<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

カウントダウン・マガジン vol.3

c0005419_20571279.jpg


1950年代後半から60年代、アメリカではアトランティック、スタックスといったインディーレーベルによる黒人リズム&ブルーズが怒濤の勢いで発展を遂げていたが、その裏(というか一般的には表)では、ニューヨークのブリルビルディングで活動する職業ライター/プロデューサーによる白人ポップが隆盛を極めていた。
黒人リズム&ブルーズとロックンロール、そしてポップという3つの言葉は、それぞれ同じものを表している。というと乱暴のようだけれど、実際、そうであろう。グルーヴやソウルが際立っているのがリズム&ブルーズ、ギターの歪みが聞こえるのがロック、とにかくグッド・メロディなのがポップと、一応は括れるが、グルーヴがないロックはもはやロックでないし、リズム&ブルーズはポップだ。
なにはともあれ、今回のカウントダウンマガジンは、とにかく「グッド・メロディ!」なグッド・ミュージックをお届け。演者よりも、ソングライターチームをフィーチャーし、「3分間の奇跡」を独断でランキング! すげえいい曲のオンパレード!!  第1位にはなんとあの曲が!! レッツ・シング&ダンス、ダンス、ダンス・トゥー・ザ・ミュージック! ディッディリッディリ! ジニジニバッジーニジニバッ!


11.「Calendar Girl」
 Neil Sedaka

(1959 Sedaka / Greenfield)
c0005419_21283266.jpgc0005419_21284426.jpg
ニール・セダカとハワード・グリーンフィールド。ドキャッチーな、これぞポップソング。



10.「Save The Last Dance For Me」
 Ike & Tina Turner / The Drifters

(1966 Pomus / Shuman)
c0005419_21293556.jpg
ドク・ポーマスとモート・シューマン。特にドリフターズ・バージョンがいい。歌詞もすげえいい。たまには歌詞にも触れようと思ったが、歌詞に触れると言うことは文学批評になってしまうから無闇に自分を痛みつけないために止めとく。



9.「I Can't Stay Mad At You」
 Skeeter Davis

(1963 Goffin / King)
c0005419_2130483.jpg
キャロル・キングとジェリー・ゴフィン。ダンドゥビダダンダン♪のイントロコーラスからして、すでにすげえ。



8.「Da Doo Ron Ron」
 The Crystals

(1963 Barry / Greenwich / Spector)
c0005419_21305236.jpg
ジェフ・バリーとアーニー・グリーンウィッチ。こんなすげえポップソング見たことも聞いたこともねえ。



7.「It Might As Well Rain Until September」
 Carole King

(1962 Goffin / King)
これは本当にいい曲だ。というのが、4回ぐらい聞くといよいよ分かってくる。すげえ曲。キャロル・キング自身が歌っている。


6.「Every Breath I Take」
 Gene Pitney

(1961 Goffin / King)
ジッジッ、ジニバッバッ!のコーラスは大滝詠一「君に夢中」の元ネタか。すげえいいコーラスワーク。サビに向かって上がっていく感じ、すげえいい。


5.「Who Put The Bomp (In The Bomp, Bomp, Bomp)」
 Barry Mann

(1959 Mann / Goffin)
c0005419_21314762.jpg
バリー・マンとシンシア・ウェイル(バリー・マンが自分で歌ったこの曲だけ相棒のシンシアでなくジェリー・ゴフィンが作詞)。ラマラマディンドン!とか、ディッディリッディリ!とか、バンパパバン!とか、擬音を美メロに乗せてウキウキやってる感じ、すげえいい。



4.「One Fine Day」
 The Chiffons

(1963 Goffin / King)
明るく素敵なメロディ。元気が出てくる。


3.「Will You Love Me Tomorrow」
 The Shirelles

(1959 Goffin / King)
不朽の名曲。キャロル・キング自身が後にセルフ・カバーするが、このシレルズの明るいオルジナルがやっぱりすげえいい。こうしてみると、どうやら俺はゴフィン&キングがいちばん好みのようだ。


2.「He's A Rebel」
 The Crystals

(1962 Gene Pitney)
とにかくとんでもないメロディ。1音も無駄のない完璧なポップ・ソング。ボーカルのダーレン・ラブ、すげえいい。作曲はジーン・ピットニー。


1.「Be My Baby」
 The Ronettes

(1963 Barry / Greenwich / Spector)
c0005419_21343169.jpg写真はフィル“バック・トゥ・モノ”スペクター

by ichiro_ishikawa | 2006-03-28 20:57 | 音楽 | Comments(2)  

布袋寅泰 25周年総括ギグ at NHKホール

 布袋が、81年にBOφWYでプロのキャリアをスタートさせて今年2006年で25年ということで、全キャリア総括をしている。過去、現在、未来という時間軸において、常に現在にしか興味がないと言って憚らなかった氷室と布袋が、ここにきてBOφWYを衒いなく披露するようになったのは、BOφWYを捨て、BOφWYとは全く違う場所に、ソロミュージシャンとしてのキャリアを一から積み上げてきて、ついにはBOφWYを超えた、という自負による所が大きい。と同時に、自らの20代という貴重な季節は、BOφWYという「一瞬の奇跡」そのものであったと素直に懐古できるようになったということだろう。「全く違う場所」とはその音楽性と意思においてであった。BOφWY的なるものを禁じ手としたということだった。だがベースにはやはりBOφWYがあり、それを円熟、発展、深化させたのがソロだったのだ。特に布袋は。
c0005419_1711442.jpg
 布袋は、そも、ガリガリでひょろ長いその風貌が象徴するように、中性的というより女性的なものを持ち味としていた。ハードロック的なものからは最も遠く、パンクとも異なる、やはり70-80sニューウェーブと言うべきスタイリッシュなインテリアートが根っこにあった。ギタープレイにおいては、冗長なギターソロを排除した切れ味鋭いカッティング、リフ、ブリティッシュなポップフレーズ、クラフトワーク、トーキングヘッズ的なダンスセンスを身上としていた。BOφWYはそうした趣味がもろに出ていたし、“Guitarhythm”は、その延長であったと言える。“Guitarhythm”においては、「セックス・ピストルズのギタリストが、ジグジグ・スパトニックのリズム隊を従えて、真っ赤なスーツでビートルズの曲を歌う」と唱った。これはある意味、「BOφWYー氷室」の具現化に他ならない。BOφWYから氷室的要素を排除した上でBOφWYを深化させるという試みが“Guitarhythm”だ。ジグジグ・スパトニック(ニールX)やジーザス・ジョーンズ(マイク・エドワーズ)といった同世代のイギリス人が提示する新しいロックの形に触発されながら、ギターとリズムの深化を追求し続けた。
 c0005419_1712198.jpg
 その“Guitarhythm”が最高の形になったとき、布袋はDavid Bowieとの共演を実現させた。そして、完成した“Guitarhythm”をたたき壊す。目指したのは、歌謡/J−POPシーン。芸術家としてやるべきことを成し遂げた後、popをやるというのは、自然な流れだ。このとき布袋は33歳。奇しくも大滝詠一が『A Long Vacation』というポップをリリースした年齢だ。
布袋は持ち前のポッピズムを全快にし、なんと、ギタリスト/シンガーとしてミリオンアーティストになった。だがやはり歌謡/J−POPシーンで結果を出したということは、アホ、ブタ野郎にも受け入れられているということで、女性っぽさが売りだった布袋は、男っぽさをグングン増しテレビサイズの兄キ的キャラを確立、テクニックは飛躍的に向上したがそれと引き換えに、繊細さ、エキセントリクポップ、シャープネスを失い、テレビ的/J−POPギターを「はい、一丁上がり」と差し出すようになってしまった。
今回、25周年総括ライブを見て思ったのは、布袋はやはりメロディ、リズム感のセンスがもの凄い。が、歌謡/J−POPシーン以前の肩肘張った布袋はもっと凄かった…ということだった。

以下、
布袋「All Time Super Best Tour」(2006 3/25 NHKホール)
すげえ曲、ベスト10

第14位
さらば青春の光(アクースティック・バージョン)
(Single/『Guitarhythm IV』94年)
アクースティックというのが、やはりいただけない。
布袋にはブルーズ/フォーク性が希薄だから、アクースティックにすると、
折角の佳曲も、センチメンタルなバラードになってしまう。

第13位
LONELY★WILD(アクースティック・バージョン)
(『Guitarhythm III』92年)
同上。

第12位
バンビーナ
(Single/『Guitarhythm II』96年)
Pop! Pop! Pop!

第11位
スリル
(Single/『King & Queen』95年)
江頭2:50は、すげえおもしれえ。
布袋2:50

第10位
Starman
(David bowieのカバー/『Guitarhythm II』91年)

第9位
Beat Sweet
(BOφWY/『Beat Emotion』 86年)

第8位
C'mon Everybody
(Eddie Cochranのカバー/『Guitarhythm』88年)

第7位
Dancing With The Moonlight
(『Guitarhythm』88年)

第6位
Merry-Go-Round
(『Guitarhythm II』 91年)
間奏のカッティング、とんでもない。

第5位
サレンダー
(Single/『Guitarhythm IV』94年)
不滅の1音ギターソロ。イントロもすげえ。

第4位
Dreamin'
(BOφWY/『BOφWY』 85年)
ヴォーカルはオーディエンス。サビの布袋のコーラスがBOφWYを思い起こさせた。
布袋はやっぱコーラスがすげえ。

第3位
Bad Feelin'
(BOφWY/Single/『BOφWY』 85年)
不滅のリフ。

第2位
Poison
(Single/95年)
布袋ポップの金字塔。イントロもすげえ。

第1位
Be My Baby
(Complex/Single/『Complex』 89年)
不滅のイントロ。

c0005419_3473449.gif
c0005419_3474928.gif
c0005419_348154.gif

by ichiro_ishikawa | 2006-03-26 15:52 | 音楽 | Comments(0)  

ばかばかしい話

家の庭に祠(ほこら)があった。
家の者にこれは何かと聞くと、祖母を祀(まつ)ってあると言う。
幼な心にその祠が気になってしょうがなくなり、
ある朝、思い切ってその祠を開けて、覗いてみた。
中には、ろう石があった。
祖母が生前よく使っていたものらしい。
そのろう石を見つめていると、非常に妖しい気持ちになった。
なんとも言えぬ妖しい気持ちになった。
ふと、空を見上げると、星がたくさん見えた。
こんな白昼に星が見えるのはおかしい、そう思った。
妖しい気持ちは続いていた。
その刹那、鵯(ひよどり)が鳴いた。
その鳴き声で、我に帰った。
あの時、鵯が鳴いていなかったら、
私は発狂していたであろう。

 というようなことを「ばかばかしい話ならいくらでもあります」との前置きのもと、民俗学者の柳田国男が書いている、と小林秀雄が書いている。この鋭い感受性こそが、柳田の仕事の根幹にある。その仕事の秘密である。と小林は考えているに違いない。

 「ばかばかしい話」というのは、「どうせ信じてもらえないだろうが」というシニカルな意味ではない。実際ばかばかしいと思っている。だがそれは、現実的な普段の実生活と同じ程度にばかばかしい、ということだ。ただし、どちらも、同じ程度に生々しい、自分の実存に深く関係している、ということだ。

 少年・国男は、ろう石を触ったことでババアの魂に触れたのだ。怪しい気持ちとはそういうことだ。空ではババアが星として「存在」していたのだ。科学的には証明されまい。魂や存在は科学では扱えない。科学は物質しか対象にできない。科学が無理に介入すると、それは幻覚かどうかという議論に摺り替えられるか、精神分析学や心理学がずかずか入って来ることになる。
「母親はいちいち自分の子の心を分析したりしないですよ。これは心理学的にはこうだから、精神分析にのっとると、なんてことはしやしない。子どもの考えてることなんて、顔見りゃすぐ分かっちまうんだ。それが母親ですよ」(小林秀雄)。
 星は人ではない。だろうよ。でもそんなことを話しているわけじゃないのである。ババアとの魂の交感があった、星を見て「あ、ババアだ!」と思った。それがすべてだ。こうした「経験」がないがしろにされる理由はどこにもないではないか。この経験が絶対に疑えないのなら、そうであったことは、確かににそうであったで、十分だ。科学的批判精神などが入って来る余地はない。
 これを「現実」と同程度に現実と認識することは、創作の芽であろう。文学は絵空事ではない。文学の心がなければ民俗学はできなかったのである。だから柳田国男の文章は面白い。

c0005419_13103980.jpg

“ばかばかしい話”がいくらでもある柳田国男の最高傑作「遠野物語」

by ichiro_ishikawa | 2006-03-08 13:11 | 文学 | Comments(1)  

ジャズ・ギター

 グラント・グリーン(1935〜1979)という主に60年代に活躍した黒人ジャズ・ギタリストが最近いい。昔からいいのだろうが、自分にとってよくなったのは最近のことだ。
 そも、ジャズ・ギターというものにあまり馴染みがなかった。ギターはロックの専売特許だという感が強かったし、ジャズにおいてはやはりピアノやサックスが花形で、ギターはザッザッザッザッとリズムを刻む、ベースやドラムと役割的には近いバッキング楽器だから、“すげえいいさ加減”も地味なものだった。70年代マイルズ・デイヴィス・バンドのジョン・マクラフリンなどはロック寄りなので好きだけれど、パット・メセニーとか、マイク・スターンはよりフュージョンぽくて、楽器ベタ、味オンチの自分にとってはあまり楽しめるものではなかった。 
 それがここに来て、ジャズギターブームが到来。チャーリー・クリスチャン、ジム・ホール、ウェス・モンゴメリー、パット・マルティーノがものすごく好きになった。ここ最近、バンバンバザールや、戦前のブルーズや、40〜60年代のリズム&ブルーズをかなりサイコパセティックに聴いてきた耳が、ジャズの繊細さ、アーティスティックさを許容しはじめたのやもしれぬ(やっと)。

 とはいえ、グラント・グリーンは、実はド・ジャズではない。アーシーでブルーズ・フィーリングあふれ、ゴスペルっぽくもあり、朴訥で素朴な、いなたいギターを弾く。
 このダウン・トゥ・アースなギタリストは、フットワークが実に軽く、いろいろなところに駆り出されては、気軽にセッションを展開している。アドリブ回しにおいては、主役をバンバン喰っちまう。主役であるサックスやトランペット、ピアノはそんなグラントに挑発され、レベルがグワッとあがっていく。結果、全体がファンキーな大セッション大会となり、嫌が応にも聴く者の腰を変拍子で痙攣させるといった塩梅だ。
 自分のリーダーアルバムよりいい演奏を膨大に残している——そこに目を付けたピーター・バラカンは、グラント・グリーン客演集といった趣のコンピレーション・アルバムを編集して東芝EMIからリリースさせた(だいぶ前に)。
 その名も『Have Guitar, Will Travell』。
 このタイトルが実に秀逸。ピーターが若き頃に見ていたテレビドラマ『Have Gun, Will Travell』をもじったものらしく、そのドラマは、殺し屋の主人公がチャカひとつで世界を飛び回るもので、タイトルの意味は「当方、銃あり。出張致します」といった意味合いだと、日本人より日本語が堪能なイングリッシュマン・イン・トーキョーことピーターは言う。つまり、この客演集も、「当方、ギターあり。出張致します」となる。
 その殺し屋ぶり、ギター1本での道場破り的な豪放感が、すげえいい。

c0005419_1946175.jpg

      これは2作目のリーダー作。メロディとか、すげえ

by ichiro_ishikawa | 2006-03-01 19:47 | 音楽 | Comments(0)