名カバー「Superstar」


名カバー
「Superstar」Sonic Youth

c0005419_12253882.png


# by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 12:24 | 音楽 | Comments(0)  

平成カルチャーがダメなのは何故か


平成(特に1997以降)に登場したポップミュージックの殆どがダメで、昭和に活動していたミュージシャンも平成にリリースしたものの殆どがダメなのは何故だらう。これは音楽に限らず文学や映画にも言へる。いや文化に限らない。
つまり、人間がダメなのだらうか。

あるひは、1997年に長き学生生活を終へ、同時代の音楽や文学や映画に殆ど接しなくなつたこと(加齢によるポップカルチャーへの興味の減衰)と関係はあるのだらうか。要するに、誰でも自分の10代を、世界自体の黄金期だと思ひ込むといつた主観の問題なのか。


# by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 11:29 | 音楽 | Comments(0)  

100 Best Albums of the Eighties


100 Best Albums of the Eighties



シンセポップやラップからメタルにファンクまで、「ローリング・ストーン」誌の編輯者が選んだ80年代のアルバム、ベスト100


# by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 01:40 | 音楽 | Comments(0)  

最近見知つた言葉、考へのメモ



平田オリザ
「文化の振興」から「文化の活用」へと方針を変へた政府について、アーティストや作品等を、役に立つか否か、来場者数などの数値のみで評価するやうになるとヤバい。(骨子要約)

磯崎健一郎
モーツァルトの音楽やだれそれの絵画に対して、作者の意図するところを答えよとは問はれないが、小説に関してはさうした問いが試験問題などでも平気でなされる。これはおかしい。音楽を聴いたり絵画を観るやうに、小説も読みたい。(骨子要約)

明石家さんま
(ネットフリックスなどネット動画での番組において放送コードが緩いのは演者にとつて魅力か、的なことを吉田豪に問はれ)、サッカーとかスポーツをやつて来たから、ルールがある中でやる方が楽しいと思ふタチ。(骨子要約)


# by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 01:12 | 文学 | Comments(0)  

意味のない世界


芸術、アートを見渡しても言葉を素材とするあらゆる表現には当然意味が溢れてゐるし、抽象画のやうなものでも、そこに作者の何らかの意図みたいなものがある、といふ想念から逃れることは簡単ではない。

その点、ジャズはよい。特にビーバップ以降のいはゆるモダン・ジャズは、ひたすら音の芸術を追求してゐて、そこに意味が想起されてくることがなく、特によい。タイトルは便宜上のものと思へばよい。一番よいのは、Gマイナーブルーズなどと、記号といふか決め事そのものがタイトルになつてゐるものだ。

そしてそれは意味から逃れる唯一のものだらう。



# by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 00:58 | 音楽 | Comments(0)  

音楽と文学と政治


音楽と文学といふのが40年来の趣味であるが、それらは生き方や信念と密接であるため、趣味といふと少し軽いのであるが、実際、趣味であり、嗜好性が強く、俺が好きなものがいいものといふ態度の中に存してゐるものである。

一方、政治といふのは、生活、文化の管理である。完璧を求めず平均性に重きを置き、人々の暮らしをより良く保つていく仕事だ。
俺はその仕事自体に携はつてをらず、政治家は嫌ひだけれど実際には、選挙によつて選んだ政治家にその役割を任せてゐる。

ところで、政治を扱ふ音楽、文学といふものが多くあり、たまに物議を醸すが、その議論は大抵くだらない。

たとへば、音楽に政治を持ち込むな云々。
音楽が政治を扱つてなんら問題はない。時の政権批判であれ、感謝であれ、反戦表明であれ、なんでも構はない。音楽は音楽だ。

たとへば、文学は絵空事だ云々。
その通りだが、絵空事で何ら問題はない。文学は文学だ。

どちらにしても、政治を扱ふ音楽や文学は、政治そのものではないといふことが重要だ。音楽や文学は政治的な実効力を一ミリも持たない。何より、完璧を求めず平均性に重きを置き、人々の暮らしをより良く保つていくものではない。

その点を踏まへてゐないから、音楽や文学が政治的に問題となるとき、いつだつてそれは的外れだ。

音楽や文学が政治を扱ふとき、説教くさくなることがある。あるひは、あたかも音楽や文学によつて政治的な実効力を行使させようといふ意志が内在することがある。さうすると得てして、その政治的妥当性に焦点が移行して、音楽的、文学的なクオリティが下がりがちだ。だからさういふ意味で、音楽的、文学的なクオリティの低さとして、批判されることは別によい。ただ、政治的な実効力の無さを批判することは的外れだ。

音楽や文学は音楽や文学であり、それを享受する人間の精神の根本を揺さぶるものだ。つまり政治とは一番遠いところにある。
ただ、政治を行うのも政治家ひとりひとりの精神であり、音楽や文学は政治家の精神も揺さぶるので、さういふ意味で言ふ限りにおいては、最も実効性のあるものである。

# by ichiro_ishikawa | 2017-09-02 20:55 | 音楽 | Comments(0)  

ファミレスと俺


ファミレス等で食後に楊枝シーシーしてゐるときつていふのは、誰にも見られたくなく、そつと独りにして置いてほしいもので、気の利いた店員はその様を全く見ないやうにケアするのだが、てめえでものを考へられないマニュアル店員はチラと見てきたりする。
さうするつてえと、楊枝シーシーの間抜けヅラで目が合つてしまつたりして、とても恥ずかしい。

さらにはシーシーの最中に「お済みの皿お下げします」と話しかけてくる信じられない輩もゐて、世も末だ。トイレでの排泄中にズカズカ入つてきてトイレットペーパーを交換しにくるやうなものだ。人間の機微がわからないではサービス業は務まらぬ、といふごく常識なのだけれど、これは「教育に文学不要論」の弊害でもあるだらう。

# by ichiro_ishikawa | 2017-09-01 09:36 | 日々の泡 | Comments(0)  

パソコンみながら俺と話すんのはやめてくんねえか


会議でよくノートパソコン開いてパタパタやつてゐる奴がゐるが、あれは見苦しい。書記、速記役なら兎も角、2〜3人のミーティングでもさうしてゐる奴が居る。

あれは何をしてるのか?

1. メモ(備忘録、その場で議事録)
2. ネットサーフィン
3. タバコも吸えねえし手持ち無沙汰なので適当にパタパタ
4. 相手の顔、目を見なくて済むやうにパタパタ

ぐらいしか思ひつかないが、いづれにせよ全部ダメだ。
会議は生対面での対話がキモだと思つてゐる。メモでさへダメだ。書記に任せればよい。書記が居なければ記憶せよといふ。メモするなら、その場の雰囲気とか相手の服装とか横顔とかだ。それでもやはり記憶するのが好ましい。結果、事前準備、事後の整理が重要になり、会議自体が濃厚になる。さうすれば会議自体さう何回もする必要がなくなり、結果的に実は効率もよい。

小林秀雄は、取材者に録音はもとより、メモも禁じた。目で話を聞くこと、その時の対話を大切にしたからだ。

俺はこれを真似てゐて他人にも強要してゐる。
「話は目で聞け」とは小6の担任の言。

最近、同じ嘆きをもつ曲がリリースされた。
「パワハラだ…」と問題の長渕剛の新曲。

何で人としっかりものを話せねえんだ?
何であいつの気持ちをわかってやれねえんだ?
だったらこの先 人と人との間で仕事できねえじゃん!
おい、聞いてんのか?
ってか、とりあえず一辺そのパソコン閉じろや‼︎
おいっ‼︎
だからそのパソコンみながら俺と話すんのはやめてくんねえか
え…?「僕、人間関係ダメなんです…」つて?
お前な‼︎ だったら何で女房とは肉体関係でガキ何人もつくんだよ
このやろう
バカかお前
ああ…嘆きのコーヒーサイフォン
(「嘆きのコーヒーサイフォン」より)


# by ichiro_ishikawa | 2017-08-29 16:44 | 日々の泡 | Comments(0)  

長渕と俺 年表整理


長渕の年齢、年代ごとに区切つたアルバム一覧。( )は俺。アルバム一覧とはいへ、1986年ごろまでは音楽を聴く、といへばテレビのスピーカーにカセットデッキを近づけての録音でのカセットテープか、奮発してのシングル盤。アルバムといふと、バーでボトルを入れる、のやうなグレード感があり、到底手は出なかつた。初めて買つた長渕は1986年、ドラマ「親子ゲーム」主題歌のシングル「SUPER STAR」。


20代前半 フォーク期
22歳 1979年3月5日 風は南から(7 小1)
23歳 1979年11月5日 逆流(8 小2)
23歳 1980年9月5日 乾杯(9 小3)

20代後半 ポップ〜ロック期
25歳 1981年10月1日 Bye Bye(10 小4)
25歳 1982年9月1日 時代は僕らに雨を降らしてる(11 小5)
26歳 1983年6月21日 HEAVY GAUGE(12 小6)
27歳 1984年8月18日 HOLD YOUR LAST CHANCE(13 中1)
28歳 1985年8月22日 HUNGRY(14 中2)
※以上は実際は15〜20歳の間に遡つての鑑賞

30代前半 完成・神がかり期
30歳 1986年10月22日 STAY DREAM(15 中3)
30歳 1987年8月5日 LICENSE(16 高1)
31歳 1988年3月5日 NEVER CHANGE(16 高1)
32歳 1989年3月25日 昭和(17 高2)
33歳 1990年8月25日 JEEP(19 浪人)
35歳 1991年12月14日 JAPAN(20 大1)

30代後半 裏切り・大麻・インド期
37歳 1993年11月1日 Captain of the Ship(22 大3)
※リアルタイムで追つてゐたのはここまで。
以下は最近Apple Musicにてほぼ初鑑賞

39歳 1996年1月1日 家族(24 大5)

40代 頂点の次の模索〜肉体改造期
40歳 1997年9月3日 ふざけんじゃねぇ(26)
42歳 1998年10月14日 SAMURAI(27)
44歳 2001年6月27日 (30)
46歳 2003年5月14日 Keep On Fighting(32)
48歳 2004年11月20日 長渕剛 ALL NIGHT LIVE IN 桜島(33)

50代 社会貢献期
50歳 2007年5月16日 Come on Stand up!(36)
52歳 2009年8月12日 FRIENDS(38)
54歳 2010年11月10日 TRY AGAIN(39)
55歳 2012年5月16日 Stay Alive(41)

60代 還暦
60歳 2017年8月16日 BLACK TRAIN(46)

# by ichiro_ishikawa | 2017-08-26 23:07 | 音楽 | Comments(0)  

ジョン・アバークロンビー死す。



c0005419_11471646.jpg


John Abercrombie
1944年12月16日 - 2017年8月22日

2000年6月30日、カナダ、モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルで観て以来、追いかけてきたのだが、それがジャズギターへの遅い目覚めでもあつた。

c0005419_13505411.jpg

JOHN ABERCROMBIE GATEWAY
MONTREAL JAZZ FESTIVAL 2000


Apple Music
はじめてのジョン・アバークロンビー



# by ichiro_ishikawa | 2017-08-25 11:44 | Comments(0)