カテゴリ:音楽( 377 )

 

ロッキング・オンと俺

前回の続き

俺は増井修フリークだったので、
本書『ロッキング・オン天国』に書かれている事はほぼ知っていた事だが、知らなかった事は前述した詳しい収支と、それからもう1つは、「ロッキング・オン・ジャパン」創刊時の驚くべきエピソードだ。

渋谷陽一が創刊前に、社員に加えデザイナーや関係者を集めて行なった会議で、渋谷はBOØWYの「B.Blue」のPVを流し、「ここまで日本語が乗っているロックが発明されてしまったからには、もはや邦楽を別物として傍観していられない」という状況説明をする予定だったのだといふ。
(予定だった、といふのは、実際には誤って裏ビデオ「洗濯屋ケンちゃん」が流れてしまったらしい)

好調「ロッキング・オン」だけで充分成り立っていたのに、あえて「ロッキング・オン・ジャパン」創刊に踏み切った(雑誌の創刊はバクチ)のは、BOØWYの登場で日本のロックがマーケットにおいて洋楽を確実に駆逐することを予見しての事だったといふことだ。
(ロックが当たり前、むしろ古いみたいになっているいまからすれば、いかにも前時代的といふか、もはや神話のようなエピソードと思われるやもしれぬ)

ロッキング・オンとBOØWYは相容れない印象があるが、さすが渋谷陽一はいろいろ見抜いていた。
といふ事が分かった。

BOØWYは「ロッキング・オン・ジャパン」創刊後、雑誌が軌道に乗る前に解散してしまふが、その後も、COMPLEXや布袋寅泰への秀逸なインタビューを渋谷は行っている。



by ichiro_ishikawa | 2016-05-29 20:15 | 音楽 | Comments(0)  

ロッキング・オンと俺

増井修『ロッキング・オン天国』(イーストプレス)読了。

c0005419_02450981.jpeg

増井修は1990〜1996年、月刊洋楽誌「rockin'on」が最も
売れていた時代の、二代目編集長。
当時19〜25歳の俺は、オビ惹句にもあるやうにそれこそ「むさぼり読んでいた」。

そも「rockin'on」で批評といふものに目覚め、渋谷陽一→吉本隆明→小林秀雄に行き着いたのだった。

批評とは他者をダシにてめえを語る事。
この小林秀雄の方法は、渋谷陽一が、rockin'onが、ロックを対象に採用した方法で、二代目編集長の増井修も渋谷とはタイプは違うものの、その根本は受け継いだ。

俺は増井修の文章とキャラ、ユーモアが好きだった。
彼のラジオ「ロッキン・ホット・ファイル」も毎週録音して聴いていた。

好きが高じて1995年に入社面接も受けている。
課題作文は増井修のスウェード新潟ライブレポートを素材に書き、面接は、増井修が前列中央で進行役、後列に渋谷陽一、佐藤健、山崎洋一郎、宮嵜広司が二列に並んで座っていた。そのレイアウトをよく覚えている。

残念ながら失格で、かつ大学も留年し、翌年も留年したのだが、今思へば良かった。
入社していればきっと激務に耐へられず数年で退社し、なんとかフリーの音楽評論家となるも、鳴かず飛ばずで、今頃路頭に迷っていただらう。
そも30過ぎてから急速に興味がブラックミュージック、ジャズに変化していったし、今のロッキング・オン社のフェス中心の事業展開にもついていけなかったはずだ。

実際、俺は1997年からロッキング・オンへの興味は衰え始め、1999年には購読を止めた。
「cut」も「H」も創刊から数年間は定期購読していたが、1999年頃、誌面が女性誌、ジャニーズ誌みたいになってきて購読を止めた。

いまは「SIGHT」だけ毎号購読している。
結局俺は渋谷陽一の批評、文章が好きなのだ。
小林秀雄みたいだからだ。

そんな俺のいはば青春時代の7年間(浪人〜大学6年)の愛読雑誌の編集長による当時の話が、20年の時を経て聞ける、本書『ロッキング・オン天国』は、さういふ本であり、俺のために刊行されたやうなものだ。
他の人が読んでもさっぱり面白くないだらう。
俺だけが途轍もなく面白い。

本書の凄いところは、
ある一年、10万部を超えた全盛期の、
雑誌の売り上げ、収支がグラフ付きでまんま開陳されている事だ。辞めた人間によるこれは、果たして許されるのか、他人事ながらドキドキしている。
もしかしたらロッキング・オン社からクレームがつくやもしれぬ。さうしたら回収だらう。

しかし、この収支表が面白い。
俺はいまの仕事柄、雑誌や本の収支に明るいが、
この出版不況甚だしい今日からみると、半ば妄想のやうなグラフであり、みていると涎がでてくる。

(続く)




by ichiro_ishikawa | 2016-05-29 02:04 | 音楽 | Comments(0)  

山下久美子著『ある愛の詩』

c0005419_00011312.jpg


山下久美子著『ある愛の詩』(幻冬舎)読了。
2002年に出ていたのだが、今初めて読んだ。
何故当時読まなかったかと言へば、
ズバリ、忙しかった。
それと、ゴシップや告白といふものを、好かないからだ。そも幻冬舎が嫌ひなのだ。
何故今読んだかと言へば、
何か一周したと言ふか、
布袋ファンであり、布袋と出会う前からの今井美樹ファンでもあり、かつ山下久美子ファンであった俺は、彼らのプライベートに触れることは、してはならぬ事のやうに感じていた。
のだが、別れを対象化した山下久美子を、時を経て少し対象化できたからである。




布袋寅泰著『よい夢よ、おやすみ』(1994年、八曜社)がBOØWY後から1993年までの布袋自伝で、布袋の作品と併読することでその期間の事はあらかた分かっていたが、山下久美子目線でその頃の事を見ることになった。

ハイライトは2つ。
BOØWY『Just A Hero』から『Guitarhythm IV』期の舞台裏(レコーディングの合間の布袋の足取りなど)といった貴重なロック史の一部が明るみに出たこと。

もうひとつは、
布袋が自宅の地下スタジオのピアノで一晩で一気に書き上げたという、よく知られた「Pride」誕生秘話があるが、その完成直後のデモテープを当時の妻、山下久美子が盗み聴きしてしまっていた、というエピソード。おそらく布袋自身、本書で初めて知ったことだらう(読んでいれば。たぶん読まない)。


しかし、ハイライトの開陳はそのぐらいにして、
本稿を起こそうと思った理由と、骨子は、以下のことである。

本書『ある愛の詩』では、当然のことながら『よい夢よ、おやすみ』での布袋目線では綴られなかった事が多々書かれており、新しい発見が散見される。
だが、いちばん重要なのは、布袋目線で語られていた同じ事を、山下久美子目線でも語られるのを読むにつけ、物事の両面といふものがよくわかったといふことだ。


1987年BOØWY解散、1990年complex解散、1996年離婚と、布袋は10年間(25歳〜34歳)で3度も途轍もなく大きな別れを経験しているといふ事を改めて思った。
その10年は、布袋の才能が大爆発した時代だった。

氷室京介、吉川晃司、山下久美子。
どれも途轍もない個性の持ち主。
当の布袋がまた途轍もない。

別れの理由の本質は三者とも同じようなものだ。
そも、その別れと同じ理由で出会っているのだった。

人間は対等を求めあうが、対等では生存しあえない。どこかで従属関係ができあがらなければ、共存はできないのだと思い知った。

才気あふれる売れないバンドのギタリストと、ロックの女王の名をほしいままにしていた大物シンガー。そんな「釣り合った」関係が、音楽シーンを塗り替えて億を稼ぐ元BOØWYのギタリストにしてギタリズマーと、大物シンガー、という関係へ変わる。
ギタリズムからよりポップなフィールド、そして世界を目指すギタリストに釣り合うのは、そんな才能へのリスペクトといふ形でハナから登場したポップシンガーであった。


布袋と山下久美子(氷室京介然り、吉川晃司然り)は互いにあまりにもロック過ぎた。
ロックは孤独を全うするものだから別れは必然である。別れをはらんで出会い、そして自ら欲するかのごとく別れたのであった。


先日、本ブログで山下久美子の事を綴り
布袋との1986〜1988が最高傑作で以下、惰性といふ意味の事を書いたが、
それは、まさしく私生活での絶頂期でもあった事が分かった。それは夫婦といふより恋人同士の関係なのであった。
が、いまそう書いたことを反省している。
作品至上主義としては間違いないのだが、
「ああ、人生…」といふ、もののあはれを重んじる俺としては、そう言い切ってはいけなかった。


これからの山下久美子のギグはすべて行かねばならぬ。

c0005419_00011302.jpg







by ichiro_ishikawa | 2016-05-24 23:31 | 音楽 | Comments(0)  

氷室京介ラストギグ観賞


c0005419_02005090.jpg


会社を早退して氷室京介ラストギグ観賞。
先日本ブログでUPした俺ベストからは一曲も披露しなかったし、最悪の音響であったが、
最後のギグを見届けることに意義があった。


氷室京介
「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」
2016年5月23日 東京ドーム

01. DREAMIN'
02. RUNAWAY TRAIN
03. BLUE VACATION
04. TO THE HIGHWAY
05. BABY ACTION
06. ROUGE OF GRAY
07. WELCOME TO THE TWILIGHT
08. MISS MYSTERY LADY
09. "16"
10. IF YOU WANT
11. LOVER'S DAY
12. CLOUDY HEART
13. LOVE & GAME
14. PARACHUTE
15. BANG THE BEAT
16. WARRIORS
17. NATIVE STRANGER
18. ONLY YOU
19. RENDEZ-VOUZ
20. BEAT SWEET
21. PLASTIC BOMB
22. WILD AT NIGHT
23. WILD ROMANCE
24. ANGEL

アンコール1
25. The Sun Also Rises
26. 魂を抱いてくれ
27. IN THE NUDE
28. JEALOUSYを眠らせて
29. NO.N.Y.

アンコール2
30. VIRGIN BEAT
31. KISS ME
32. ROXY
33. SUMMER GAME

アンコール3
34. SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL
35. B・BLUE

最後の曲は、「B・BLUE」。

〈もう一度笑ってよTO THE BOYS & GIRLS〉
の〈GIRLS〉をレコード通りあげて歌った。
しかも一番も。完全燃焼の覚悟だったのだらう。


いつになく笑顔の多いギグだった。時折感極まり顔を歪ませる場面があったが、すぐに押し殺して笑顔に変えて見せた。
27歳の19871224の時はワンワン泣いてたが、
55にもなって泣くのもみっともない、との思いだらう。


曲数こそ多いものの、実にあっさりというか、
さっぱりした、清々しいラストギグだった。

俺、15歳から44歳までの30年間、常にどこかに存在していた「氷室京介」が、カッコいいまま、終わった。







by ichiro_ishikawa | 2016-05-24 00:17 | 音楽 | Comments(0)  

20160523氷室ラストギグに布袋が出る可能性

0%。

19880404,05のBOØWYのラストギグズ
あれがファンサービスとしての奇跡的な再結成…。



19871224、渋谷公会堂。
別れたくないのに別れざるをえないといふ悲劇。

c0005419_19332394.jpg


c0005419_19332313.jpg




おそらく氷室は布袋と演りたい。
でも演らない。
何故なら別れたから…。
ああ、人生…。


悲劇とは単なる失敗でもなければ、過誤でもないのだ。それは人間の生きてゆく苦しみだ。悲劇は、私達があたかも進んで悲劇を欲するかの如く現れるからこそ悲劇なのである。
(「感想」小林秀雄、1951年、讀賣新聞)



by ichiro_ishikawa | 2016-05-17 19:14 | 音楽 | Comments(0)  

SQUEEZE Elephant Rideギターコード

SQUEEZE  Elephant Ride
(Difford/Tilbrook)


Am A Am A

Today is none of our concern
Am A Am A
Today is none of our concern
Am A Am A
Today is none of our concern
Am A Am A
Today is none of our concern

A
That rewarding cigarette
F#m Dm A
That burns slowly by the bed
A
Fills the room with mystery
F#m F
The apple ripens on the tree
C#m Bm (7th Fret) (or a high E)
That protected seal of love
G#m Bm (2nd Fret)
Broken by the flame of fun
A Am
Lying back with Exodus
A
In the arms of lovers trust

Am A Am A
Today is none of our concern
Am A Am A
Today is none of our concern

E E7
That romantic dance of light
A E
From the curtain broken night
E7
Shadows fall on mystery
A F
Love has ripened here for me
C#m Bm (7th Fret) (or a high E)
Stubbing out the cigarette
G#m Bm (2nd Fret)
I see the clothes beside the bed
A Am
As the half light of the day
A
Pulls the sheet up once again

Am A Am A
Today is none of our concern
Am A Am A
Today is none of our concern

E
As the phone hangs by the cord
Am E
As the streets begin to fill
There's no distance anymore
F#m Dm
There's no wanting when you will
C#m Bm (7th Fret) (or high E)
We'll be sleeping through the day
G#m Bm (2nd Fret)
As the world around us turns
A Am
As the phone hangs by the cord

A Am A
Today is none of our concern
A Am A
Today is none of our concern
A Am A
Today is none of our concern

E
Today.

by ichiro_ishikawa | 2016-05-02 16:41 | 音楽 | Comments(0)  

プレスリリース「多忙の理由」


俺は何故多忙か? 貧乏暇なしか?
答えは単純で、やる事ベスト5が数多あるからだ。
だのに、その大半は金に繋がっていないからだ。
例えば、先日のスクイーズのギロッポンギグでみた激地味渋名曲「ジ・エレファント・ライド」を反芻するためにApple Musicで収録アルバム『スウィーツ・フロム・ア・ストレンジャー』(1982)を紐解く。するとそのデラックス盤なるものが存在している事に気づく。中身はというとクソ名曲「ヒズ・ハウス、ハー・ホーム」のデモヴァージョンが入っているではないか。その他、10曲以上知らなんだ曲やらヴァージョン違いやらが追加収録されているっていう。ということは、それらの出所来歴みたいなものを一曲一曲辿って、スクイーズ全キャリアの中での位置付け、アルバム自体の評価などを更新していかねばならない。
そのためには当然一曲一曲を丹念に聴いていかねばならない。


c0005419_10105145.jpg
スクイーズ5th『sweets from a stranger』
このアルバム後一時解散、ディフォード&ティルブルックのデュオ作を挟み、1985年に激渋名作『Cosi Fan Tutti Frutti 』で復活する。そんな過渡期的アルバムでスクイーズ前期の中では一般的評価は低いが、コステロ参加の代表曲「Black Coffee in Bed」以外にもなかなかどうして佳曲が並ぶ。


スクイーズの「ジ・エレファント・ライド」をきっかけにこれだけの事態が発生するわけで、これがあとどれだけあるんだっていう話である。
もちろんスクイーズだけではないし、イギリスだけでもないし、欧米だけでもない。また、映画や文学においても同様の事が起こるわけで、おまけにもはや僅かながら新作の類にも触れているわけだから、1日何時間あっても不足だ。

かつこの他にゴトシという人殺しにちかい作業をこなしていく必要がある。これは他者ありきの行為だから、時間配分としては最優先される。

なお当然、この合間に睡眠、エサ摂取、排泄、シャドウボクシングといったルーティンもある。

このうち対価が発生するのは他者ありきのゴトシのみ。

以上、貧乏暇なしの理由分析まで。

by ichiro_ishikawa | 2016-04-27 09:35 | 音楽 | Comments(0)  

スクイーズ来日ギグ

c0005419_01153724.jpg


グレン・ティルブルックがスクイーズとして10数年ぶりの新作『Cradle To The Grave』を提げたライブをビルボード東京で行った。なぜにビルボード東京? 吉祥寺のライブハウスでやってくれよ。しかもクリス・ディフォードが居ないのでティルブルック&ヒズ・バンドの様相。
とはいえ、貴重なスクイーズのライブということで観に行かざるをえなかった。
ハイライトは「Some Fantastic Place」のギターソロ。
ソロのライブではアクースティックギターでここのところを無理やり演っていたので、ぜひCD通りのエレクトリックソロが聞きたかった次第。


収穫は激地味渋名曲「Elephant Ride」が聞けた事だ。1時間15分という短すぎるセットリストを挙げん。

1. Hourglass
from Babylon and On (1987)


2. Another Nail From My Heart
from Argy Bargy (1980)


3. Only 15
from Cradle To The Grave (2015)


4. Beautiful Game
from Cradle To The Grave (2015)


5. Some Fantastic Place
from Some Fantastic Place (1993)


6. The Truth
from Play (1991)


7. Nirvana
from Cradle To The Grave (2015)


8. Elephant Ride
from Sweets from a Stranger (1982)


9. Pulling Mussels from a Shell
from Argy Bargy (1980)


10. Everything
from Cradle To The Grave (2015)

11. Labelled with Love
from East Side Story (1981)


12. Slap & Tickle
from Cool For Cats (1979)


13. Black Coffee In Bed
from Sweets from a Stranger (1982)


14. Goodbye Girl
from Cool For Cats (1979)


encore

15. Take Me I'm Yours
from Squeeze (1978)


by ichiro_ishikawa | 2016-04-26 00:20 | 音楽 | Comments(0)  

追悼 プリンス

c0005419_14224385.jpg


俺がプリンスをどれだけ好きかと言えば、

・当然全アルバムを持っている
・ベストも持っている
・ダウンロード系は追えていない
・1993年9月ロンドンでの秀逸なライブを観ている
・『パープルレイン』を公開時劇場で観ている
・『プリンス論』とかが出ると嫉妬する
・6月7日の誕生日が同じ

と、つまり相当好きなわけだ。
コアファン中のコアファンではないが、
コアファンの末席ぐらいにいる。
特に80年代の全アルバムは凄まじく好きだ。

合掌

concert in 1982

by ichiro_ishikawa | 2016-04-23 13:31 | 音楽 | Comments(0)  

氷室のソウル ベスト5 

氷室のソロは、BOØWYのビートを取っ払ったところでのロックの追求がテーマであり、歌唱力が露呈するミディアム、スローな楽曲で如何に勝負できるかというチャレンジの歴史でもある。
その達成、つまりは氷室の色気を以下に示さん。
c0005419_14382170.jpg


アーバンソウル・ベスト5

MISTY(Single、『Neo Fascio』1989)


CRIME OF LOVE(Single、『Higher Self』1991)



VELVET ROSE(『Higher Self』1991)


YOU’RE THE RIGHT(『Memories Of Blue』1993)


Memories Of Blue(『Memories Of Blue』1993)


Good Luck My Love(Single、『Memories Of Blue』1993)


Urban Dance(Single、『Memories Of Blue』1993)


LOST IN THE DARKNESS(『Shake The Fake』1995)


DON’T SAY GOOD BYE(『Shake The Fake』1995)


MISSING PIECE(『MISSING PIECE』1996)

IF YOU STILL SHAME ME(『MISSING PIECE』1996)


ミッドナイト・イヴ(『MISSING PIECE』1996)


Still The One(『MELLOW』2000)


Believe(『MELLOW』2000)


Silent Blue(『MELLOW』2000)


So Far So Close(『MELLOW』2000)


TENDERLY( 「SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~ 」1999)


REVOLVERBallad〜La Pluie』2001


Be Yourself( 『20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN' ON 〜ALL THE-S-HIT〜』 2008)




スローバラード・ベスト5

DEAR ALGERNON(『Flowers For Algernon』1988)


ALISON(『Flowers For Algernon』1988)



LOVE SONG(『Neo Fascio』1988)


Lover's Day(single 1989)


MOON(『Higher Self』1991)



RAINY BLUE(『Higher Self』1991)


STORMY NIGHT(『Higher Self』1991)




番外編:カバー・ベスト5

1.Passion(1986「夜のヒットスタジオDelux」/早見優)


2.Close Up(1986「夜のヒットスタジオDelux」/中山美穂)


3.時間よ止まれ(1981-84?、闇テープ/矢沢永吉)
4.Accidents Will Happen(1989「MISTY〜微妙に〜」/Elvis Costello)
5.たどりついたらいつも雨ふり(1988「DEAR ALGERNON」/モップス)
6.SUFFRAGETTE CITY (1988「DEAR ALGERNON」/David Bowie)


by ichiro_ishikawa | 2016-04-18 23:59 | 音楽 | Comments(0)