<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

稲垣潤一&杉山清貴ベスト5


その良し悪しの趣味はおそらくかなり偏つてゐるのだが、俺は声がいいシンガーが好きだ。

氷室が好きなのもその理由の殆どが声で、
鈴木雅之や玉置浩二、寺尾聰、大沢誉志幸、井上陽水、そして忌野清志郎もまづ声が素晴らしいと思つてゐる。

共通点は何だらう。ソウルフルか。さうかもしれぬ。そんな気もする。

そんな中、盲点だつたのが、稲垣潤一と杉山清貴だ。

稲垣潤一は、昨年の松本隆作詞家生活40周年イベント「風街レジェンド」で、「バチェラーガール」を生で聴き、その再評価の機運が高まつた。以来youtubeでエンドレスリピート、かつ全アルバムまで買つてしまつた。
その流れで杉山清貴にも行き着いた。

彼らは俺が少年期の80年代に活躍してゐたシンガーなのだが、前述の鈴木雅之らほど気にすることもなかつたのは、キラキラしたスポーツマンだつた俺に引つかかるには、彼らの容姿やステージングが地味過ぎたからだらう。要するに少し大人向けだつたわけだ。
だから齢45にして漸く稲垣と杉山がフィットしてきた次第だ。

「バチェラーガール」は大滝詠一だから曲もグンバツだが、それ以外もなかなかどうして佳曲揃い。
以下、稲垣潤一&杉山清貴ベスト5。


稲垣潤一「ドラマティック・レイン」(1982年)
作詞:秋元康/作曲:筒美京平


大滝詠一「バチェラーガール」(1985年)
作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一



稲垣潤一「バチェラーガール」(1985年)



稲垣潤一「思い出のビーチクラブ」(1987年)
作詞:売野雅勇/作曲:林哲司



稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」(1992年)
作詞:秋元康/作曲:三井誠



稲垣潤一「恋するカレン」(大滝詠一1981年)
作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一



杉山清貴&オメガトライブ「サマー・サスピション」(1983年)
作詞: 康珍化/作曲・編曲: 林哲司



杉山清貴「ふたりの夏物語」(1985年)
作詞: 康珍化/作曲・編曲: 林哲司



杉山清貴&オメガトライブ「ガラスのPALM TREE」(1985年)
作詞: 康珍化/作曲・編曲: 林哲司



杉山清貴「さよならのオーシャン」(1986年)
作詞: 大津あきら/作曲: 杉山清貴



杉山清貴「最後のHolyNight」(1986年)
作詞: 売野雅勇/作曲: 杉山清貴/編曲: 笹路正徳



by ichiro_ishikawa | 2016-11-25 23:19 | 音楽 | Comments(0)  

BECK'Sを全駅に

何故俺がBECK'S好きかと云へば、
席にコンセントがあり、
かつタバコが吸へるからで、
さらにそれが駅構内にあるからだ。
下手したらホームにある。

つまり駅ホーム内で、
毎分1%バッテリーが減つて行くiPhoneを充電でき、
かつ煙草を吸へるのが、
BECK'Sといふ茶店だ。ありがたい。

昨今は新幹線以外の電車は特急含め全面禁煙だから、
長期移動中に一本だけ吸ひたくなつた時など、乗り継ぎホームでそれが可能となるわけだ。

だが全駅にあるわけではないのが惜しい。
何より東京駅にないのは痛恨。
八重洲口、丸ノ内口両サイドそれぞれの北・中央・南の全方位に欲しい。
かつ全線のホーム内にあれば万全だ。
さらに店内にJAZZを流してゐてくれれば、
駅で暮らしてもよい。

by ichiro_ishikawa | 2016-11-25 16:55 | 日々の泡 | Comments(0)  

【資料】小林秀雄著作の整理


c0005419_00092519.jpg


小林秀雄はその著作名が「感想」「文學」など、ぶつきらぼうで、また「ドストエフスキイ」「ゴッホ」「本居宣長」のやうに対象名そのままだつたり、かつそれらがいろいろな版元から様々なる仕様で再販されてゐるものだから、蔵書整理に悩まされる。
そこで今回は、同タイトルで複数版元・仕様で出てゐるものを以下にまとめん。
 (★)=現刊行(それ以外は絶版)



様々なる意匠・Xへの手紙・私小説論

『様々なる意匠』
・改造社 昭和9年5月20日

『私小説論』
・作品社 昭和10年11月8日 ※装幀:青山二郎。函入。古書価格31,320円〜(2014.8.15)
・作品社 昭和11年10月29日 ※菊半截判
・作品社(上製版)昭和13年6月30日
・作品社(普及版)昭和13年6月30日
・創元文庫 昭和26年10月25日 ※「私小説論」を全編にわたり加筆修正

『Xへの手紙』
・野田書房 昭和11年1月20日 ※限定360部/函入。古書価格26,250円〜(2014.8.15)
・芝書店 昭和24年7月30日
・角川文庫 昭和29年5月10日

『Xへの手紙・私小説論』
・新潮文庫 昭和37年4月12日(★)

『様々なる意匠・Xへの手紙』
・角川文庫(改版) 昭和43年11月10日



ドストエフスキイ

『ドストエフスキイ』
・アテネ文庫(弘文堂)昭和23年9月15日講談社 昭和41年6月10日特製300部
・講談社(名著シリーズ) 昭和41年6月10日

『ドストエフスキイの生活』
・創元社 昭和14年5月20日 装幀:青山二郎
・創元文庫 昭和26年9月25日 解説:河上徹太郎
・角川文庫 昭和31年8月20日
・新潮文庫 昭和39年12月20日 解説:江藤淳(★)
・角川文庫(改版) 昭和43年10月28日 解説:吉田生
・創元選書 昭和50年12月10日
・東京創元社 昭和50年12月25日 純白総皮上製/限定600部

『ドストエフスキイ全論考』
・講談社 昭和56年11月25日

『ドストエフスキイの文学 「白痴」について他』
・角川選書 昭和43年10月20日



無常といふ事・モオツァルト

『無常といふ事』
・創元選書 昭和21年2月25日
・花文庫(創元社) 昭和21年9月15日
・創元社 昭和24年1月30日 ※装幀:青山二郎<
・創元文庫 昭和27年8月5日 ※解説:河盛好蔵
・角川文庫 昭和29年9月20日 ※解説:河盛好蔵
・槐書房 昭和48年11月15日 ※限定版

『無常という事』
・角川文庫改版 昭和43年5月20日 ※解説:佐古純一郎

『モオツァルト』
・百花文庫(創元社) 昭和22年7月15日 ※初出誌にある母への献詞を省く
・日産書房 昭和24年4月15日 ※初出誌にある母への献詞を復活
・角川文庫 昭和34年8月10日 ※解説:河上徹太郎
・角川文庫(第11刷改版) 昭和44年8月10日 ※解説:河上徹太郎/座談「小林秀雄とのとある午後」は12刷以降省かれる
・槐書房 昭和50年11月30日 ※限定A版155部
・槐書房 昭和50年11月30日 ※限定B版212部
・槐書房 昭和50年11月30日 ※限定著者版26部

『モオツァルト・他』
・創元文庫 昭和28年1月15日 ※解説:河上徹太郎

『モオツァルト・無常といふ事』
・新潮文庫 昭和36年5月15日(★)

『モーツァルト』
・集英社文庫 平成3年4月25日




ゴッホ、近代絵画

『ゴッホの手紙 書簡による伝記』 
・新潮社 昭和27年6月15日
・角川文庫 昭和32年10月30日
・角川文庫(改版) 昭和43年8月26日

『芸術随想』 
・新潮社 昭和41年12月10日
・新潮社 昭和42年1月18日 ※限定1000部

『近代絵画』
・人文書院 昭和33年4月15日 ※豪華版 ジャケット附B5上製函入
・新潮社 昭和33年12月5日
・新潮文庫 昭和43年11月30日(★)





文芸評論

『文芸評論』
・白水社 昭和6年7月10日 ※装幀:青山二郎。古書価格30,000円〜(2014.8.15)
・日産書房 昭和23年6月15日
・日本近代文学館 昭和44年9月10日 ※白水社版の完全復刻

『続文芸評論』
・白水社 昭和7年11月1日装幀青山二郎
・日産書房 昭和23年11月15日

『続々文芸評論』
・芝書店 昭和9年4月15日 装幀青山二郎
・日産書房 昭和24年6月10日

『文芸評論集』
・改造社 昭和11年7月10日

『文学』
・創元選書 昭和13年12月15日

『文学2』
・創元選書 昭和15年5月20日

『文学・芸術論集』
・白凰社 昭和45年12月10日

『文芸評論 上巻』
・筑摩叢書 昭和49年5月25日

『文芸評論 下巻』
・筑摩叢書 昭和49年9月5日

『小林秀雄初期文芸論集』
・岩波文庫 昭和55年4月16日
・岩波クラシックス 昭和58年3月28日

『小林秀雄全文芸時評集 上』
講談社文芸文庫 2011年7月9日

『小林秀雄全文芸時評集 下』
講談社文芸文庫 2011年8月11日



対談

『文壇よもやま話 上巻』日本放送協会
・青蛙房 昭和36年4月15日
・中公文庫 平成22年10月25日 ※全集に未収録

『歴史よもやま話 日本篇 下』 池島 信平
・文藝春秋 昭和41年8月1日
・文春文庫 昭和57年3月25日

『対話 人間の建設』 岡潔・小林秀雄
・新潮社 昭和40年10月20日
・新潮社 昭和53年3月20日

『人間の建設』 岡潔・小林秀雄
・新潮文庫平成22年3月1日(★)

『小林秀雄対話集』
・講談社 昭和41年1月20日
・講談社(名著シリーズ) 昭和41年8月10日
・講談社文芸文庫 平成17年9月10日(★)

『小林秀雄対談集 歴史について』
・文藝春秋 昭和47年4月20日
・文春文庫 昭和53年12月25日

『文学と人生について 小林秀雄対談集Ⅲ』
・文春文庫 昭和57年12月25日



ヴァレリイ、ジイド、アラン、サント・ブウヴ (翻訳)

『テスト氏Ⅰ』 ポオル・ヴァレリイ
日本放送協会江川書房 昭和7年4月20日装幀小林秀雄。限定400部。

『テスト氏』 ポオル・ヴァレリイ
・野田書房 昭和9年10月15日 装幀青山二郎
・野田書房(普及版) 昭和11年9月17日

『パリュウド』 アンドレ・ジイド
・岩波文庫 昭和10年9月30日

『パリュウド 鎖を離れプロメテ』 アンドレ・ジイド
・新潮文庫 昭和27年8月15日

『精神と情熱とに関する八十一章』 アラン
・創元社 昭和11年12月14日
・創元選書 昭和15年9月25日 ※時局下の理由で第五部中の「暴力」の章を省く旨の新「後記」を添えた。
・角川文庫 昭和33年1月30日 ※訳・後記ともに創元文庫に同じ。
・東京創元社 昭和35年5月30日 ※訳・後記ともに創元文庫に同じ。上製函入
・創元選書 昭和53年12月20日 ※訳は創元文庫に同じ。後記は新稿。あとがきが加えられた。
・創元ライブラリー 平成9年4月25日(★)

『わが毒』 サント・ブウヴ
・青木書店 昭和14年5月25日
・養徳叢書 昭和22年2月15日
・創元文庫 昭和27年2月20日
・角川文庫 昭和30年8月15日




その他

『私の人生観』
・創元社 昭和24年10月20日 ※特製200部・上製函入・上製(創元選書)の三種同時刊行
・創元文庫 昭和26年11月30日
・創元社 昭和29年4月30日 ※普及版
・角川文庫 昭和29年9月15日
・角川文庫(第23刷改版) 昭和42年2月20日
・大和出版 昭和58年10月10日

『真贋』
・新潮社 昭和26年4月5日
・創元文庫 昭和27年4月30日
・世界文化社 平成12年10月25日 ※備前徳利が全集未収録

『作家の顔』
・角川文庫 昭和33年11月10日
・新潮文庫 昭和36年8月20日(★)
・角川文庫(改版) 昭和44年6月10日

『感想』
東京創元社 昭和34年7月30日
新潮社 昭和54年4月11日

『無私の精神』
・文治堂書店 昭和38年4月30日 ※同年6月30日に限定版特製40部/総革上製
・文藝春秋 昭和42年7月1日
・文藝春秋 昭和60年3月1日 ※新装版

『常識について 小林秀雄講演集』
・筑摩叢書 昭和41年7月20日

『常識について』
・角川文庫 昭和43年11月30日

『古典と伝統について』
・講談社(名著シリーズ) 昭和43年12月20日 ※普及版
・講談社文庫 昭和46年7月1日(★)

『信ずることと知ること』
・槐書房 昭和53年3月30日 ※限定著者版26部・限定市販版179部 ※4万円台
・彌生書房 平成3年6月30日

『栗の樹 現代日本のエッセイ』 
・毎日新聞社 昭和49年9月25日
・講談社文芸文庫 平成2年3月10日




考へるヒント

『考へるヒント』
・文藝春秋新社 昭和39年5月10日

『考えるヒント』
・文春文庫 2004年8月(★) ※「言葉」「花見」を増補

『考へるヒント2』
・文藝春秋 昭和49年12月10日

『考えるヒント2』
・文春文庫 2007年9月4日(★)

『考えるヒント3』
・文春文庫 2012年9月20日

『考えるヒント3〈新装版〉』
・文春文庫 2013年5月10日(★)

『考えるヒント4 ランボオ・中原中也』
・文春文庫 2012年9月20日

『合本 考えるヒント(1)~(4)』

・文春e-Books(Kindle版) 2015年3月27日 (★) 




本居宣長

『本居宣長―「物のあはれ」の説について』
・新潮社 昭和35年7月10日 ※日本文化研究第八巻中の一分冊

『本居宣長』
・新潮社 昭和52年10月30日
・新潮社 昭和54年4月11日 ※限定著者版26部/著者の喜寿記念寿版

『本居宣長補記』
・新潮社 昭和57年4月11日

『本居宣長 上巻』
・新潮文庫 平成4年5月25日(★)

『本居宣長 下巻』
・新潮文庫 平成4年5月25日(★) ※「本居宣長」をめぐって(対談 江藤淳)が全集未収録?

by ichiro_ishikawa | 2016-11-24 00:04 | 文学 | Comments(0)  

長渕剛 1987年大阪城

c0005419_12563821.jpg


60年代にボブ・ディランが、そして70年代にT-REXやデイヴィッド・ボウイがフォークからロックへ転向したやうに、
78年にフォークシンガーとしてデビューをした長渕も80年代に入るとフォークからロックへとその音楽形態を変へて行つた。
表現の核自体は少しも変化してはゐないし、
単にアクースティックギターをエレクトリックギターに持ち替えただけに過ぎないが、
理由のひとつは、シーンがパンク/ニューウェーブを経てポップ化していつた時代の流れの影響で、
それは形態としてのフォークが、当時にあつては前時代的になつてしまつたからだと言へる。
また時代のポップ化はMTVの登場や好景気といつたメディアや経済環境の変化の要素も大きく、
それは表現者を、その表現をより遠くへ拡声する方向に動かしていく。

しかし長渕本人はさうしたロックへの転向によるポップ化、及びその浮ついた土壌に対して、強烈に違和感を感じることになる。

そんな中、辿り着いた境地がアルバム『ステイドリーム』(1986)であり、その完成を見たのが『ライセンス』(1987)である。

そしてそれを象徴する、伝説のライブが1987年大阪城公演だ。
アクースティックギターとピアノ、浜田良美のコーラスだけで、円形センターステージ周囲360度客席のライブは、うはべのロック/ポップを超えた、きわめてロックであり、つまりディラン的フォークでもあり、長渕当人としてはフォークでもロックでもない、単なる「俺の歌」といふことだつた。



ポップ化した『ハングリー』(1985)の楽曲を演らうと、フォーク時代の「順子」(1980)をアルペジオでつま弾かうと、
強力なロックとなっているのである。

以降、これまでを総括した『ネバーチェンジ』(1988)、『昭和』(1989)、そして平成の世にあつて『JEEP』(1990)、『JAPAN』(1991)、『キャプテン・オブ・ザ・シップ』(1992)とティーンエイジのソウルスピットを熟成させて行く。

by ichiro_ishikawa | 2016-11-08 09:50 | 音楽 | Comments(0)  

鹿島茂『ドーダの人、小林秀雄』の衝撃


c0005419_03344899.jpg


鹿島茂『ドーダの人、小林秀雄』(朝日新聞出版)は、小林秀雄ファンにとって極めてショッキングな本である。
「ドーダ」といふ概念を軸に、彼を読んだ人も、読んでない人でさへも、日本の知性の最高峰、偉い、凄い人と認知してゐる小林秀雄といふ大批評家が、いかに大したことないかを、極めて緻密に高等な知性でもって証明してゐるのである。

ドーダといふのは、簡単に云へば、いわゆる「クワッ」であり、ドヤ顔の「ドヤ」である、と俺は理解した(あとで詳しく引用して、正確に書いておきたい)。

大抵小林秀雄批判と云ふのは、印象批評に過ぎないとか、緻密な考証抜きに感覚でモノを言つてゐるだけとか、ことに研究者筋からの、本質を読めてゐないものが殆どで、取るに足らないものだが、本書は違う。小林秀雄の本質、方法、表現の核をキチンと捉えた上で、それこそが大したことない所以であることを見事に証明しきつているのである。

本書を読んで、似非小林秀雄ファンはムキーッとなるだらうが、俺は小林秀雄全集を少なくとも3回は精読し、文庫に至つてはそれぞれ100回、いや200回は読んでをり、かつ全文書き取りをライフワークとしてゐるばかりでなく、詳細な年譜、全著作の初出、掲載書籍、文庫、全集巻などをエクセルでデータベース化してをり、さらに全単行本を蒐集してゐる、筋金入りのエピゴーネンであり、誰よりも小林秀雄を理解し、愛してゐる男であるからして、ムキーッとはならない。
本書の著者は、小林秀雄の正鵠を射てゐるからである。小林秀雄の本質を読めてゐる。

とはいへ、てめえの神あるいは親がバカにされてゐるといふのに、なぜムキーッとならないか。

その前に、著者、鹿島茂が本書で小林秀雄を、どうバカにしてゐるかを説明する。
この本はきわめて知性的なため、二、三度の精読を要するものだが、一読した段階で掴んだ骨子を、換骨奪胎、我田引水の誹りを免れない事を承知で、俺流にグワッと要約すると以下のやうになる。

小林秀雄は日本の知性の最高峰、大批評家なぞではない。単なるロックの人、ロックンローラーである。

そう。つまり俺と同じ考へなのである。
俺が小林秀雄を愛しているのは、彼が日本の知性の最高峰、大批評家だからではなく、ロックだからである。だから、小林秀雄をバカにしている本書を読んでも、バカにされている感じは受けず、むしろ、よくぞ本質をきわめて知性的に分析してくれた、そうそう、そうなんだよと、いちいち納得しながら読了したのである。

つまりバカにしている、といふのは、日本の知性の最高峰、大批評家なんかではない、といふ点に於いてなのであり、「小林秀雄はロックの人に過ぎない」と、要はロック性を知性より下に見ているだけの話である。

俺は知性よりロックを上に見てゐる、といふか大事にしてゐるものだから、それは価値観の違ひであつて、どうかういふ類のものでない。

而して本書は、小林秀雄はロックである、
といふことを分析的な言語で証明してくれた、
超良書である。




















by ichiro_ishikawa | 2016-11-05 02:50 | 文学 | Comments(0)