<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

中庸といふこと

 いくら弱っても泣き言、繰り言のたぐいを一切言わない、屈強な精神力の持ち主として有名な俺だが、さすがに参ることもある。そんな夜、俺は、小林秀雄をひもとく。
 今日は(も?)、中庸、ということについて思いを巡らせた。

 小林秀雄は、デビュー作でいきなり中庸だ。
 何々主義みたいな意匠をまとって別の何々主義を批判してああだこうだ喧しい連中を、全員、片っ端からクロスカウンターでのめしたあと、こうつぶやく。

 私は、今日日本文壇のさまざまな意匠の、少くとも重要とみえるものの間は、散歩したと信ずる。私は、何物かを求めようとしてこれらの意匠を軽蔑しようとしたのでは決してない。ただ一つの意匠をあまり信用し過ぎない為に、寧ろあらゆる意匠を信用しようと努めたに過ぎない。
「様々なる意匠」(1929年、小林秀雄、27歳)

 これが中庸、である。

 さらに、20年後、孔子の『論語』に出てくる「中庸」という考えについて独自の考えを述べる。それは、おそらく、そうでしかない、孔子の真意に達している。

 両端にある考え方の間に、正しい中間的真理があるというような、考え方ではなかったのである。(略)様々な種類の正しいと信じられた思想があり、その中で最上と判定するものを選ぶことなどが問題なのではない。凡そ正しく考えるという人間の能力自体の絶対的な救助とか、回復とかが目指されているのだ。そういう希いが中庸と名付けられているのである。
「中庸」(1952年、小林秀雄、49歳)

 小林秀雄は、終生、一貫して、「無私」「中庸」であった。その信念は全くぶれない。

収録文庫「Xへの手紙・私小説論」(新潮文庫 580円)
c0005419_195634.jpg



 
 ところで、もうすぐこの俺も40歳。で、俺の座右にはいつも小林秀雄全集なわけだが、小林秀雄が40歳の時書いたものは、なんと最高傑作と名高い、「無常といふこと」なのだった……。40歳のとき、無常といふことを書くの、すげえ分かる。
 ちなみに、時は1942年。太平洋戦争の最中であったことに思いを致してみるのは良いことだ。

収録文庫「モオツァルト・無常という事」(新潮文庫 500円)
c0005419_174368.jpg

by ichiro_ishikawa | 2011-05-31 01:14 | 文学 | Comments(2)  

布袋寅泰 ライヴ寸感

知人の帰りな、いや、粋な計らいで布袋寅泰ライヴ鑑賞。
超満員の客席に加齢臭がムンムン立ちこめる中、布袋の最も表面的な部分を矢継ぎ早に分かりやすく強調して披露した、大衆向けの大エンターテインメント・ショーだった(いい意味)。

HOTEI THE ANTHOLOGY “威風堂々”
Tonight I'm Yours!
〜GUITARHYTHM GREATEST HITS & REQUESTS〜
2011.5.20 FRI. 国立代々木競技場第一体育館

ドラムス/中村達也(BLANKEY JET CITY)
ベース/井上富雄(ルースターズ)
キーボード/奥野真哉(ニューエスト・モデル)
プログラミング/岸利至
コーラス/JILL(PERSONZ)
コーラス/中村敦(KATZE)

シングル疾走タイム
1. Change Yourself (1997)
2. スリル(1995/King & Queen)
3. Image Down(BOφWY 1981)※vo. audience(エアーBOφWY )
4. さらば青春の光(1993/Guitarhythm IV)※vo. audience
5. サレンダー(1994/Guitarhythm IV)
6. Diving with My Car(1992/Guitarhythm III)

BOφWYタイム
7. Blue Vacation(BOφWY 1986/Just A Hero)※vo. Teru(GLAY)
8. 1994 - Lebel of Complex(BOφWY 1986/Just A Hero)※vo. Teru(GLAY)
9. Beat Sweet(BOφWY 1986/Beat Emotion)※vo. Teru(GLAY)

バラッドタイム
10. Promise(2011)
11. Nobody Is Perfect(1999)

JILLアカペラタイム
12. Dear Friends(Personz 1989)※vo. JILL(Personz)

3ピース・セミアコタイム
13. Circus(1997)
14. Merry- Go-Round(1997/Guitarhythm II)
15. Poison(1995)

CLIMAXタイム
16. Starman(1991/Guitarhythm II ※David Bowie cover
17. サイバーシティーは眠らない(1996)
18. ホンキー・トンキー・クレイジー(BOφWY 1985/BOφWY)※vo. audience(エアーBOφWY )
19. Climb(1989/Guitarhythm)

encore 1
20. 恋をとめないで(Complex 1989)
21. Dreamin'(BOφWY 1985/BOφWY)※vo. Teru
22. Radio! Radio! Radio!(1991/Guitarhythm II)

encore 2
23. Fly Into Your Dream(1991/Guitarhythm II)


寸感

◆30年間、アングラに逃げず、良質のポップ生み出してるの、すげえ。
◆ギターリストなのに、ピンでポップフィールドの第一線に立ったの、すげえ。
◆リズム感、カッティングがやっぱすげえ。
◆リフ、ソロフレイズ、メロディが歌えるほどキャッチーでポップ(ひねりアリ)。
◆手足が長く長身で、戯画化されたギターヒーローを地で行く姿がサマになっている。
◆ロシアンクォーターにしてコリアンハーフという混血がやっぱ規格外。
◆JILL、いい。
◆ベース井上富雄つけ。
◆BOφWYの曲、TERUに歌わせるのはいじめ。
◆ベスト6は、「ホンキー・トンキー・クレイジー」「Image Down」「1994 - Lebel of Complex」「Beat Sweet」「Blue Vacation」「Dreamin'」。
◆氷室の「不在の存在感」、ものすげえ。


by ichiro_ishikawa | 2011-05-25 01:06 | 音楽 | Comments(0)  

左利きと俺

利き腕ならぬ利き耳というものがどうやらあるらしく、耳に関して俺は左利きであることが判明した。
右手に持った携帯を左耳にあてている俺の姿を正面から見た人間から、なんでスケ番刑事みたいに?と問われ、そういやいつも無意識に左耳にあてているな、と初めて気づいた次第だ。

試しに右にあててみると、著しく聞こえが悪い。全く聞こえないといっても強ち大げさではない。
以下、考察結果。
俺は元来「超右利き」で、バスケでも右手のドリブルは田臥クラスだが、左は常人並と、極端な開きがあったし、握力、肩力、パンチ力、キック力その他、右だけプロ並、ペンも右手だととてつもなく達筆で、絵筆を持たせれば岡本並み。だが左では極端に「全く」何も出来ないのだった。
つまり右に異常なパワーを注ぎすぎているため、「比較的、受動的な機能」である聴力は、バランスをとって左が異様に自然発達したのだ。だから俺に何かを音声で伝えたい輩は意識して気持ち左に立たれたし。
体の部位単位でもオール・オア・ナッシングな俺、もうすぐ40歳、初夏。

by ichiro_ishikawa | 2011-05-23 21:08 | 日々の泡 | Comments(0)  

友達がいないということ

良書。リアル。
孤高というすり替えでも、ましてその美化でもなく、お説教でも、励ましでも、卑下でも、自己憐憫でもない。

友達がいないということ (ちくまプリマー新書 159)
小谷野 敦
c0005419_1404097.jpg

by ichiro_ishikawa | 2011-05-14 01:45 | 文学 | Comments(0)  

追悼、コーネル・デュプリー

コーネル・デュプリー
Cornell Dupree(1942ー2011)
c0005419_2444810.jpg



by ichiro_ishikawa | 2011-05-12 02:46 | 音楽 | Comments(0)  

特別企画「手紙の頭語ベスト5」

3位 前略

挨拶を略すの、いい。
実質、手短に挨拶している、という機能美、素晴らしい。


2位 冠省

やはり略式の類いだが、格式ばり加減がジャスト。
ちなみにこの場合、結びは不一がいい。謙虚かつ骨太なテイストが素晴らしい。


1位 挨拶ぁ抜きだ

ジョーが少年院から段平に送った手紙より。
c0005419_16364560.jpg


これは、前略、冠省などがイメージする漢詩的テイストを散文詩化した趣あり。
ジョーは小学校もろくに出ていないにもかかわらず、端々のセリフが意外と文学的な事に気づくのはよいことだ。梶原一輝ならでは。
でもハガキにルビふるつけ。

by ichiro_ishikawa | 2011-05-12 02:42 | 文学 | Comments(0)