<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

BOX-SETベスト5


 ボックス・セットは、究極の大人の買い物だ。あれは、すげえ。3枚から多いものだと10枚がワンセットになっているというボックス。子供は買えまい。
 だがここでいう「大人」には、経済的な意味合いは無い。ボックスセットはワンテーマだ。ワンテーマを徹底的に掘り下げる、という行為はやはり大人だけに許されるものなのだ。読書もそうだろう。子供は好奇心の固まりで、とにかく元気だからあっちこっち飛び回って乱読、乱聴に走る。いわば無我夢中で模索する季節だ。だが元気のねえ大人は、もういろいろなことを諦めているし、自分の個性ってやつと本質的な意味で本格的に戦っているから、ひとつのことをじっくりゆっくり嗜むことをこそ、より欲する。「ちょっと80年代の歌謡曲にうもれてえ」、「ジャズをいいスピーカーで一日中あびていてえ」、「狂ったギターにやられてえ」「ああ、黒汁にまみれてえ」。
 ボックス・セットには、ピンだとそこそこだがまとまるとすげえ、という例もあるが、今回は、ピンでも相当すげえのに、まとまるといよいよとんでもねえ、そんなボックス・セット、ベスト5を綴らん。

第13位
竹中直人の恋のバカンス 初回限定版DVD-BOX

c0005419_159247.jpg竹中直人による、ビシバシステム、きたろう、温水洋一らとのコント集。ボン梶本、べっちん兄弟、ナン男らが登場。笑いのレベルで言えば「東京イエローページ」の方が格段に上でそちらのBOX化を望むが、これもまだまだ秀逸だ。


第12位
We're Gonna Rock: We're Gonna Roll

c0005419_1594055.jpg40〜50年代の、これからロックが登場せんとする息吹が感じられる秀逸なボックス。


第11位
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX I、II

c0005419_202193.jpgアンゲロプロスは、タルコフスキーと並ぶ、ボックスでじっくり全部観たいシネアストだ。


第10位
The Doo Wop Box

c0005419_20331.jpgロック前夜、アメリカのストリートを賑わしたブラック・ドゥーワップ・グループの秀逸なソングを101曲も集めた。


第9位
The Specialty Story

c0005419_204812.jpg終戦直後のLAで、ジャンプ・ブルース、初期R&B、ゴスペル、初期ロックンロールの名曲を多数輩出したスペシャルティ・レーベルのボックス。


第8位
Hitsville USA: The Motown Singles Collection 1959-1971

c0005419_22478.jpg南部のスタックスに比べるとよりスウィートなR&B/ソウルを手掛けたモータウンのヒットソング集。


第7位
Doctors, Professors, Kings and Queens: The Big Ol' Box of New Orleans

c0005419_221614.jpgすげえブラック・ミュージックの宝庫、ニューオーリーンズのすげえ曲たちをグワッと集めた。


第6位
Back to Mono (1958-1969)
Brill Building Sound
c0005419_222728.jpgc0005419_11442175.jpgポップ職人、フィル・スペクターの大事な仕事のすべてが詰まったボックスと、50末~60年のアメリカ・メインストリームのポップの集大成。ポップ・メロディーがとんでもねえ。


第5位
Mr.BOO ! DVD-BOX (5,000セット限定生産)

c0005419_231312.jpgサモ・ハン・キン・ポーと並ぶ香港コメディの最高峰、マイケル、サミュエル、リッキーのホイ3兄弟による名作セット。広川太一郎の吹き替えが素晴らしい。ビートルズ研究家・サミュエル・ホイの音楽も秀逸。


第4位
あしたのジョー、あしたのジョー2COMPLETE DVD-BOX


c0005419_232369.jpg俺の根っこにはどうしたって矢吹丈がある。幼稚園で観たジョーで人生が決まった、と言ってしまっても、もうよい。申し訳ないが、ジョーは俺だ。


第3位
Atlantic Rhythm & Blues 1947-1974
The Complete Stax-Volt Singles 1959-1968

c0005419_233499.jpgc0005419_261921.jpgアトランティック、スタックスこそブラック・ミュージックの頂点やもしれぬ。この2ボックス(全17枚)をずーっと聴いていると、血が黒くなる。


第2位
Anthology Of American Folk Music (Edited By Harry Smith)

c0005419_24232.jpg現存するポップ・ミュージックのおそらく一番古い音源集。今の音楽の根っこはすべてここに。


第1位
小林秀雄全集

c0005419_243356.jpg本はこれと、あとは池田晶子全著作さえあれば、後は焼いちまってもいい。というぐらいすげえボックスセット。

by ichiro_ishikawa | 2007-09-26 01:49 | 音楽 | Comments(0)  

80s香港映画と俺


 スティーリー・ダンやボズ・スキャッグス、クルセイダーズなどSOUL/R&BベースのAORを聴きながら、まだ幼稚園児だったレイト70年代の質感・空気に思いを馳せていると、そこから80年代へと向うパワー/空気みたいなものが自然に沸き上がってくるのを感じた。そんな中、しばし忘れかけていた、ある大事なことを思い出した。
 ホイ3兄弟による「Mr.Boo!」シリーズ全作、「ドランクモンキー酔拳」などカンフーものから現代アクション「ポリス・ストーリー」までのジャッキー・チェン主演全作、「悪漢探偵」「皇帝密使」「スペクターX」といったツイ・ハーク&カール・マック系コメディ、「男たちの挽歌」を嚆矢とする香港ノワール。70末〜80半ばの香港映画はとんでもねえ、ということを。

c0005419_21444992.jpg 1986年の香港映画の傑作にサモ・ハン・キンポー(洪金寶)監督作「上海エクスプレス(原題:富貴列車)」というのがあって、作品に関するあれこれは殆ど忘れていたのだが、「公開当時とにかくすげえ面白えと思った」という事実のみが、観念として己が心に巣食っていたらしく、ひょんなことから心がその観念ばかりで満たされてしまったので、衝動的にTSUTAYAに駆け込み探してみると、なんとDVDになっており、例の観念のみを頼りに約20年ぶりに観返してみたが、これがやはりすげえ面白かった。

 全体的に漫画であり、ギャフンギャグが満載で、それ自体は傑作たる所以たりえるものではないのだが、なんといっても「細かいサモハン・ギャグ」が爆発しているのと、「オールスターキャスト」が魅力なのであった。ちなみに1986年の香港での興行収入第2位(1位は「男たちの挽歌」だからしょうがない)。c0005419_21452321.jpg
 サモ・ハン・キンポー(洪金寶)、ユン・ピョウ(元彪)を筆頭に、ケニー・ビー(鍾鎭濤)、エリック・ツァン(曾志偉)、リチャード・ウン(呉耀漢)、ラム・チェンイン(林正英)、ユン・ワー(元華)、シー・キエン(石堅)、ジェームズ・ティエン(田俊)、ウー・マ(午馬)、ディック・ウェイ(狄威)、倉田保昭、バリー・ロウ(楼南光)、ジェームズ・ティエン(田俊)、ジミー・ウォング(王羽)、ホワン・チョン・リー(黄正利)、オリヴィア・チェン(鄭文雅)、エミリー・チュウ(朱寶意)、ロザムンド・クァン(關之琳)、マン・ホイ(孟海)といった、ジャッキー・チェン(成龍)及び成家班(ジャッキー・アクション・チーム/タイ・ポー、マースら)を除く、70末〜80年代半ばの香港映画全盛期を彩った愉快な面々が勢揃いしている、一大群像活劇だ。出てくる人出てくる人すべてが馴染み深い大物で、各々すべてにちゃんと見せ場があるという、サモハンならではの細かい演出が効きまくっている。

 出ていない人を言った方が早いぐらいで、大物で言えば、ブルース・リー(李小龍)は当時すでに逝去していたからしょうがないが、マイケル・ホイ(許冠文)・リッキー・ホイ(許冠英)・サミュエル・ホイ(許冠傑)のホイ3兄弟、カール・マック(麥嘉)・ジョージ・ラム(林子祥)の「悪漢探偵」組、チョウ・ユンファ(周潤發)・ティ・ロン(狄龍)・レスリー・チャン(張國榮)の「男たちの挽歌」組、アンディ・ラウ(劉徳華)、トニー・レオン(梁朝偉)といった後に大ブレイク組は出ていない。メイバイプレイヤーどころでは、アレックス・マン(萬梓良)、アンソニー・チェン(陳友)、ジョン・シャム(岑建勲)、チャールス・チン(秦祥林)、チュン・ファト(鍾發)、チョウ・ダーワー(曹達華)、ツイ・ハーク(徐克)、トン・ピョウ(董驃)、フィリップ・チャン(陳欣健)、フォン・ツェイファン(馮淬帆)、ユエン・シャオティエン(袁小田)、ラム・ウェイ(林威)、ディーン・セキ(石天)、ロイ・チャオ(喬宏)、女優陣で言えば、アニタ・ムイ(梅艶芳)、カリーナ・ラウ(劉嘉玲)、サリー・イップ、シベール・フー(胡慧中)、ジョイ・ウォン(王祖賢)、シルヴィア・チャン(張艾嘉)、ノラ・ミャオ(苗可秀)、マギー・チャン(張曼玉)、ムーン・リー(李賽鳳)あたりが出演していないが、それ以外は大抵出てるのが恐ろしいところだ。


c0005419_21164162.jpgc0005419_21165445.jpgc0005419_211751.jpgc0005419_2117174.jpgc0005419_21173389.jpgc0005419_21174784.jpgc0005419_2118961.jpgc0005419_21182727.jpgc0005419_21184863.jpgc0005419_2119721.jpgc0005419_21192663.jpgc0005419_21195238.jpgc0005419_2120946.jpgc0005419_21202493.jpgc0005419_21203951.jpgc0005419_21215452.jpg

↑ こいつら全員出てる
↓ 惜しくも出ていない面々

c0005419_21233686.jpgc0005419_21235730.jpgc0005419_2124950.jpgc0005419_21242182.jpgc0005419_21243342.jpgc0005419_21245190.jpgc0005419_2125931.jpgc0005419_21253773.jpgc0005419_21255081.jpgc0005419_2126759.jpgc0005419_21262076.jpgc0005419_21263429.jpgc0005419_21264779.jpgc0005419_212742.jpgc0005419_21271779.jpgc0005419_21294317.jpgc0005419_21314122.jpgc0005419_21315834.jpgc0005419_21321416.jpgc0005419_21323776.jpgc0005419_21325874.jpgc0005419_21331986.jpgc0005419_1453116.jpg

photo from http://hccweb5.bai.ne.jp/k-movie/guide.htm

by ichiro_ishikawa | 2007-09-23 21:12 | 映画 | Comments(4)  

聖書と俺(プロローグ)




 俺が聖書を愛読していることはあまり世間に知られていないが、実は聖書歴は30年なのであった。幼稚園から小6まで日曜学校に皆勤していたのであった。
 聖書を素朴に信じていた真面目な俺だったが、正直者がバカを見る悪の巣窟・小学校で生き抜くためには、聖の部分を隠して偽悪者を演じなければならなかった。
 さらに、「人を殺さなければ人にあらず」が掟、群雄が割拠する戦場・中学校というところでは、キリストが盲目の民の目に手をかざして目が見えるようにしたエピソードや海が裂ける例の逸話は、「作り話」だと一蹴して、悪魔に魂を売り片っ端から人を殺して行かなければ逆に殺られた。
 だが、高校に入り、地下室の実験も順調に回りだした頃、一度葬った聖書をまた紐解くことになり、聖書の話は、「作り話」とかそういう問題じゃない、ということに気づいた。以来、そういう問題じゃないと確信しつつ、今に至っているが、じゃあどういう問題だ、との質問にはうまく答えられずにいた。
 そんな中、小林秀雄経由で、ドイツの相当偉い人、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの次のような言葉に出会い、思わずほくそ笑んだ。

「ローマの英雄などは、今日の歴史家は、みんな作り話だと思っている。おそらくそうだろう。だが、たとえそれが作り話だとしても、そんなつまらぬことを言って、いったい何になるのか。それよりも、ああいう立派な作り話を、そのまま信じるほど、われわれも立派でよいではないか」
(「兄小林秀雄との対話」高見沢潤子)

by ichiro_ishikawa | 2007-09-13 00:40 | 文学 | Comments(0)  

バカ礼賛


 俺はバカをすごく畏怖しているが、世にはバカ文学、バカ映画というものが多数あり、それらを読むにつけ、観るにつけ、打ちのめされる。バカは、日常においても、作品においても、特に好きな、畏れているジャンルだ。

 ジョン・スタインベック『二十日鼠と人間』のバカはすごく輝いている。

 連れの友人がふざけて、バカを池に突き落とす。バカは溺れてしまい、笑っていたその友人が結局助ける。するとバカはこう言い放つ。
 「お前は命の恩人だ!」

 レフ・トルストイその名もズバリ『イワンのバカ』のイワンも美しいバカだ。

 ひょんなことから王様になったバカ。次第に国民にバカがばれ出し、妃が、「みんながあなたのことをバカと申しております」と心配して告げると、バカはこう言い放つ。
 「そうか、よしよし!」

 なぜバカに惹かれるか。野暮な分析はするまい。大学時代、塾講師をしていた時分のノスタルジアを分析に代える。

 塾は成績別に明確にクラス分けがされているから、講師目線からすると、優秀なクラスだと授業を進めるのが楽なわけだ。彼らは黙っていても勝手に勉強するし、説明も理解する。
 だが、バカなクラスは大変だ。5倍疲れる。まず、いやいや塾に来ているから常にふさげているし、寝ている。その都度ぶっ飛ばしたり、罵詈雑言を浴びせるのだが、きゃつらはおそらく聞いてねえ。しかも、説明してもその説明に使う言葉の意味もまた説明しなければならず、てこずることこの上ない。
 そんなバカどもの中に、すごく真面目で一生懸命話を聞き勉強している女生徒がいた。ふざけたジャリガキとは一切交わらず、化粧っ気もなく、ひたすら勉強にいそしむ彼女。
 講師が、いわゆる「この問題分かる人」的な煽りをかけると、彼女、おそるおそる挙手。指してみると、ハニカミながら、「……」とダンマリを決め込む。俺は、「?、なら挙手しなきゃいいべよ」と心中思いつつ、「座れ」と促す。
 テストをすると、ふざけたバカどもより点数がさらに著しく低いのだった。ふざけたバカどもは、不真面目なだけで、たぶん、やれば普通に出来るのだが、この真面目な女生徒は、モノホンのバカなのだ。また、ふざけたバカどもは学校では野球部のエースだったりして、それはそれで凄いのだけれど、彼女は、友達もおらず、運動も出来ず、学校的な取り柄が何もない。
 ジャリ共は、叱られると「ケッ!」といった悪態をつき、生活力はありそうだが、この女生徒は「……」と、泣きそうになってしまう。
 
 俺は、このバカな彼女が今どうしているか凄く気になっており、たまに思い出すと胸がキュンと締め付けられるのだった。

by ichiro_ishikawa | 2007-09-06 23:31 | 日々の泡 | Comments(0)