<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

真珠湾

真珠湾を思うとき常に頭をよぎる言葉がこれだ。

 空は美しく晴れ、眼の下には広々と海が輝いていた。漁船が行く、藍色の海の面に白い水脈を曵いて。さうだ、漁船の代りに魚雷が走れば、あれは雷跡だ、といふ事になるのだ。海水は同じ様に運動し、同じ様に美しく見えるであらう。さういふふとした思ひ付きが、まるで藍色の僕の頭に眞つ白な水脈を曵く様に鮮やかに浮かんだ。真珠湾に輝いていたのもあの同じ太陽なのだし、あの同じ冷たい青い塩辛い水が、魚雷の命中により、嘗て物理学者が子細に観察したそのままの波紋を作つて拡がつたのだ。そしふさういふ光景は、爆撃機上の勇士達の眼にも美しいと映らなかつた筈はあるまい。いや、雑念邪念を拭い去つた彼等の心には、あるが儘の光や海の姿は、沁み付く様に美しく映つたに違ひない。彼等は生涯それを忘れる事が出来まい。そんな風に想像する事が、何故だか僕には楽しかつた。太陽は輝き、海は青い、いつもさうだ、戰の時も平和の時も、さう念ずる様に思ひ、それが強く思索している事の様に思はれた。
 僕は冩眞を見乍ら考へつづけた。冩眞は、次第に本当の意味を僕に打ち明ける様に見えた。何もかもはつきりしているのではないか。はつきりと当たり前ではないか。戰に關する理論も文學も、戰ふ者の眼を曇らせる事は出来まい。これは、トルストイが、「戰争と平和」を書いた時に彼の剛毅な心が洞察したぎりぎりのものではなかつたか。戰争と平和とは同じものだ、といふ恐ろしい思想ではなかつたか。近代人は、犯罪心理學といふ様なものを思い付いた伝で、戰争心理學といふ様なものを拵へ上げてしまつた。戰は好戰派といふ様な人間が居るから起こるのではない。人生がもともと戰だから起こるのである。
(小林秀雄「戦争と平和」より)

by ichiro_ishikawa | 2016-12-29 10:33 | 文学 | Comments(0)  

氷室京介 ソウルベスト

氷室の声、歌唱を存分に堪能できるソウルナンバーベスト。
シングルのB面が多いところに、
キャッチーなビート系シングルで引き付けて
実はこつちを聴かせたいといふ意図が垣間見れる。
YouTubeをリンクしたかったが地味すぎるのか、見当たらず。


17.
WILL
作詞:氷室京介、松井五郎/作曲:氷室京介
(『Memories Of Blue』1993年1月7日)
c0005419_00320534.png

16.
MOON
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(single「Urban Dance」 B-side、1992年2月26日)
(『Memories Of Blue』1993年1月7日)
c0005419_00301588.png

15.
So Far So Close
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(『MELLOW』2000年2月23日)
c0005419_00322694.png

14.
TENDERLY
作詞:森雪之丞/作曲:氷室京介
(single「SLEEPLESS NIGHT 〜眠れない夜のために〜」 B-side、1999年8月18日)
c0005419_00313391.png

13.
STORMY NIGHT
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(『Higher Self』1991年4月6日)
c0005419_00324677.png


12.
LOVER'S DAY
作詞・作曲:氷室京介
(single「JEALOUSYを眠らせて」 B-side、1990年5月16日)
(remix version『Higher Self』1991年4月6日)
c0005419_00285990.png

11.
BLOW
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(『SHAKE THE FAKE』1994年9月26日)
c0005419_00333688.png

10.
CLIMAX
作詞:氷室京介/作曲:氷室京介
(『Higher Self 1991年4月6日)
c0005419_00324677.png

9.
LOST IN THE DARKNESS
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(『SHAKE THE FAKE』1994年9月26日)
c0005419_00333688.png

8.
DON'T SAY GOOD-BYE
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(single「VIRGIN BEAT」 B-side、1994年8月29日)
(remix version『SHAKE THE FAKE』1994年9月26日)
c0005419_00285726.png

7.
Crime Of Love
作詞・作曲:氷室京介
(single、1991年2月27日)
(『Higher Self』1991年4月6日)
c0005419_00304258.png

6.
Memories of Blue
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(single「Good Luck My Love」B-side、1992年11月7日)
(『Memories Of Blue』1993年1月7日)
c0005419_00285489.png


5.
YOU'RE THE RIGHT
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(single「Kiss Me」 B-side、1992年12月7日)
(『Memories Of Blue』1993年1月7日)
c0005419_00370204.png

4.
Urban Dance
作詞・作曲:氷室京介
(single、1992年2月26日)
(『Memories Of Blue』1993年1月7日)
c0005419_00301588.png

3.
MISTY〜微妙に〜
作詞・作曲:氷室京介
(single、1989年9月6日)
(『NEO FASCIO』1989年9月27日)
c0005419_00294855.png


2.
Good Luck My Love
作詞:氷室京介、松井五郎/作曲:氷室京介
(single、1992年11月7日)
(『Memories Of Blue』1993年1月7日)
c0005419_00285489.png


1.
MIDNIGHT EVE
作詞:松井五郎/作曲:氷室京介
(single「魂を抱いてくれ」 B-side、1995年10月25日)
(album mix『MISSING PIECE』1996年9月30日)
c0005419_00290690.png


by ichiro_ishikawa | 2016-12-05 00:18 | 音楽 | Comments(0)  

日本のロック名盤 オールタイムベスト5


その前に、今回のランキングから漏れたアーティストによる「死ぬほど名曲なシングル」ベスト5(リリース順)。

「スローバラード」RCサクセション
(1976年1月21日)
c0005419_14341025.jpg

「クリスマスイブ」山下達郎
(1980年12月5日)
c0005419_14332151.jpg

「街角トワイライト」シャネルズ
(1981年2月1日)
c0005419_14325619.jpg

「サマーツアー」RCサクセション
(1982年6月23日)
c0005419_14324186.jpg

「そして僕は途方に暮れる」大沢誉志幸
(1984年9月21日)
c0005419_14321486.jpg

「いっそセレナーデ 」井上陽水
(1984年10月24日)
c0005419_14315474.jpg

「ふたりの夏物語 -NEVER ENDING SUMMER-」
杉山清貴&オメガトライブ
(1985年3月6日)
c0005419_14313736.jpg

「バチェラー・ガール」稲垣潤一
(1985年7月1日)
c0005419_14312103.jpg


以下、1アーティストにつき1アルバムといふ縛りで、日本のロック名盤 オールタイムベスト5。


13.
『Stop Stop Rock'n Roll 』山下久美子
(1989年2月1日)
c0005419_14304102.jpg

12.
『complex』complex
(1989年4月26日)
c0005419_14302423.jpg

11.
『ギタリズムⅢ』布袋寅泰
(1992年9月23日)
c0005419_14294628.jpg

10.
『メモリーズ・オブ・ブルー』氷室京介
(1993年1月7日)
c0005419_00320534.png

9.
『SONGS』SUGAR BABE
(1975年4月25日)
c0005419_14291888.jpg

8.『4』バンバンバザール
(1999年)
c0005419_14284989.jpg

7.
『風街ろまん』はつぴいえんど
(1971年11月20日)
c0005419_14275291.jpg

6.
『NIAGARA MOON』大滝詠一
(1975年5月30日)
c0005419_14273563.jpg

5.
『STAY DREAM』長渕剛
(1986年10月22日)
c0005419_14251650.jpg

4.
『LISENCE』長渕剛
(1987年8月5日)
c0005419_14253255.jpg

3.
『JUST A HERO』BOØWY
(1986年3月1日)
c0005419_14255357.jpg

2.
『Reflections』寺尾聰
(1981年4月5日)
c0005419_14263606.jpg

1.
『A LONG VACATION』大滝詠一
(1981年3月21日)
c0005419_14265350.jpg







by ichiro_ishikawa | 2016-12-01 22:51 | 音楽 | Comments(0)