<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

オペラと俺


縁あつて初めてオペラを鑑賞。

セリフをふつうに喋つてほしいと思つた。
オーケストラは芝居と別に単独で聴きたかつた。
どうしても字幕を読んでしまい、すると読書と変はらないのだが、でも読書よりセリフのテンポが遅いため、早くページを繰りたくて仕方なかつた。

要するに、芝居、コンサート、読書をそれぞれやればよい、といふ話になつてしまひ、それらの融合である総合舞台芸術オペラの意味がない。オペラとは何か、を考させる素人オペラ鑑賞、まだ感性が乏しい中でのそれであつたので、次はふつうに鑑賞したい。




by ichiro_ishikawa | 2017-10-30 15:48 | 音楽 | Comments(0)  

中森明菜 1982-1986

ニューミュージック、フュージョンの70年代からパンク、ニューウェーブの80年代へといふ流れの表舞台では、山口百恵、キャンディーズ、ピンクレディーから松田聖子へといふ主役交代劇が行われていて、それは俺史における幼稚園、小学校低学年から高学年へといふ推移の中にあつた。
1985年には歌謡界とロック界は垣根が無くなり、1986年、ボウイの大ブレイクによりロックが歌謡曲を凌駕するわけだが、それはまさにビートルズが起こしたポップ革命と相似で、つまりビートルズを用意したブリルビルポップとボウイを用意した80年アイドル歌謡といふものは同質のものがある。
つまり作詞作曲編曲者、バックミュージシャン及び事務所やレコード会社、メディアサイドの卓越したプロデュース力に支えられ、アイドル歌手といふ黄金が花開いたのが80〜84年である。

松田聖子、中森明菜、小泉今日子、中山美穂が四天王で、荻野目洋子と早見優を加へた6人が、なんと言つても超一流アイドルであらう。
実のところは中山美穂と小泉今日子、荻野目洋子あたりがリアルタイムで、早見優、そして松田聖子と中森明菜は、リアルタイムで好きになるには自分が幼少過ぎたため、40を超えてから再発見したのであつた。
特に中森明菜はごく最近のことである。
ミッツ・マングローブやマツコ・デラックスの明菜崇拝ぶりとともに当時の映像をyoutubeでみるにつけ、これはやはり聖子級であり、聖子にとつての明菜とは、ビートルズにとつてのストーンズ的な、まさに二大レジェンドと称するに相応しいことが決定的となつたのであつた。

全盛期は16歳のデビューから21歳まで。1982年から1986年までである。初期の、清純とツッパリの交互攻勢といふ戦略も特筆に値する。
以下にその軌跡を辿らん。


スローモーション
1982年5月1日 
作詞・作曲=来生えつこ・来生たかお


少女A
1982年7月28日
作詞・作曲=売野雅勇・芹澤廣明


セカンド・ラブ
1982年11月10日
作詞・作曲=来生えつこ・来生たかお


1⁄2の神話
1983年2月23日
作詞・作曲=売野雅勇・大沢誉志幸


トワイライト -夕暮れ便り-
1983年6月1日
作詞・作曲=来生えつこ・来生たかお


禁区
1983年9月7日
作詞・作曲=売野雅勇・細野晴臣


北ウイング
1984年1月1日
作詞・作曲=康珍化・林哲司


サザン・ウインド
1984年4月11日
作詞・作曲=来生えつこ・玉置浩二


十戒 (1984)
1984年7月25日
作詞・作曲=売野雅勇・高中正義


飾りじゃないのよ涙は
1984年11月14日
作詞・作曲=井上陽水


ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕
1985年3月8日
作詞・作曲=康珍化・松岡直也


SAND BEIGE -砂漠へ-
1985年6月19日
作詞・作曲=許瑛子・都志見隆


SOLITUDE
1985年10月9日
作詞・作曲=湯川れい子・タケカワユキヒデ


DESIRE -情熱-
1986年2月3日
作詞・作曲 阿木燿子・鈴木キサブロー



by ichiro_ishikawa | 2017-10-28 22:57 | 音楽 | Comments(0)  

放送の言葉と俺


いつもYouTubeを見ながら、司会者、コメンテーター、ひな壇などなど演者に対して感心やらダメ出しやらの場外批評をやつてゐる俺が、先日、テレビの取材を受けたのだが、極端にテレビ向きでない、といふかテレビに出れる実力に甚だ乏しいことが実証された。

まづ、表情身振りが乏しい。
カメラを意識しすぎ。
まあ、このあたりは素人にありがちでご愛嬌だらう。
重要な欠陥は、
「言葉がわかりにくい」ことであつた。

紙メデイアではあるが、普段は送り手の立場であるので、上記のことは常識的に理解はしてゐたし、逆にそのやうに執筆者には指示したりもしてゐる。
しかしながら、紙媒体と映像媒体の違ひはものすごく大きく、また指示と実際やるのとではこれまた大違ひ。特にその言葉である。

話し言葉といふものは書き言葉とは根本が異なることは重々承知で、現場では、話し言葉に開くだけでなく、かつすごく噛み砕いて、ひらがなで喋つたつもりが、それでも「文学的すぎる」と言はれる始末。
簡潔に述べることの難しさを痛感した。

テレビの取材者は、実はこちらが話す内容はすでに把握ずみ。つまり撮影取材では、その内容を聞きたいのではなく、「それを自らの言葉で語つてゐる画」が欲しいのである。そのときにキャッチーな言葉なら万々歳、最低限「オリジナルかつ誰にでも伝わる文言」がほしいわけである。それは必ずしもレベルを下げることではない。逆に言葉のレベルを上げることである。
放送の言葉といふのは実に奥深い。よくある「街の声」でさえ、使はれてゐるのは、さうした選ばれた言葉なのである。

なお俺の言葉はそれらを満たしてゐないゆゑ多分カット、放送には乗らないだらう。無念。
今後YouTubeを観る視点がまた変はつてくる。








by ichiro_ishikawa | 2017-10-23 17:10 | 日々の泡 | Comments(0)  

R.E.M. 名曲集












by ichiro_ishikawa | 2017-10-22 00:34 | 音楽 | Comments(0)  

【転載】How Debut Album ‘Murmur’ Spread

転載  udiscovermusic.com

R.E.M.

How Debut Album ‘Murmur’ Spread 

The Word About R.E.M.


c0005419_20313727.jpg

In December 1987, North America’s most prestigious rock publication, Rolling Stone, granted R.E.M. the front cover and proclaimed them to be “America’s Best Rock & Roll Band”. Just four and a half years after the release of their debut album, Murmur, the band’s dynamic fifth album, Document, had zoomed up to No.10 on the Billboard 200. Within another five years they would be one of the biggest bands on the planet.  


R.E.M.’s gradual, but surefooted rise to global stardom has been well-documented, but like their arena-rock contemporaries The Cure and Simple Minds, the Athens, Georgia-based quartet were first galvanised into action by punk’s lo-fi, DIY philosophy. A mutual appreciation of stellar punk and post-punk-era acts, including Patti Smith and Television, first firmed up the bond of friendship between vocalist Michael Stipe and guitarist Peter Buck, who put R.E.M. together with the addition of bassist Mike Mills and Bill Berry.



The embryonic band made their live debut at a friend’s birthday party in a converted Episcopal church in Athens, on 5 April 1980. The foursome then spent much of the next 18 months building a following the old fashioned way, criss-crossing the southern US playing grassroots-level shows and feverishly writing strings of songs.  


The band’s first real foray into a recording studio resulted in a well-received demo overseen by producer Mitch Easter at Drive-In Studios in North Carolina. In remixed form, two tracks from this session, ‘Radio Free Europe’ and ‘Sitting Still’, made up R.E.M.’s vinyl debut in July 1981, when the two songs were issued as a single on local Athens imprint, Hib-Tone.  


Selling out its 1,000-only pressing, ‘Radio Free Europe’ made sizeable waves, with the highly respected New York Times even including the record in its Ten Best Singles Of The Year round-up. Meanwhile, R.E.M.’s original Mitch Easter-produced demo continued to open doors for them. A copy of it eventually found its way to IRS Records, whose suitably impressed co-owners, Miles Copeland III and Jay Boberg, quickly stepped in to sign the band.


IRS introduced R.E.M. to the wider world with a mini-LP, Chronic Town, released in August 1982. Again recorded at Easter’s garage studio, this naïve yet glorious record included long-term fan favourites ‘Gardening At Night’, ‘Carnival Of Sorts (Box Cars)’ and ‘Wolves, Lower’, and introduced the band’s signature sound, with Mike Mills’ driving, melodic basslines playing counterpoint to Peter Buck’s jangly, arpeggiated guitar, and Michael Stipe’s soft, mumbled vocal delivery piquing the interest of critics on both sides of the Atlantic.  


With Chronic Town garnering positive media attention and racking up healthy sales of around 20,000 copies, IRS were keen to issue the band’s debut album. Initial sessions began late in 1982, but the label insisted on pairing the group with a new, high-profile producer in Stephen Hague (OMD, PiL, New Order), who placed the emphasis squarely on studio perfection. Though an excellent technician on his own terms, Hague’s methods were ill-suited to the still relatively inexperienced R.E.M. Bill Berry, especially, lost confidence after Hague forced the band to perform multiple takes of ‘Catapult’, and the producer later decided to take the completed song to Synchro Sound in Boston where he overlaid it with keyboards without the band’s permission.  


Unhappy with the turn of events, R.E.M, requested the opportunity to record their debut with Mitch Easter. After an initial “try out” session yielded a successful version of the song ‘Pilgrimage’, IRS relented and gave R.E.M. the green light to hook up with Easter and his production partner, Don Dixon.  


Stipe and company had previously worked with Easter at his garage studio in Winston-Salem, North Carolina, but for the Murmur sessions they moved 80 miles further south to Reflection Studios in Charlotte, a 24-track facility whose principal clients were US televangelists Jim and Tammy Bakker’s Praise The Lord Club. The studio’s lack of rock’n’roll credentials, however, didn’t faze R.E.M. in the slightest.  


“We wanted to do it in the South with people who were fresh at making rock’n’roll records,” Peter Buck later told Rolling Stone. “In Charlotte, we could sit up all night and mess around, have ideas and not worry too much.”  


R.E.M. had written and performed most of Murmur’s 12 songs live during 1980-81 and had already agreed on a track sequence before they entered the studio. The quartet were also adamant that they wished to eschew rock music clichés such as grandiose guitar solos and the (then on-trend) synthesisers so beloved of Stephen Hague. In most cases, the songs’ basic tracks were laid down relatively quickly and Stipe generally recorded his vocals in a darkened stairwell off to the side of the main studio.


For their part, Dixon and Easter were happy to provide technical expertise and tighten things up as required, but in general, the pair cheerfully indulged R.E.M.’s experimental approach. As Dixon told Rolling Stone: “It was a unique combination of people, where there was enough tension and enough cohesiveness. We were dealing with a fragile sort of art concept and trying to bring in a little pop sensibility without beating it up.”  


“They [Dixon and Easter] were instrumental in teaching us how to use the studio,” Peter Buck later acknowledged. “We spent most of our time finding interesting ideas and sounds like strange percussion things, banging on table legs… I’d play acoustic guitar and then take the guitar off and leave the reverb on with the delay, so that it was ghostly and strange.”




The record R.E.M. emerged with remains one of the most compelling and otherworldly debut albums in rock history. Buck’s chiming, Byrds-esque guitars and Stipe’s elliptical lyrics and slurred delivery have frequently been singled out for attention, but all four members of the band played crucial roles, with Mills’ melodic basslines and Berry’s expressive drumming (and the duo’s intuitive harmony vocals) equally essential to the shape of R.E.M.’s singular DNA. Among the record’s cachet of brittle, introspective treats are the glorious ‘Talk About The Passion’, the haunting, piano-led ‘Perfect Circle’ and the nervous, jittery ‘9-9’, but Murmur’s tracklist remains staunchly filler-free and the passing of time has merely added to the record’s timeless allure.


Housed in a suitably enigmatic sleeve depicting a field covered with kudzu vines (known locally as “the vine that ate the South”), Murmur was released on 12 April 1983 and attracted substantial media acclaim. Awarding the album four stars, Rolling Stone’s Steve Pond asserted that “Murmur is the record on which [R.E.M.] trade potential for results: an intelligent, enigmatic, deeply involving album, it reveals a depth and cohesiveness to R.E.M.”, while The Village Voice’s Robert Christgau declared “they’re an art band, nothing more or less – and a damn smart one!”



  

Murmur’s most direct and anthemic track, a punchier, re-recorded version of ‘Radio Free Europe’ was selected as the album’s lead single and rose to No.78 on the Billboard singles chart. The album itself fared better, peaking at No.36 on the Billboard 200, selling 200,000 copies across 1983 and eventually gaining a gold certification in 1991. Remarkably, the introspective Murmur also went on to beat off the challenge of multi-million-selling mainstream releases such as Michael Jackson’s Thriller, The Police’s Synchronicity and U2’s War to scoop Rolling Stone’s prestigious Album Of The Year Award for 1983.  


R.E.M. played a lengthy US tour supporting UK ska-pop trailblazers The English Beat (aka The Beat, back home) which straddled the release of Murmur. The band’s relentless schedule continued throughout the summer of ’83, with their own headlining tour of North America touching down in prestigious venues such as The Ritz in New York, the Old Waldorf in San Francisco, and Detroit’s St Andrew’s Hall. During this run of shows Stipe and company took legendary names of the future, such as The Replacements, out on the road as their warm-up acts.  


National television debuts at home (Tonight With David Letterman) and abroad (The Tube in the UK), in addition to the group’s first European tour, presaged R.E.M.’s reunion with Mitch Easter and Don Dixon, and the start of the sessions which resulted in the band’s sophomore release, April ’84’s Reckoning.


Tim Peacock



by ichiro_ishikawa | 2017-10-21 20:31 | 音楽 | Comments(0)  

Rock'n' Roll Consciousness


サーストン・ムーアがこつそりソロアルバムをリリースしてゐた。『Rock'n' Roll Consciousness』。

c0005419_10091683.jpg





by ichiro_ishikawa | 2017-10-17 10:03 | 音楽 | Comments(0)  

ジェニーハイ

いま最も楽しみな新人バンド、バズーカバンド改めジェニーハイ始動。
c0005419_21024062.jpg

なんと川谷絵音Pがギターで自ら加入。中嶋イッキュウと川谷だけですでにユニットとして完成してゐるところに、現代音楽の新垣隆のキーボードといふこの上ないスパイス。小藪とくっきーといふ巨漢芸人のドラム&ベース。いろいろな技を使へさうな、これはすげえバンドだ。





by ichiro_ishikawa | 2017-10-17 02:34 | 音楽 | Comments(0)  

人生の重力と表現


ミュージシャンに限らず表現者はみなさうなのかもしれぬが、全盛期といふものがある。平均2、3年、長くて5、6年だらう。
ミュージシャンの場合、20代半ばから30代前半にそれは訪れる。それ以降は結婚や子供の誕生、家計の切り盛り、親の病気や介護や死、自身の老いといつたいはゆる人生の重力といふやつに強力に引つ張られながら、その表現の仕方と内容が変化していく。さうすると表現の質は、ジャンルにもよるが、たいてい下がることになる。

しかし、さうした人生の重力に逆らはず、むしろ寄り添いながらしなやかに表現を続ける場合、その質はキープされ、ともすると新境地の様相も呈していく。
加齢とともに新たなステージに向かふといふのが、ベテラン以降のよい歩みである。
一方、さうした人生の重力に抗つて青き抵抗を続ける場合、大抵は潰れる。稀にさうすることで天才的な芸術作品を生む場合があるが、これは100年に1人級の、天賦の僥倖の類であり意図的に遂行できるものではない。

以上のことは概ね事実であるので、よき新人が出てきた場合、一抹の無常観にも似た思ひを抱きながら見守ることになる。

この秋に知つたゲスの極み乙女。。ここ一ヶ月でその全作品を聴き倒してきたが、デビュー時から最新シングルに至るまで、見事にハイクオリティな作品を生み続けてゐることがわかつた。小藪一豊、野性爆弾くっきー、tricot中嶋イッキュウに現代音楽家の新垣隆を加えた新バンドのプロデュースも頗る楽しみで、傑作が生まれることはまづ間違いない。

しかしあと2年だらうと思つてしまふ。ゲスの才能が枯渇するのではない。誰しも人生の重力に負けて行かざるを得ないといふことである。今がよければよいほど、落ちていくことは必定であり、その哀しみも先取りできてしまふ。
さうした哀しみを抱きながら生きていくのは不幸なことだが、必然的事実なだけに、歳をとると無視もできなくなつてくるのだつた。

始まつたものは必ず終はる。生まれたものは必ず死ぬ。さう決まつてるのに、あたかもさうではないやうに、あるひはそれに抗つて生きていく。ああ、人生…。






by ichiro_ishikawa | 2017-10-15 12:32 | 音楽 | Comments(0)  

ホテルにて


94歳のある男性とホテルロビーで待ち合はせてゐたが、約束時刻を過ぎても一向に現れず。日にち、時間、場所すべて事前に入念に電話で確認しての待ち合はせだつたが、相手の年齢を加味すると、向こうの勘違ひ、言ひ間違ひといふことも考へられなくはない。
出方が分からないのでかけても意味がないといふふれ込みの携帯電話にダメ元でかけるも、やはり出ない。

1時間ほど経つたところで、いい加減帰らうとしたとき、なんとその男性と顔がほぼ同じの60歳ぐらいの男性が現れた。
顔が全く同じであることに驚きつつも、別人であることも同時に明らかで、すげえ似てても別人ぢやあ全く意味ねえ、と思ひ、ホテルを後にした。



by ichiro_ishikawa | 2017-10-13 16:50 | 日々の泡 | Comments(0)  

良書『街場の天皇論』


タイトルとか装丁とか著者とか版元などの表面的データから良書かどうかはほぼ見分けられるスキルがすでに身についてゐるので、ましてや目次やレビューなどを見た日には買ひかどうかは100%判明する。
しかしさうした吟味を怠り、あるひはさうしたスキルへの過信から一瞥の雰囲気で判断してしまふことがあり、それでも大抵当たるのだけれど、久々にハズレを掴んでしまつた。そのクソつまらなさといつたらなく、著者と版元を恨み、何よりてめえのジャッジミスにガッデムの感を強くした。

しかしその翌日、内田樹の新刊『街場の天皇論』が到着。その素晴らしい内容に心踊り、内田樹の安定感にその信頼をまた新たにした。さすが小林秀雄賞受賞思想家だけに小林秀雄と同じことを言つてゐる。具体的には「中庸」。
この中庸とは、穏便とか何かと何かの間といつた意味ではない。いつか「中庸といふこと」をまとめざるを得ない。

c0005419_23033999.jpg


by ichiro_ishikawa | 2017-10-09 22:52 | 文学 | Comments(0)