オリコン1984-86

1984
1
位 もしも明日が / わらべ
2
位 ワインレッドの心 / 安全地帯


3Rock'nRouge / 松田聖子


4位 涙のリクエスト / チェッカーズ
5位 哀しくてジェラシー / チェッカーズ
6
位 十戒(1984 / 中森明菜


7位 娘よ / 芦屋雁之助
8
位 星屑のステージ / チェッカーズ
9
位 北ウイング / 中森明菜


10位 サザンウィンド / 中森明菜


11位 星空のディスタンス / アルフィー
12位 雨音はショパンの調べ / 小林麻美
13位 メインテーマ / 薬師丸ひろ子


14位 長良川艶歌/おはん / 五木ひろし
15位 時間の国のアリス / 松田聖子


16位 ふたりの愛ランド/渚の誓い / 石川優子とチャゲ


17
位 ピンクのモーツァルト / 松田聖子


18
位 ラヴイズオーヴァー / 欧陽菲菲


19
位 悲しみがとまらない / 杏里


20
位 ギザギザハートの子守唄 / チェッカーズ



1985

1
位 ジュリアに傷心 / チェッカーズ
2
位 ミアモーレ / 中森明菜


3
位 恋におちて / 小林明子


4
Romanticが止まらない / C-C-B


5
位 あの娘とスキャンダル / チェッカーズ


6
位 飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜


7
SAND BEIGE/ 中森明菜
8
位 俺たちのロカビリーナイト / チェッカーズ
9
位 悲しみにさよなら / 安全地帯


10
位 天使のウィンク / 松田聖子


11
位 卒業 / 菊池桃子
12
位 あなたをもっと知りたくて / 薬師丸ひろ子


13
位 翼の折れたエンジェル / 中村あゆみ
14
位 スターダストメモリー / 小泉今日子


15
位 ふたりの夏物語 / 杉山清貴&オメガトライブ


16
位 今だから / 松任谷由実小田和正財津和夫
17
位 バイバイマイラブ / サザンオールスターズ
18
位 ふられ気分でROCK'N'ROLL/ トムキャット


19
位 ボーイの季節 / 松田聖子
20位 赤い鳥逃げた(12インチ) / 中森明菜



1986

1
CHA-CHA-CHA/ 石井明美


2
DESIRE/ 中森明菜
3
位 仮面舞踏会 / 少年隊
4
BanBAN Ban / KUWATA BAND
c0005419_18464121.jpg












5MyRevolution / 渡辺美里
6
位 恋におちて / 小林明子


7
位 ジプシークイーン / 中森明菜
8
位 スキップビート /KUWATA BAND
c0005419_18443114.jpg












9OH!!POPSTAR/ チェッカーズ
10
位 青いスタスィオン / 河合その子
11
Songfor U.S.A. / チェッカーズ
12
位 ダンシングヒーロー / 荻野目洋子


13
位 冬のオペラグラス / 新田恵利


14
位 バレンタインキッス / 国生さゆり


15
MERRYX'MAS IN SUMMER / Kuwata Band


16
位 シーズンインサン / チューブ


17
位 バナナの涙 / うしろゆびさされ組


18
位 君は1000 / 1986 OMEGA TRIBE


19
位 悲しみよこんにちは / 斉藤由貴


20位 熱き心に / 小林旭


# by ichiro_ishikawa | 2016-10-10 21:17 | 音楽 | Comments(0)  

オリコン1980-1983

1980
1
位 ダンシングオールナイト / もんた&ブラザーズ

2
位 異邦人 / 久保田早紀


3位 大都会 / クリスタルキング


4位 ランナウェイ / シャネルズ


5位 順子 / 長渕剛


6位 贈る言葉 / 海援隊
7位 おまえとふたり / 五木ひろし
8
位 別れても好きな人 / ロスインディオス&シルビア
9
位 さよなら / オフコース


10位 哀愁でいと / 田原俊彦
11
Sachiko/ ばんばひろふみ
12
位 昴 / 谷村新司
13
位 とまり木 / 小林幸子
14
位 風は秋色/Eighteen/ 松田聖子
15
位 青い珊瑚礁 / 松田聖子


16位 蜃気楼 / クリスタルキング
17
位 おやじの海 / 村木賢吉
18
位 防人の詩 / さだまさし
19
位 パープルタウン / 八神純子


20位 秋止符 / アリス


1981

1
位 ルビーの指環 / 寺尾聰


2位 奥飛騨慕情 / 竜鉄也
3
位 スニーカーぶる~す / 近藤真彦
4位 ハイスクールララバイ / イモ欽トリオ
5位 長い夜 / 松山千春


6位 大阪しぐれ / 都はるみ
7
位 街角トワイライト / シャネルズ


8位 恋人よ / 五輪真弓


9位 チェリーブラッサム / 松田聖子


10位 守ってあげたい / 松任谷由実


11位 ブルージーンズメモリー / 近藤真彦
12位 恋=DO / 田原俊彦
13
位 愛はかげろう / 雅夢


14位 夏の扉 / 松田聖子


15位 ツッパリ HighSchool Rock'n Roll(登校編) /T.C.R.横浜銀蝿R.S.


16位 みちのくひとり旅 / 山本譲二


17位 帰ってこいよ / 松村和子
18位 メモリーグラス / 堀江淳


19位 シャドーシティ / 寺尾聰


20位 ヨコハマチーク / 近藤真彦



1982

1
位 待つわ / あみん


2位 セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子


3位 聖母たちのララバイ / 岩崎宏美


4位 心の色 / 中村雅俊
5
位 北酒場 / 細川たかし
6
位 悪女 / 中島みゆき
c0005419_21281833.jpg






















7位 ハイティーンブギ / 近藤真彦


8位 チャコの海岸物語 / サザンオールスターズ
9位 情熱熱風せれなーで / 近藤真彦
10位 ふられてBANZAI/ 近藤真彦
11位 渚のバルコニー / 松田聖子


12位 赤いスイートピー / 松田聖子


13位 ウエディングベル / シュガー


14位 哀愁のカサブランカ / 郷ひろみ
15
位 小麦色のマーメイド / 松田聖子


16位 ジェームスディーンのように /Johnny
17
位 誘惑 / 中島みゆき
18
位 シルエットロマンス / 大橋純子
19
位 色つきの女でいてくれよ / タイガース


20位 いいルージュマジック / 忌野清志郎+坂本龍一




1983

1
位 さざんかの宿 / 大川栄策
2
位 矢切の渡し / 細川たかし
3
位 めだかの兄妹 / わらべ
4
位 探偵物語/すこしだけやさしく / 薬師丸ひろ子



5位 氷雨 / 佳山明生
6
位 キャッツアイ / 杏里


7位 ガラスの林檎/SWEETMEMORIES / 松田聖子


8位 セカンドラブ / 中森明菜


9位 フラッシュダンス / アイリーンキャラ


10位 め組のひと / ラッツ&スター


11位 時をかける少女 / 原田知世


123年目の浮気 / ヒロシ&キーボー
13
1/2の神話 / 中森明菜


14位 初恋 / 村下孝蔵
15
位 氷雨 / 日野美歌
16
位 天国のキッス / 松田聖子


17位 禁区 / 中森明菜


18位 浪花恋しぐれ / 都はるみ岡千秋
19
位 トワイライト / 中森明菜


20位 想い出がいっぱい / H2O

# by ichiro_ishikawa | 2016-10-10 21:10 | 音楽 | Comments(0)  

女性の名前名曲ベスト5

Alison Elvis Costello


Alison 氷室京介


Veronica Elvis Costello



gloria U2



わがままジュリエット BOØWY


モニカ 吉川晃司


順子 長渕剛


Angie The Rolling Stones


恋するカレン 大滝詠一


マリアンヌ ジャッキー・チェン

こっちをお向よソフィア 山下久美子





# by ichiro_ishikawa | 2016-10-10 21:02 | 音楽 | Comments(0)  

サミュエル・ホイ名曲ベスト5



鬼馬雙星



「Mr.Boo!ギャンブル大将」主題歌
(原題:鬼馬雙星、英題:Games Gamblers Play、1974年、日本公開1979年12月15日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

武術指導:サモ・ハン・キンポー(洪金寶)(朱元龍名義)

TV初放送1982年5月1日、フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』



雙星情歌

「Mr.Boo!ギャンブル大将」挿入歌
c0005419_01543734.jpg




天才與白痴

「Mr.Boo!天才とおバカ」主題歌
(原題:天才與白痴、1975年、日本未公開、2013DVD)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)



銭銭銭

「Mr.Boo!天才とおバカ」挿入歌




半斤八两


「Mr.Boo!」主題歌
(原題:半斤八两、英題:The Private Eyes、1976年、日本公開1979年2月3日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

応援監督:ジョン・ウー(呉字森)

武術指導:サモ・ハン・キンポー(洪金寶)

TV初放送1981年5月2日、フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」



浪子心聲

「Mr.Boo!」挿入歌

c0005419_01532773.jpg




賣身契

「Mr.Boo!インベーダー作戦」主題歌
(原題:賣身契、英題:THE CONTRACT、1978年、日本公開1979年5月26日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

TV初放送1982年1月1日(金)、フジテレビ「新春特別ロードショー」



杯酒當歌

「Mr.Boo!インベーダー作戦」挿入歌


太空舞

「Mr.Boo!インベーダー作戦」挿入曲

c0005419_01523330.jpg




摩登保鏢


「新Mr.Boo!アヒルの警備保障」主題歌
(原題:摩登保鏢、英題:Security Unlimited、1981年、日本公開1982年1月30日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

TV初放送1984年4月30日、フジテレビゴールデン洋画劇場」



印象
「新Mr.Boo!アヒルの警備保障」挿入歌

c0005419_01512292.jpg



最佳拍檔

「悪漢探偵」主題歌
(原題:最佳拍檔、英題: Aces Go Places、1982年、日本公開1983年1月29日)
製作:シネマ・シティ(新藝城電影公司)

監督:エリック・ツァン

製作:カール・マッカ、ディーン・セキ

製作総指揮:ポール・レイ

本:レイモンド・ウォン

TV初放送:1985年5月4日、フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」


c0005419_01514423.jpg




おまけ
Time of the Season
1971 cover of Zombies




日本娃娃
1985 
Thanks Thanks Thanks Thanks Monica



# by ichiro_ishikawa | 2016-10-06 01:46 | 音楽 | Comments(0)  

玉置浩二(安全地帯)



ワインレッドの心(1983)




恋の予感(1984)




悲しみにさよなら(1985)




碧い瞳のエリス(1985)




プルシアンブルーの肖像 (1986)





じれったい(1987)with アマゾンズ




「キ・ツ・イ」(1988) with アマゾンズ



「いっそセレナーデ」(from「キツイやつら」1988)




「夏の終わりのハーモニー」with 井上陽水、タモリ




「飾りじゃないのよ涙は」with 井上陽水、中森明菜



# by ichiro_ishikawa | 2016-09-24 17:43 | 音楽 | Comments(0)  

ジャンプの全盛期(決定稿)

主観を排して客観的事実を記すと、ジャンプの全盛期は1980〜1984年で、85,86は惰性、1987年で終わるわけだが、1980〜1984年とはDr.スランプの第1話〜最終話の掲載年にあたることが発覚、つまりジャンプとはDr.スランプであり、鳥山明である。以上。

# by ichiro_ishikawa | 2016-09-12 20:47 | 日々の泡 | Comments(0)  

コステロ来日公演2016 Detour

エルヴィス・コステロの伝記を覚束ない語学力で、
すこーしずつ読み進めていた中、来日公演Detour、鑑賞。

人見記念講堂という会場が怪しいと思つてゐたが、
なんと、バンドなしアクースティック公演だつた。
渋すぎる。

コステロの魅力はなんと言つても声なので、
音響もわりとよく、声のものすげさを堪能できたことは収穫だつたが、
やはりドラム、ベース、キーボードにコステロ自身のジャズマスター・ギターといふ、
ジ・アトラクション的編成でこそ、
その名曲群はより輝くといふ事が逆に確認された。

かつ、ものすげえディレイをかけたジャズばりの歌唱法と、ディランほどでないにしろ崩しまくりのメロディが楽しめない場面もあつた。特に美メロ名曲「everyday I write the book」のほとんど別曲に仕立てたアレンジはいただけなかつた。500はある名曲レパートリーの中から折角演つてくれただけに悔やまれた。

とはいえ最大の難点は、今回のメインの見所でもあつたらしい、コステロが自らのヒストリーを語りながら、楽曲もその関連で放たれるといふ、そのMCが、ほとんど意味を掴み取れなかつたことだ。外人客が要所要所で「ha! ha!」と笑つてたところなど全滅。てめえの英語リスニング力のなさは否まないが、コステロ独特の早口と、おそらく秀逸なウィットのまぶされた語彙が難しいのだ。これはモリシーとかマイケル・スタイプの難しさと同種だ。

余談だが、イギリス人(アメリカ人も)はどこの国に行っても自国語の英語で普通に話す。
日本人はどこの国に行ってもその国の言語を話そうとするはず。郷に入りてはの精神だ。
戦勝国と敗戦国の違いか? まだ引き摺つてるんだな。

アンコールの最終曲は、「 (What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding」。



大量にある名曲の殆どが自作だのに、一番の代表曲がニック・ロウの曲であるといふのは面白い現象だ。


# by ichiro_ishikawa | 2016-09-09 15:07 | 音楽 | Comments(0)  

俺の運

人間には2種類しかない。
運のいい奴と悪い奴だ。

俺は紛れもなく後者なのだが、
思ひ起こすと、第1回フジロックに象徴されるやうに、野外イベントに行けばほぼ雨が降り、たまに意を決して休日に出掛けるとやはり雨で、日常においても通勤時の家〜駅間、駅〜会社間のみ雨が降ってくるといふ雨男の最高峰に位置し、一方、コンビニで傘を買ふと大抵晴れてくる晴れ男でもあるという分裂症を患つてゐる。
曲がり角に差し掛かると90%以上の確率で対向車がやってくる。外でトイレに駆け込むとほぼ先客あり、もしくは紙がない。
有名なところでは、ドタマと腹が常時薄ら痛く、iPhonは1分に1%減るヴァージョンをつかまされている。

とはいへ「一個人の運総量一定の法則」といふ普遍的事実に照らし合はせるに、
生来45年の現時点での幸運(+)・不運(-)をカウントすると、マイナス5万である(たとへばコンビニで傘を買ふと晴れてくる、といふのは0カウント)。

といふことは、この先あと40年でどんだけの幸運に見舞われるんだつていふ。楽しみだ。

しかし死の直前に5億円が転がり込んだ場合、これはどうカウントされるのか。転がり込んだこと自体はプラス5万でこれまでの分と相殺されるが、それを使ふことができないという事態はマイナス3万だらう。それでは差し引きトータルマイナス3万だ。
だとすると違う幸運が舞い込むといふことになる。大いに楽しみだ。




# by ichiro_ishikawa | 2016-09-08 19:00 | 日々の泡 | Comments(0)  

自意識と俺


オフィスの喫煙所や喫茶店にて、俺がずつとケータイをいぢつてゐるからといつて、サボつてる、遊んでる、ふざけてる、などと思はれては困る。それらが事実だとしたら、懲罰が下つても弁解できぬほど長時間いぢつてゐるからだ。

以前も書いた通り、ゴトシで必要な資料や電子書籍、ゲラなどを読んだり、メールや原稿を書いたりしてゐるのであつた。俺は煙草を喫みながらでないと事務処理ができないのだ。

え? 誰も気にしてない?

故父は、人目を異様に気にする超自意識過剰な中学生の俺に言つた。
「お前のことなんて誰も見てねえが?」
1984年の夏の事であつた。


# by ichiro_ishikawa | 2016-08-10 10:52 | 日々の泡 | Comments(0)  

小林秀雄「戦争と平和」より抜粋


 空は美しく晴れ、眼の下には広々と海が輝いていた。漁船が行く、藍色の海の面に白い水脈を曵いて。さうだ、漁船の代りに魚雷が走れば、あれは雷跡だ、といふ事になるのだ。海水は同じ様に運動し、同じ様に美しく見えるであらう。さういふふとした思ひ付きが、まるで藍色の僕の頭に眞つ白な水脈を曵く様に鮮やかに浮かんだ。真珠湾に輝いていたのもあの同じ太陽なのだし、あの同じ冷たい青い塩辛い水が、魚雷の命中により、嘗て物理学者が子細に観察したそのままの波紋を作つて拡がつたのだ。そしふさういふ光景は、爆撃機上の勇士達の眼にも美しいと映らなかつた筈はあるまい。いや、雑念邪念を拭い去つた彼等の心には、あるが儘の光や海の姿は、沁み付く様に美しく映つたに違ひない。彼等は生涯それを忘れる事が出来まい。そんな風に想像する事が、何故だか僕には楽しかつた。太陽は輝き、海は青い、いつもさうだ、戰の時も平和の時も、さう念ずる様に思ひ、それが強く思索している事の様に思はれた。
 僕は冩眞を見乍ら考へつづけた。冩眞は、次第に本当の意味を僕に打ち明ける様に見えた。何もかもはつきりしているのではないか。はつきりと当たり前ではないか。戰に關する理論も文學も、戰ふ者の眼を曇らせる事は出来まい。これは、トルストイが、「戰争と平和」を書いた時に彼の剛毅な心が洞察したぎりぎりのものではなかつたか。戰争と平和とは同じものだ、といふ恐ろしい思想ではなかつたか。近代人は、犯罪心理學といふ様なものを思い付いた伝で、戰争心理學といふ様なものを拵へ上げてしまつた。戰は好戰派といふ様な人間が居るから起こるのではない。人生がもともと戰だから起こるのである。

# by ichiro_ishikawa | 2016-07-29 00:07 | 文学 | Comments(0)