<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

「en-taxi」最新号は小林秀雄特集


ロックンロール・ブック愛読者11人
(&浮動票100人)に朗報!

 出版不況と言われ久しい昨今、軒並みマーケティング至上主義のくだらねえお約束雑誌、書籍ばかりが林立する悲惨な状況下、もはや唯一といっていい、マーケティング丸無視で、「真に価値あるものを」という編集者の信念だけで作られている、文芸誌「en-taxi」(実売部数200万部/JRA調べ)。

 当ブロムでは、その看板作品でもあったリリー・フランキー「東京タワー」に関する感想を始め、雑誌ベスト5などの企画で何度か紹介してきたが、その「en-taxi」が、6月末日売りの2008年夏号で、遂に、大本命、小林秀雄の特集を組んできた

 責任編集者である福田和也が、傑作「日本人の目玉」などで小林秀雄の秀逸な批評を展開していることも当ブロムでは触れてきたが、その彼が、満を持して放つ、一大特集、その名も「小林秀雄、批評のビートニクス」! おまけに巻頭の彼の原稿のタイトルは「ウィズ・メンフィス・ブルース・アゲイン」ときた!

 そして、なんと、そこに!

俺が、寄稿しているのだった!!

 5月から動いていたこの「プロジェクトA(原題=A計劃)」。
 「孤高のロック文士」というタイトルで、P44-47の計4pにわたり響き渡る、小林秀雄へのソウル・ミュージックだ!
 舞台は「en-taxi」、素材は「小林秀雄」、担当編集は「東京タワー」の方、という3連単100万馬券ズバリ!
 一般誌での署名原稿は、ビックコミックスピリッツ、ヤングジャンプ以来、実に14年ぶり!

 グルーヴィーな小林秀雄賛歌を、ノドが枯れるまで、ストロークしすぎで爪がなくなるまで、奏で倒しています。キーはA7! 第2特集は奇しくもギャンブル!
 文芸誌「en-taxi」2008年夏号は、全国書店で6月30日(月)発売!
 ぜひ、ご高覧あれ!

c0005419_103212.jpg

by ichiro_ishikawa | 2008-06-28 22:41 | 文学 | Comments(4)  

連載企画 ベルクソンの「物質と記憶」を読む vol.1


 小林秀雄が「原典を読んだらいいんです」と言うので、先月ぐらいからアンリ・ベルクソンの「物質と記憶」をじっくりと、読み進めているが、何を措いても、「物質と記憶」について「書く」という試みがまずすげえ。難しい現実について、天才が、何十年も思索に思索を重ねて書いたものなので、実にゆったりとしたペースで読んでいかざるを得ないのだが、困った事にカバー見返しのプロフィールから先に進まないのだった。

「1859-1941年。パリ生まれ。旧来の認識論の限界を超えるべく実証主義の手法を採り入れ、すべてを持続の相の下に捉え直し、直観によってこそ生きた現実が把握されるとする独自の経験論を確立した」。

 すべてを持続の相の下に捉え直したか…。それがプロフィールか…。
 とりあえず、本文に進むか…。

by ichiro_ishikawa | 2008-06-25 02:50 | 文学 | Comments(0)  

ポール・ウェラー ベスト5


 ポール・ウェラーが、イギリスの音楽誌『Q』に「成功の秘訣は髪」と語ったという。
「まだ髪の毛があって、ほんとにホッとしてる。髪がない俺の姿を想像してみろ。大惨事だ。誰も、禿のモッズなんか真剣にとらないからな」

 というわけで、ウェラーの変遷をYouTubeで辿らん。

The Jam「In the city」(1977)
c0005419_1563478.jpgスモール・フェイセズ、ザ・フーといったモッズ(黒人R&Bフリークのイギリス白人)に憧れたパンク時代。こんな髪形が決まるのはポール・ウェラーだけ。

The Jam「Art School」(1977)
c0005419_1561377.jpg細身のスーツ、スカーフといった着こなしは、ピストルズなどと一線を画すスタイリッシュさがある。その辺、黒人ビ・バップの影響を受けたアメリカのビートニクと通ずるものがある。

The Jam「Heatwave」(1979)
c0005419_157012.jpgマーサ・リーブス&バンデラスのカバー。モータウンやスタックスといったR&Bの大ファンぶりが露骨に出ているが、どうもロックになってしまう。

The Jam「Move On Up」(1982 granada tv)
c0005419_1571912.jpgカーティス・メイフィールドのカバー。やっぱロックになっちまってる。

The Style Council「Walls Come Tumbling Down」(1985)
c0005419_158925.jpgその時、自分にジャストなものをやる、ウェラーのやり方は、いい。ジャズ、R&Bをやりたいウェラー。当時はお洒落サウンド扱いされたが、スタイル・カウンシルはソウル・ミュージック。でもどうしてもまだロック。ところでこの髪形すげえいい。

Paul Weller「Sunflower」(1993)
c0005419_1575261.jpgソロとなってようやくぐっとR&Bに辿り着く。でもロック。ウェラーはそこがいい。

Paul Weller「Echoes Round The Sun」(2008)
c0005419_1210504.jpgノエル・ギャラガー参加。ニューアルバム『22 Dreams』からの先行シングル。昨年は、英女王から与えられるCBE(Commander Of The British Empire/大英帝国上級勲爵士)の称号を辞退するなど、大御所という棺おけに片足突っ込みかけたがとどまった。

by ichiro_ishikawa | 2008-06-12 01:48 | 音楽 | Comments(0)  

「Say Man」和訳


 Bo Diddley唯一のトップ20ヒットで、「Say Man」という曲があるが、これは、軽快なリズムをバックに、ボ・ディドリーと悪友のマラカス奏者ジェローム・グリーンとのだべりが延々と繰り広げられる曲。このだべりは、ダズンズ(The dozens)と呼ばれるアフリカン・アメリカンの伝統、習慣のひとつらしい。1対1で互いに相手に関する罵りの言葉を言いあって、先に怒ったり言い返せなくなったほうが負け、というゲームだという。この曲では、オチで、ジェロームがケタケタ大爆笑しているのだが、さぞ面白い話をしているのだろうと、てめえで訳してみた。だが、黒人スラングなのかしらんが、辞書に載ってねえ単語がバンバン出てくるし、口語なのか知らんが受験英語の文法知識では太刀打ちできず。雰囲気とカンでなんとなく和訳してみたが、結局、オチがなんで面白いのか分からねえという始末。訳し方がまずいのやもしれぬ。正解を知りたい。
(オリジナルの歌詞はここに/ここでは視聴も可能)


「Say Man」 ←そも、これなんて訳せば?
Bo Diddley (1959)

ジェローム「なあ」
ボ「なんだよ」
ジェローム「お前の女の事だがよ、うひゃひゃひゃひゃひゃ!」
ボ「俺の女がどうした」
ジェローム「ああ、でもこの話聞くとお前落ち込むかもな、気弱だから、うひゃひゃひゃ!」
ボ「なわきゃねえ」
ジェローム「気分を害さねえかな」
ボ「お前とここにいるだけですでに害してる」
ジェローム「へっ、こないだよ、お前の女と歩いてたんだ」
ボ「ほう」
ジェローム「風がえらい強かったんだ」
ボ「ああそう?」
ジェローム「風で彼女の髪が俺の顔にかかっちまってな」
ボ「ほう」
ジェローム「さらに何が起こったと思う? 」
ボ「どうした?」
ジェローム「風で彼女の髪が俺の顔にかかっちまってな」
ボ「おう」
ジェローム「で、またしばらくしてよ、残りの話も聞きたいか」
ボ「当然だ、当然の助動詞だ」
ジェローム「風で彼女の髪は地面に落ちちまったのさ!」

ボ「OK、お前が俺の女の話をしたから、俺はお前の女の話をするぜ。お前の女と道を歩いてたんだ、OK?」
ジェローム「おう」
ボ「家へ送ったんだ、茶しようとな」
ジェローム「家まで送った?」
ボ「ああ、茶しにだ」
ジェローム「おう」
ボ「だがその娘はひでえ不細工で、水を飲むためにグラスに口を近づけなきゃならなかった」(←誤訳か? 意味不明)
ジェローム「うひゃひゃひゃひゃひゃ! 人を醜いなんて言うべきじゃないぜ、こうのとりにしょっぴかれちまうぜ、うひゃひゃひゃひゃひゃ!」(←誤訳か? 意味不明)
ボ「そりゃそうだ。俺のオカンは、俺が眠れるようにシーツを俺の頭にかぶせる必要がなかったのだからな!」(←誤訳か?意味不明)


ジェローム「なあ」
ボ「なんだ?」
ジェローム「出身はどこだ、うひゃひゃひゃひゃひゃ!」
ボ「南部だ」
ジェローム「なんて?」
ボ「南部」
ジェローム「俺にはそうは思えんな」
ボ「南部だっつーの」
ジェローム「のどこだ?」
ボ「南テキサスだ!」
ジェローム「うひゃひゃひゃひゃひゃ! 貴様のワークブーツはどこだ?」
ボ「いま履いてる」
ジェローム「そりゃワークブーツじゃないぜ、broguettesさ!(←単語不明)」

ジェローム「なあ」
ボ「なんだ」
ジェローム「貴様が何者か考えてた」
ボ「貴様が何者かは俺には分かってるぜ」
ジェローム「何だ?」
ボ「ピーナツをぶつけるべき相手だ」
ジェローム「うひゃひゃひゃひゃひゃ!」

ジェローム「なあ」
ボ「なんだ?」
ジェローム「お前、恥じるべきだぜ」
ボ「なぜ?」
ジェローム「人を醜いと言うし、うひゃひゃひゃひゃひゃ!」
ボ「お前を醜いとは言ってないぜ」
ジェローム「じゃあなんと?」
ボ「おまえは失敗作だ、以上!」

ジェローム「なあ」
ボ「なんだ」
ジェローム「お前は醜い棒でウープされたように見えるぜ! うひゃひゃひゃ!」(←誤訳か?意味不明)
ボ「おい! 俺はその醜い棒で何もする事はないが、お前をぶつ…! うひゃひゃ!」(←誤訳か?意味不明)

by ichiro_ishikawa | 2008-06-06 23:57 | 音楽 | Comments(0)  

ボ、死す


ボ・ディドリー Bo Diddley (1928-2008)

c0005419_319352.jpg
The New York Times

c0005419_22163.jpg

c0005419_2212520.jpg



「音楽のパイオニアで、独特なスタイルを生み出した伝説的存在だった。一緒に演奏した時は楽しかったなあ。ファンはさぞかし悲しむだろう。でも彼の伝説は永遠に生き続けるんだ」(B.B.キング)

「マディ・ウォーターズやチャック・ベリーに近いが、ディドリーは危なっかしいほどに魅力的だ。そこにはアフリカの香りがする。挑発的で、われわれが今愛している音楽はミシシッピ以外の他の場所から来たんだと言いたげだ」(キース・リチャーズ)

「俺が好きになったバンドはみんなボ・ディドリーが好きだった。ボを聴いてみた。その日からルーツ・ミュージックへの長い旅が始まったんだ」(俺)

「たくさんのバンドが俺の曲をカバーした。でもそのカネはどこにいったんだ?俺のところには来ちゃいないぜ」(ボ・ディドリー)


「Desire / U2」
c0005419_2472089.jpg


「How Soon Is Now / The Smiths」
c0005419_19474977.jpg


「Panic In Detroit / David Bowie」
c0005419_19483633.jpg


「Magic Bus / The Who」
c0005419_3282610.jpg


「Not Fade Away / The Rolling Stones」
c0005419_2401368.jpg


「His Latest Flame / Elvis Presley」
c0005419_1949043.jpg


by ichiro_ishikawa | 2008-06-04 02:40 | 音楽 | Comments(1)