事責任も全うすべきと思います。また、指導者が年齢や権威によって、更に暴力行為によって子どもの表現活動を抑圧したことは明白であり、再発防止のために何が間違っていたのかという議論と検証が必要と思います」

などとのたふ御仁もゐて、まづい。


なんでもかでも暴力と括つてしまへば、深く考へなくて済むから楽だらうが、人間のコミュニケーション力は退化し、さらには逆に法の目を盗んだ暴力が瀰漫していき、世界は荒廃して行くだらう。



by ichiro_ishikawa | 2017-09-06 09:22 | 日々の泡 | Comments(0)