カテゴリ:音楽( 384 )

 

玉置浩二(安全地帯)



ワインレッドの心(1983)




恋の予感(1984)




悲しみにさよなら(1985)




碧い瞳のエリス(1985)




プルシアンブルーの肖像 (1986)





じれったい(1987)with アマゾンズ




「キ・ツ・イ」(1988) with アマゾンズ



「いっそセレナーデ」(from「キツイやつら」1988)




「夏の終わりのハーモニー」with 井上陽水、タモリ




「飾りじゃないのよ涙は」with 井上陽水、中森明菜



by ichiro_ishikawa | 2016-09-24 17:43 | 音楽 | Comments(0)  

コステロ来日公演2016 Detour

エルヴィス・コステロの伝記を覚束ない語学力で、
すこーしずつ読み進めていた中、来日公演Detour、鑑賞。

人見記念講堂という会場が怪しいと思つてゐたが、
なんと、バンドなしアクースティック公演だつた。
渋すぎる。

コステロの魅力はなんと言つても声なので、
音響もわりとよく、声のものすげさを堪能できたことは収穫だつたが、
やはりドラム、ベース、キーボードにコステロ自身のジャズマスター・ギターといふ、
ジ・アトラクション的編成でこそ、
その名曲群はより輝くといふ事が逆に確認された。

かつ、ものすげえディレイをかけたジャズばりの歌唱法と、ディランほどでないにしろ崩しまくりのメロディが楽しめない場面もあつた。特に美メロ名曲「everyday I write the book」のほとんど別曲に仕立てたアレンジはいただけなかつた。500はある名曲レパートリーの中から折角演つてくれただけに悔やまれた。

とはいえ最大の難点は、今回のメインの見所でもあつたらしい、コステロが自らのヒストリーを語りながら、楽曲もその関連で放たれるといふ、そのMCが、ほとんど意味を掴み取れなかつたことだ。外人客が要所要所で「ha! ha!」と笑つてたところなど全滅。てめえの英語リスニング力のなさは否まないが、コステロ独特の早口と、おそらく秀逸なウィットのまぶされた語彙が難しいのだ。これはモリシーとかマイケル・スタイプの難しさと同種だ。

余談だが、イギリス人(アメリカ人も)はどこの国に行っても自国語の英語で普通に話す。日本人はどこの国に行ってもその国の言語を話そうとするはず。郷に入りてはの精神だ。戦勝国と敗戦国の違いか? まだ引き摺つてるんだな。

アンコールの最終曲は、「 (What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding」。



大量にある名曲の殆どが自作だのに、一番の代表曲がニック・ロウの曲であるといふのは面白い現象だ。

by ichiro_ishikawa | 2016-09-09 15:07 | 音楽 | Comments(0)  

ノスタルジーと老後

先日本欄で、レッド・ガーランドのグルーヴィについて触れたとき、発売日を1957年と書いたのだが、俺は西暦マニアなので、1957という数字だけでいろいろ思いを馳せるのだが、思へば、ロックばかり聴いていた10〜20代前半は、ビートルズが古典で、つまり最古のフェイヴァリットで、音楽史は60年代から始まっていたのだが、ズージャで60年代といふと、ロックでいふ90年代ぐらいで、その頃ズージャは、とっくに成熟していた。

而して1957年なんていふのは、ズージャでいふと「最近のもの」である。
つまり20年代のディキシー、30年代のスウィング、40年代のビーバップが、ロックでいふ「R&Bから発展した黒人ロックンローラー、続くエルヴィスに至る50年代から、いろいろ出揃った60年代」に相当する。
つまり1957年、レッド・ガーランドのグルーヴィはロックでいふ70年代後半で、爆発後の成熟期のものである。

さらに言へば、最古のレコード録音は20年代で、
フォークロアといふか民謡的なトーキングブルーズのようなものがポピュラーミュージック史の巻頭である。
何事も創世から爆発までが全盛期で、のち成熟し、衰退していくといふこの世の無常を考へるに、ポピュラーミュージックの本当にいいものは20〜60年代に出揃っていて、あとはそのヴァリアントだ。

つまり、何が言ひたいのか。

俺は「基本20〜60年代、時々70、80s、ギリ1997」みたいなスパンを射程に常に生きているので、

・出生〜幼少イコール20〜30年代
・青春イコール40〜60年代
・壮年イコール70〜80、ギリ1997

といふノスタルジーに常に耽りつつ、
今は21世紀といふ老後を淡々と過ごしている次第だ、といふことである。
アーメン。

by ichiro_ishikawa | 2016-06-22 14:40 | 音楽 | Comments(0)  

俺とジャズ


俺のジャズへの本格的目覚めは遅く、
今からほんの10年前だ。
30代半ば、小樽を旅した時に入ったジャズバー「Groovy」で、レッド・ガーランド『Groovy』を聴いた時なのであった。

「Groovy」での『Groovy』は凄まじかった。
歌謡曲から始まりロック、ブラックと変遷してきたそれまでのてめえのリスニング経験の蓄積が、そのとき丁度、調和したのだと思われる。
ジャズを受け入れる耳が出来上がっていた。
啐啄同時ってやつだ。
また、それがものすげえいいスピーカーだったこともあるだらうか、所謂「ビビッときた」のだった。
小林秀雄を真似れば、

僕が、はじめてズージャに出くわしたのは、三十五歳の夏であった。その時、僕は、小樽をぶらぶら歩いていた、と書いてもよい。向うからやって来た見知らぬ男が、いきなり僕を叩きのめしたのである。僕には、何の準備もなかった。あるジャズバーの店内で、偶然かかっていたプレスティッジ版の『グルーヴィー』の見すぼらしいLPに、どんなに烈しい爆薬が仕掛けられていたか、僕は夢にも考えてはいなかった。LPは見事に炸裂し、僕は、数年の間、ズージャという事件の渦中にあった。それは確かに事件であった様に思われる。

となる。

それ以前にもマイルス・デイヴィスを初体験に、あらゆるモダン・ジャズを聴いていたのだが、あの時の目覚めからすれば、むしろ嗜んでいたといったほうが正確だ。

あの時、俺はジャズが分かったのだった。

帰京後、すぐにアンプとスピーカーを買い換えた。
以来、うちのリスニングルームはジャズ寄りの音響システムに変わっている。

c0005419_21461965.jpg

Red Garland / Groovy
(1957 prestige)

1.C Jam Blues
2.Gone Again
3.Will You Still Be Mine?
4.Willow Weep For Me
5.What Can I Say (After I Say I'm Sorry)?
6.Hey Now

レッド・ガーランド(p)
ポール・チェンバース(b)
アート・テイラー(ds)





by ichiro_ishikawa | 2016-06-21 21:05 | 音楽 | Comments(0)  

45

今日6月7日は、プリンス58歳の誕生日にして、
パチョレック56歳、そして俺45歳の誕生日。
おめでたう。

45と言へば、2002年、エルヴィス・コステロが
45歳の時に放った傑作『When I Was Cruel』の
オープニングトラック「45」だらう。

この45は、トリプルミーニングで、
1つはコステロの当時の歳、45歳
1つは終戦、1945年
そして、シングルレコードの回転数、45

ロックの原点、
それは45回転のシングルレコードである。

いまは亡き父母に買ってもらった45EP。
レコードに針を落とし、
プレイヤーの内蔵スピーカーから出た音を聴いた瞬間。
幸か不幸かはわからないが、
あれで俺の全てが決まった。


コステロは歌う。

Every scratch, every click, every heartbeat
Every breath that I bless
I'd be lost, I confess
45

正直言って、
音楽ってものがなかったら、
俺は俺でなくなる
45




by ichiro_ishikawa | 2016-06-07 09:13 | 音楽 | Comments(0)  

布袋 respects 氷室

布袋がブログ「BEAT主義日記」で氷室ラストギグズの感想を。
以下、転載。
from http://www.hotei.com/blog/


2016年6月 1日
Respect

『氷室京介LAST GIGS』最終日を観させていただきました。

耳の不調と戦いながら、35曲をフルパワーで歌いきったボーカリスト魂、
最後まで貫かれたストイックな美学に心震え、感動しました。
ステージで歌う姿をもう観れないのはとても寂しいけれど、
コンディションの回復を祈ると共に、これからの創作活動を楽しみにしています。

貴方と出会い、貴方の隣でビートを刻み、歌い、踊り、笑顔を交わせたことは、
ギタリストとして最大の喜びであり誇りです。

心からの感謝と最大のリスペクトを込めて。
ありがとう。そしてお疲れ様でした。

I truly want to thank you from the bottom of my heart.

HOTEI

c0005419_14572794.jpg




by ichiro_ishikawa | 2016-06-06 09:29 | 音楽 | Comments(0)  

いま最も面白い音楽誌


すっかり音楽誌を読まなくなったのは、
「情報」や、力のない、手間のかかっていない記事は、もはや要らないといふことを意味する。
情報は無論、手間のかかっていない記事は、熱心なブログやHPなどネット上でさんざん発信されている。
記事が永久保存版と感じられなければ、読まない。
永久保存版とは、今後もずっと繰り返し読むだらうと思われること。
永久保存版と感じられれば読むし、結局買ひもする。

そんな中いま一番おもしろい音楽誌は、『ERIS』だ。
PCやタブレット、スマホで無料で読めて、紙版も少し高いが購入できる。
俺は電子版を落として、かつ紙版も買っている。
電子版では、時と場所を選ばずどこでも読めるといふ便利を享受しつつも、
なんかの拍子で消えそうで、まだ不安だ。
紙版は持っていないと読めないが、火事や盗難に遭はない限り不滅である。

もうかういふ時代だらう。
採算が取れるのかは知らぬが、ユーザーにとって最良の形態と言へよう。
とはいへ、なんといっても最終的には内容だ。
ピーター・バラカンや北中正和、中川五郎といった執筆陣、
彼らならではの取り上げる素材、扱う切り口、どれも秀逸だ。

c0005419_19250881.jpg





by ichiro_ishikawa | 2016-06-02 19:42 | 音楽 | Comments(0)  

ロッキング・オンと俺

前回の続き

俺は増井修フリークだったので、
本書『ロッキング・オン天国』に書かれている事はほぼ知っていた事だが、知らなかった事は前述した詳しい収支と、それからもう1つは、「ロッキング・オン・ジャパン」創刊時の驚くべきエピソードだ。

渋谷陽一が創刊前に、社員に加えデザイナーや関係者を集めて行なった会議で、渋谷はBOØWYの「B.Blue」のPVを流し、「ここまで日本語が乗っているロックが発明されてしまったからには、もはや邦楽を別物として傍観していられない」という状況説明をする予定だったのだといふ。
(予定だった、といふのは、実際には誤って裏ビデオ「洗濯屋ケンちゃん」が流れてしまったらしい)

好調「ロッキング・オン」だけで充分成り立っていたのに、あえて「ロッキング・オン・ジャパン」創刊に踏み切った(雑誌の創刊はバクチ)のは、BOØWYの登場で日本のロックがマーケットにおいて洋楽を確実に駆逐することを予見しての事だったといふことだ。
(ロックが当たり前、むしろ古いみたいになっているいまからすれば、いかにも前時代的といふか、もはや神話のようなエピソードと思われるやもしれぬ)

ロッキング・オンとBOØWYは相容れない印象があるが、さすが渋谷陽一はいろいろ見抜いていた。
といふ事が分かった。

BOØWYは「ロッキング・オン・ジャパン」創刊後、雑誌が軌道に乗る前に解散してしまふが、その後も、COMPLEXや布袋寅泰への秀逸なインタビューを渋谷は行っている。



by ichiro_ishikawa | 2016-05-29 20:15 | 音楽 | Comments(0)  

ロッキング・オンと俺

増井修『ロッキング・オン天国』(イーストプレス)読了。

c0005419_02450981.jpeg

増井修は1990〜1996年、月刊洋楽誌「rockin'on」が最も
売れていた時代の、二代目編集長。
当時19〜25歳の俺は、オビ惹句にもあるやうにそれこそ「むさぼり読んでいた」。

そも「rockin'on」で批評といふものに目覚め、渋谷陽一→吉本隆明→小林秀雄に行き着いたのだった。

批評とは他者をダシにてめえを語る事。
この小林秀雄の方法は、渋谷陽一が、rockin'onが、ロックを対象に採用した方法で、二代目編集長の増井修も渋谷とはタイプは違うものの、その根本は受け継いだ。

俺は増井修の文章とキャラ、ユーモアが好きだった。
彼のラジオ「ロッキン・ホット・ファイル」も毎週録音して聴いていた。

好きが高じて1995年に入社面接も受けている。
課題作文は増井修のスウェード新潟ライブレポートを素材に書き、面接は、増井修が前列中央で進行役、後列に渋谷陽一、佐藤健、山崎洋一郎、宮嵜広司が二列に並んで座っていた。そのレイアウトをよく覚えている。

残念ながら失格で、かつ大学も留年し、翌年も留年したのだが、今思へば良かった。
入社していればきっと激務に耐へられず数年で退社し、なんとかフリーの音楽評論家となるも、鳴かず飛ばずで、今頃路頭に迷っていただらう。
そも30過ぎてから急速に興味がブラックミュージック、ジャズに変化していったし、今のロッキング・オン社のフェス中心の事業展開にもついていけなかったはずだ。

実際、俺は1997年からロッキング・オンへの興味は衰え始め、1999年には購読を止めた。
「cut」も「H」も創刊から数年間は定期購読していたが、1999年頃、誌面が女性誌、ジャニーズ誌みたいになってきて購読を止めた。

いまは「SIGHT」だけ毎号購読している。
結局俺は渋谷陽一の批評、文章が好きなのだ。
小林秀雄みたいだからだ。

そんな俺のいはば青春時代の7年間(浪人〜大学6年)の愛読雑誌の編集長による当時の話が、20年の時を経て聞ける、本書『ロッキング・オン天国』は、さういふ本であり、俺のために刊行されたやうなものだ。
他の人が読んでもさっぱり面白くないだらう。
俺だけが途轍もなく面白い。

本書の凄いところは、
ある一年、10万部を超えた全盛期の、
雑誌の売り上げ、収支がグラフ付きでまんま開陳されている事だ。辞めた人間によるこれは、果たして許されるのか、他人事ながらドキドキしている。
もしかしたらロッキング・オン社からクレームがつくやもしれぬ。さうしたら回収だらう。

しかし、この収支表が面白い。
俺はいまの仕事柄、雑誌や本の収支に明るいが、
この出版不況甚だしい今日からみると、半ば妄想のやうなグラフであり、みていると涎がでてくる。

(続く)




by ichiro_ishikawa | 2016-05-29 02:04 | 音楽 | Comments(0)  

山下久美子著『ある愛の詩』

c0005419_00011312.jpg


山下久美子著『ある愛の詩』(幻冬舎)読了。
2002年に出ていたのだが、今初めて読んだ。
何故当時読まなかったかと言へば、
ズバリ、忙しかった。
それと、ゴシップや告白といふものを、好かないからだ。そも幻冬舎が嫌ひなのだ。
何故今読んだかと言へば、
何か一周したと言ふか、
布袋ファンであり、布袋と出会う前からの今井美樹ファンでもあり、かつ山下久美子ファンであった俺は、彼らのプライベートに触れることは、してはならぬ事のやうに感じていた。
のだが、別れを対象化した山下久美子を、時を経て少し対象化できたからである。




布袋寅泰著『よい夢よ、おやすみ』(1994年、八曜社)がBOØWY後から1993年までの布袋自伝で、布袋の作品と併読することでその期間の事はあらかた分かっていたが、山下久美子目線でその頃の事を見ることになった。

ハイライトは2つ。
BOØWY『Just A Hero』から『Guitarhythm IV』期の舞台裏(レコーディングの合間の布袋の足取りなど)といった貴重なロック史の一部が明るみに出たこと。

もうひとつは、
布袋が自宅の地下スタジオのピアノで一晩で一気に書き上げたという、よく知られた「Pride」誕生秘話があるが、その完成直後のデモテープを当時の妻、山下久美子が盗み聴きしてしまっていた、というエピソード。おそらく布袋自身、本書で初めて知ったことだらう(読んでいれば。たぶん読まない)。


しかし、ハイライトの開陳はそのぐらいにして、
本稿を起こそうと思った理由と、骨子は、以下のことである。

本書『ある愛の詩』では、当然のことながら『よい夢よ、おやすみ』での布袋目線では綴られなかった事が多々書かれており、新しい発見が散見される。
だが、いちばん重要なのは、布袋目線で語られていた同じ事を、山下久美子目線でも語られるのを読むにつけ、物事の両面といふものがよくわかったといふことだ。


1987年BOØWY解散、1990年complex解散、1996年離婚と、布袋は10年間(25歳〜34歳)で3度も途轍もなく大きな別れを経験しているといふ事を改めて思った。
その10年は、布袋の才能が大爆発した時代だった。

氷室京介、吉川晃司、山下久美子。
どれも途轍もない個性の持ち主。
当の布袋がまた途轍もない。

別れの理由の本質は三者とも同じようなものだ。
そも、その別れと同じ理由で出会っているのだった。

人間は対等を求めあうが、対等では生存しあえない。どこかで従属関係ができあがらなければ、共存はできないのだと思い知った。

才気あふれる売れないバンドのギタリストと、ロックの女王の名をほしいままにしていた大物シンガー。そんな「釣り合った」関係が、音楽シーンを塗り替えて億を稼ぐ元BOØWYのギタリストにしてギタリズマーと、大物シンガー、という関係へ変わる。
ギタリズムからよりポップなフィールド、そして世界を目指すギタリストに釣り合うのは、そんな才能へのリスペクトといふ形でハナから登場したポップシンガーであった。


布袋と山下久美子(氷室京介然り、吉川晃司然り)は互いにあまりにもロック過ぎた。
ロックは孤独を全うするものだから別れは必然である。別れをはらんで出会い、そして自ら欲するかのごとく別れたのであった。


先日、本ブログで山下久美子の事を綴り
布袋との1986〜1988が最高傑作で以下、惰性といふ意味の事を書いたが、
それは、まさしく私生活での絶頂期でもあった事が分かった。それは夫婦といふより恋人同士の関係なのであった。
が、いまそう書いたことを反省している。
作品至上主義としては間違いないのだが、
「ああ、人生…」といふ、もののあはれを重んじる俺としては、そう言い切ってはいけなかった。


これからの山下久美子のギグはすべて行かねばならぬ。

c0005419_00011302.jpg







by ichiro_ishikawa | 2016-05-24 23:31 | 音楽 | Comments(0)