<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

俺とコバヤシと鎌倉で

 先般、鎌倉へ行った際、小林秀雄の行きつけだった天ぷら屋「ひろみ」で「小林秀雄丼」を食した。小林は、かきあげ・穴子・メゴチだけのった天丼を好み、そのメニューがいつしか「小林丼」と呼ばれるようになったという。
 俺は舌のレベルが低いため、たいてい何でも美味いと感じてしまうが、ここの天ぷらはものすげく美味かった。子供の頃に小林を何度も見かけていたという二代目のマスターに小林の事を聞いてみたかったが、何百回も聞かれているだろうし、何より、マスターに話しかける、なんて粋なことが俺は出来ないため、黙って食って黙って出た。ただ注文の際、「小林秀雄(丼)」と世間に向けて発語出来たことは、何かしら意義のある事だったと思っている。
c0005419_244470.jpg



 ついでに鶴岡八幡宮をはじめて訪れた。今年の3月に強風で倒れ切断された樹齢1,000年と言われる大銀杏を見に行った。1219年1月27日夜、神拝を終えた源実朝は退出の最中、この大銀杏に隠れていた甥の公暁に首をはねられた。小林秀雄の「実朝」、太宰はんの「右大臣実朝」に書かれている。
c0005419_24516.jpg



 その足で、東慶寺へ。「崖の下に小さな流れのある、紅葉の木がおおいかぶさっている場所をみつけ、この崖を少しけずって場所をつくってくれ、と住職に頼みこん」で作った、小林秀雄の墓がある。墓石には、戦後、関西の骨董屋で見つけ自宅の庭に据えていた鎌倉初期の五輪塔が置かれている。墓を堀りかえして潜り込み、いっそ隣りで永眠したかったが、紅葉があまりにも奇麗だったため、よした。これが、2010年のハイライトだった。
c0005419_242695.jpg


by ichiro_ishikawa | 2010-12-31 02:07 | 日々の泡 | Comments(0)  

追悼、キャプテン・ビーフハート

キャプテン・ビーフハート(1941-2010)







by ichiro_ishikawa | 2010-12-30 22:44 | 音楽 | Comments(0)  

2010年 音楽ベスト5

第9位
Le Noise
Neil Young
c0005419_2253825.jpg

Neil Young - Le Noise - The Film


第8位
Alan Lomax in Haiti (W/Book)
Various Artists
c0005419_22314477.jpg




第7位
National Ransom
Elvis Costello
c0005419_22323488.jpg




第6位
Olympia
Bryan Ferry
c0005419_2229112.jpg




第5位
Africa 50 Years of Independance 1960-2010 [Box Set]
Various Atists
c0005419_2228517.jpg





第4位
Live At Hollywood High/The Costello Show Vol. 2
Elvis Costello And the Attractions
c0005419_22363542.jpg




第3位
Witmark Demos: 1962-1964 the Bootleg Series 9
Bob Dylan
c0005419_22331887.jpg




第2位
Exile on Main St. [deluxe edition]
The Rolling Stones
c0005419_22353869.jpg




第1位
SIDE B
BAN BAN BAZAR
c0005419_22435076.jpg


by ichiro_ishikawa | 2010-12-29 22:50 | 音楽 | Comments(0)  

池田晶子『残酷人生論』、唐突に復刊

 池田晶子、初期の最高傑作『残酷人生論』が、毎日新聞社から増補改訂版として唐突に復刊した。
c0005419_22143570.jpg


 『残酷人生論』は、全作が最高傑作池田晶子の著作の中でも俺が最も気に入っている作品で、初めて池田晶子と出会ったのが、何を隠そうこの『残酷人生論』だったということを知っておくのはよい事だ。

 俺が、はじめて池田晶子に出くわしたのは、26歳の春であった。その時、俺は、四谷をぶらぶら歩いていた、と書いてもよい。向こうからやって来た見知らぬ女が、いきなり俺を叩きのめしたのである。俺には、何の準備もなかった。ある本屋の店頭で、偶然見つけた情報センター出版局の「残酷人生論」の四六判に、どんなに烈しい爆薬が仕掛けられていたか、俺は夢にも考えていなかった。しかも、この爆弾の発火装置は、俺の覚束ない哲学の力なぞ殆ど問題ではないくらい敏感に出来ていた。四六判は見事に炸裂し、俺は、数年の間、池田晶子という事件の渦中にあった。それは確かに事件であったようにも思われる。文学とは他人にとって何であれ、少なくとも、自分にとっては、或る思想、或る観念、いや一つの言葉さえ現実の事件である。と、はじめて教えてくれたのは、池田晶子だったように思われる。
 

by ichiro_ishikawa | 2010-12-29 22:09 | 文学 | Comments(0)  

2010年 本ベスト5


第6位
「ボブ・ディラン 全年代インタビュー集 完全保存版」(インフォレスト)
c0005419_2258656.jpg


第5位
「街場のメディア論」内田 樹(光文社新書)
c0005419_2333818.jpg


第4位
「妻の超然」絲山 秋子(新潮社)
c0005419_2254494.jpg


第3位
「神的批評」大澤 信亮(新潮社)
c0005419_22572990.jpg


第2位
「思想家の自伝を読む」上野 俊哉(平凡社新書)
c0005419_22575071.jpg


第1位
「事象そのものへ! [新装復刊]」池田 晶子(トランスビュー)
c0005419_2305490.jpg

by ichiro_ishikawa | 2010-12-29 21:43 | 文学 | Comments(0)  

硬派ドキュメンタリー「神之真券は本物か」

08年秋華賞1000万を始め大穴馬券を次々と的中させ、今、競馬界を震撼させている信念の馬券術「神之真券」。
果たして神之真券は本物か!? 神之総帥にジャーナリスト柳原悟巳が斬り込む!



マニアック動画なら「OUTSIDE TV」
競馬で蔵立てるなら「神之真券

by ichiro_ishikawa | 2010-12-03 02:04 | 総務便り | Comments(0)